レモンを食べ過ぎると体に悪い?胃が荒れる?1日の摂取量目安も紹介!

レモンを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?体に悪いのでしょうか?今回は、〈胃が荒れる・下痢〉 などレモンを食べ過ぎる悪影響の例を、摂取量の目安は一日何個までかとともに紹介します。レモンを適量食べた場合の効能や効果的な食べ方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. レモンを食べ過ぎるのはNGなの?
  2. レモンを食べ過ぎるとどうなる?体に悪い?
  3. ①胃が荒れる
  4. ②下痢・腹痛を引き起こす
  5. ③歯が溶けるリスク
  6. ④残留農薬の危険もある
  7. ⑤アレルギー発症の可能性
  8. レモンの食べ過ぎにならない摂取量は?1日何個まで?
  9. レモンの1日の摂取量は1個が目安
  10. レモンは適量であれば体にいい?効果・効能は?
  11. ①クエン酸
  12. ②ビタミンC
  13. ③ヘスペリジン
  14. ④リモネン
  15. レモンのより効果的な食べ方も知っておこう
  16. ①レモン水
  17. ②塩レモン
  18. ③はちみつレモン
  19. レモンの食べ過ぎには気をつけよう

レモンを食べ過ぎるのはNGなの?

ビタミンCが豊富なレモンはお菓子の材料としても人気が高く、そのまんまレモンなどを常備している人も珍しくありません。しかし健康や美容の効果が期待されるレモンであっても、食べ過ぎるのはよくないといわれています。ここではレモンを食べ過ぎると何がよくないのかについて、様々な観点から説明します。

レモンを食べ過ぎるとどうなる?体に悪い?

レモンはそのまま食べても果汁を飲み物や食べ物に入れても美味しいですが、食べ過ぎると体調悪化につながるといわれています。ここではレモンの食べ過ぎがどのような影響を与えるのかについて、詳しく説明します。

①胃が荒れる

レモンを食べ過ぎると胃酸過多となり、以下のような症状が出ることがあるので注意が必要です。

・胸やけがする
・ゲップが出る
・吐き気がする
・喉がひりひりする
・胃液が上がってくる
・胃がもたれる
・胃がムカムカする
・胃痛がある
・口臭がきつくなる


上記の症状が2つ以上ある人は、胃酸過多で胃が荒れていると考えられます。これはレモンに含まれているクエン酸が、胃の粘膜を刺激することによって起こるのです。胃が弱い人がレモンを食べ過ぎると、クエン酸が胃の粘膜を攻撃するリスクが高まります。レモンを食べて胃痛を感じたら、クエン酸が原因で起こる症状と考えられるので減らすようにしましょう。

②下痢・腹痛を引き起こす

レモンを食べ過ぎてビタミンCを過剰摂取すると、下痢や腹痛などの症状があらわれる原因となります。水溶性であるビタミンCは過剰摂取しても、尿と一緒に排出されるのが一般的です。

しかしレモンを大量に食べると体内で分解することができず、ビタミンCの中毒症状を起こすケースもあります。レモンだけでなくビタミンCのサプリメントの過剰摂取でも起こりうるので、十分に注意しましょう。

③歯が溶けるリスク

レモンを食べ過ぎることで酸蝕歯となり、溶けてしまうリスクがあります。人間の歯はpHが5.5以下の食べ物を食べると、酸によって歯のエナメル質が溶け出すことで知られています。レモンのpHは2.1なので、食べ過ぎると歯が溶ける要因となるのです。

また酸蝕歯はじわじわと進行するので、毎日レモンを食べる習慣がある人は注意が必要です。レモンを食べた後は必ずうがいすることを習慣づけると、酸蝕歯になりにくくなります。

④残留農薬の危険もある

特に外国産のレモンの場合、残留農薬の危険があるので注意が必要です。外国産のレモンは栽培の際に農薬を使うだけでなく、移送中にカビが生えるのを防ぐ目的で皮にワックスを塗っていることが珍しくありません。こうした薬剤は水洗いするだけでは落ちないので、大量に摂取すると体に悪影響を及ぼします。

生食する、あるいは皮ごと料理に使う際には国産のレモンを選ぶ方が安心です。残留農薬を避けたいなら、国産レモンの中でも無農薬のものを選びましょう。

⑤アレルギー発症の可能性

レモンが原因でアレルギーを発症する可能性がゼロではないので、注意が必要です。カモガヤ花粉症を持っている人が、レモンによってアレルギー症状を起こしたケースが報告されています。またレモンに含まれるクエン酸が感受性となり、アレルギー症状を起こすこともあるようです。クエン酸はアレルゲンではないものの、気をつけるにこしたことはありません。

またレモンを食べ過ぎてビタミンCを過剰摂取すると、体内でシュウ酸や尿酸が増えてしまいます。それが原因となって腎臓結石になるケースも報告されているので、適量で抑えることが大事です。

レモンの食べ過ぎにならない摂取量は?1日何個まで?

レモンを食べ過ぎると体によくない症状が起こると知ると、適量がどの程度なのかが気になるでしょう。1日何個まで食べられるのかを覚えておくと、ビタミンCやクエン酸の過剰摂取も避けられそうです。ここでは、レモンの適性な摂取量について説明します。

レモンの1日の摂取量は1個が目安

レモンの栄養成分を効果的に摂取したいなら、1日に1個程度にするのがおすすめです。レモンをそのまま食べるのではなく、果汁を使用する場合は1日40~50mlが適量となります。これはレモンやその果汁だけでビタミンCやクエン酸を摂取する場合の適量なので、サプリメントを飲んでいる人はもっと減らす必要があるので注意しましょう。

レモンは適量であれば体にいい?効果・効能は?

レモンには、主に以下の栄養成分が含まれています。

・クエン酸
・ビタミンC
・ヘスペリジン
・リモネン


これらの栄養成分によって得られる、健康や美容の効果は様々です。レモンに含まれている栄養成分の効果を知ると、上手に取り入れたくなるかもしれません。ここではレモンを適量摂取することで得られる、栄養成分ごとの効果について説明します。

①クエン酸

酸味のもとであるクエン酸を摂取すると体内で糖を代謝してエネルギーに変えるほか、ミネラルの吸収をサポートしてくれます。それが疲労回復効果につながるのです。またクエン酸がエネルギー産生を促して基礎代謝が上がることは、ダイエットやアンチエイジングにも効果的です。

②ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用の高さで知られるビタミンで、免疫力の向上に役立つ栄養成分です。激しい運動や過剰なストレス、大量の飲酒などでたまった活性酸素をビタミンCが除去してくれます。またビタミンCはしみやそばかすを予防する働きもあるので、美肌効果も期待できるのです。

③ヘスペリジン

レモンをはじめとする柑橘類の皮や筋に多く含まれているヘスペリジンは、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの1つです。ヘスペリジンには追う際血管を修復したり強化したりする働きがあり、血流促進効果が期待できるのです。その結果として冷え性を改善するほか、生活習慣の予防効果もあることで知られています。

④リモネン

レモンやオレンジなどに含まれているリモネンには免疫力の向上をはじめ、リラックスや安眠を促す効果があります。またリモネンには基礎代謝の向上やコレステロールを減らす働きもあるので、ダイエット効果も期待できるのです。さらにリモネンには脱毛の原因となる物質を減らす働きもあるので、抜け毛予防効果も期待できます。

(*レモンの栄養素と効能について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

レモンの栄養素と効能は?皮ごとが効果的?食べ過ぎに注意すべき理由も紹介!

レモンのより効果的な食べ方も知っておこう

レモンの栄養成分を余すことなく摂取したいなら、ビタミンやミネラルが豊富な皮ごと食べるのがおすすめです。また以下のような食べ合わせにすると、レモンの栄養効果をより高めることができます。

・レモンと水
・レモンと塩
・レモンとはちみつ


上記の組み合わせを楽しめるレシピを覚えておくと、効率よくレモンの栄養成分が摂取できます。ここではレモンの効果を引き出す組み合わせレシピと、その効能について説明します。

①レモン水

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1640001367/

コップ1杯の水にレモン果汁を1~2滴たらし、レモンの輪切りをのせるレシピです。レモン水を飲むことで基礎代謝が向上し、肝機能の回復をサポートすることでのデトックス効果も期待できます。またレモン水にはビタミンCが豊富なので美肌にもつながり、免疫力向上や便秘の解消によるダイエット効果もあります。

飲みやすい!さっぱりレモン水 レシピ・作り方 by PoohHunnyHunt|楽天レシピ

(*レモン水の効能について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

レモン水の効能は?飲み続けると効果あり?作り方・飲み方のポイントを解説!

②塩レモン

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1230013030/

このレシピではレモン1個に対し15gの塩と砂糖、キャノーラオイルなどを加えて作っています。発酵食品である塩レモンを摂ることで基礎代謝が上がるほか、コレステロール値を下げたり風邪を予防したり疲労回復にも一役買ってくれます。ドレッシングとして、あるいは肉や魚の料理に調味料として使えて便利です。

塩レモンの作り方 レシピ・作り方 by BEBE2936|楽天レシピ

③はちみつレモン

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1030020161/

国産レモン1個をはちみつ100㏄で漬けるレシピです。煮沸消毒した蓋つきのガラス容器に入れ、時々上下をひっくり返しながら冷蔵庫で1週間ほど寝かせて作ります。新陳代謝の促進やアンチエイジング、ダイエット、目の疲労回復など様々な効果が見込めます。

美味しい❣️〜蜂蜜レモンの作り方と保存方法〜 レシピ・作り方 by micchyo|楽天レシピ

レモンの食べ過ぎには気をつけよう

レモンは健康によいイメージがあるものの、食べ過ぎるとビタミンCやクエン酸の過剰摂取につながるため注意が必要です。レモンを食べるときは適量を意識して、健康と美容に役立てましょう。

関連する記事