アカモクとは?栄養成分や効能は?ダイエットに効果的な食べ方も解説!

アカモクとは何か知っていますか?別名ギバサと呼ばれる海藻の一種です。今回は、アカモクの〈栄養・効果&効能〉など特徴をダイエットに効果的な食べ方とともに紹介します。アカモクの食べ過ぎによる副作用やレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. アカモクとは?どんな特徴の海藻?
  2. アカモクの栄養成分や効果・効能は?食物繊維が豊富?
  3. アカモクのダイエットに効果的な食べ方は?
  4. アカモクの美味しい食べ方・レシピも紹介!
  5. アカモクは効果・効能がいっぱいある!

アカモクとは?どんな特徴の海藻?

アカモクは美容や健康に良いことから近年になって注目を浴びている食材ですが、一体どのような特徴を持つ海藻なのでしょうか。ここではアカモクの特徴やその味・食感について紹介します。

アカモクは海藻の一種

アカモクはヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻の一種で、国内では北海道から日本全土の浅海に分布しており、朝鮮半島や中国・ベトナム北部にまで分布しています。地域によっていくつかの別名があり、秋田県ではぎばさ、山形県ではぎんばそう、新潟県ではながもと呼ばれています。

4月~5月に最も成熟して旬を迎え、4~7mもの大きさにまで成長する成長スピードの非常に速い海藻です。東北地方では古くから食卓に並ぶなじみ深い海藻でしたが、近年はその健康や美容への効果がメディアなどでも紹介され、一気に全国にその名前が広まりました。

しかし、実はアカモクは漁場の網や漁船のスクリューに絡んでしまうことから漁師たちの間では邪魔者扱いされており、「邪魔モク」などの不名誉な呼び名もあるそうです。

アカモクの味・食感

アカモクの一番の特徴は強い粘り気で、何も加えなくても納豆やとろろのような粘り気があります。味は他の海藻と比べると癖がなく、あおさなどのような香りも特にありません。噛んでみるとめかぶのようなシャキシャキとした良い歯触りがあり、その粘りと食感の良さが癖になるとの声も多い海藻です。

また、味に癖が無いことから他の食材とも合わせやすく、その食感の良さや粘り気を活かしたさまざまな料理に活用されています。

アカモクの栄養成分や効果・効能は?食物繊維が豊富?

アカモクには、以下のような美容と健康に役立つ栄養素が含まれています。

・鉄
・亜鉛
・銅
・マンガン
・カルシウム
・食物繊維(フコイダン・アルギン酸
・ポリフェノール
・フコキサンチン
・ビタミンK

アカモクは貧血の予防に効果的な鉄を始めとしたミネラルが豊富で、そのほかにも独特な粘りの成分であるフコイダンなどを豊富に含むのが特徴です。ここからは、アカモクの健康や美容への効果・効能について、栄養成分との関係にも触れながら解説します。

①ダイエット効果

アカモクに含まれるフコキサンチンは、赤い色素成分であるカロテノイドの一種で、ワカメやヒジキなどの褐藻類だけに含まれている栄養素です。フコキサンチンには脂肪燃焼細胞を増やす働きがあり、余分な脂肪の燃焼を促すことでダイエット効果を発揮します。

このダイエット効果からアカモクはメディアのダイエット特集などで「痩せる海藻」として取り上げられたこともあり、一気に認知度が高まりました。また、内臓脂肪は皮下脂肪と違ってダイエットをしても落ちにくいですが、フコキサンチンは内臓脂肪の燃焼にも効果的なことが分かっています。

ほかにも、粘り気の成分であるフコイダンも脂肪の蓄積を防ぐ効果や糖質の吸収を緩やかにする効果を持っており、食べ過ぎなどによる肥満防止の効能が期待できます。さらにアカモクは低カロリーであるため、ダイエット中の食事には積極的に取り入れたい海藻と言えるでしょう。

②美肌・アンチエイジング効果

前述したフコキサンチンは、美肌・アンチエイジング効果も期待できる美容成分でもあります。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンは肌の潤いを保っている美容成分ですが、一方で体内にはこれらを分解してしまう酵素があり、その働きによって肌がたるんで老化が進んでいきます。

そこでフコキサンチンを摂取すると、この酵素の働きを阻害する効果を持つため、ハリのある若々しい肌を保つ助けになるのです。さらにアカモクに含まれるフコイダンには肌の血流を良くする効能があるため、肌の代謝スピードを上げて肌の若返りを促すことでも高い美容効果を発揮すると言われています。

③糖尿病など生活習慣病の予防

アカモクに含まれる食物繊維の一種であるアルギン酸は生活習慣病の予防に高い効果を持つ栄養成分で、昆布やワカメなどの海藻類と比較してアカモクに豊富に含まれています。

生活習慣病の一種である高血圧は塩分の過剰摂取が原因の1つですが、アルギン酸は腸内で塩分と結びついて排泄を促すことで体内への塩分の吸収を抑制します。ほかにも糖質やコレステロールの吸収も同様に抑制することから、これらが原因の糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予防に高い効果を発揮するのです。

さらにアカモクに豊富に含まれるポリフェノールも、生活習慣病の予防に大きな効果をもたらす要因の1つです。体が酸化すると血管などが傷つくことで生活習慣病のリスクが高まりますが、ポリフェノールは強い抗酸化作用によって細胞の酸化を抑制し、血管などの若返りに効果を発揮します。

④花粉症など抗アレルギー効果

アカモクに含まれるフコイダンは、花粉症などのアレルギー症状を抑える効果があることも分かっています。アレルギーは免疫機能が過剰に反応することで起きますが、フコイダンには免疫の機能を正常に戻す働きがあり、それによってアレルギー反応を抑制します。

ほか、アカモクに含まれるクロロフィルc2と呼ばれる成分にも花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を和らげる効果があるようです。フコイダンやクロロフィルc2は症状が出る前に摂取しておくとより効果的なので、花粉症に悩んでいる場合は花粉が増え始める前からアカモクを日常的に取り入れてみると良いでしょう。

⑤便通改善効果

アカモクはフコイダンやアルギン酸などの食物繊維を非常に豊富に含んでいるため、便通の改善にも効果を発揮します。アカモクに含まれる食物繊維は水に溶ける性質を持つ水溶性食物繊維で、腸内で水分を吸収してゼリー状になり、便の水分を増やすことによって便通をスムーズにするのが特徴です。

さらに水溶性食物繊維は腸内の善玉菌の餌になり、腸内環境を改善することによっても便通を改善すると言われています。水溶性食物繊維は、特に常に便が硬めで出にくいタイプの便秘の人におすすめの栄養成分なので、当てはまる場合はぜひ取り入れてみてください。

⑥骨を丈夫にする効果

アカモクに含まれるビタミンKは骨を丈夫にする効果を持つ栄養素で、骨の形成を促進することで骨粗しょう症の予防や改善にも効果を発揮します。さらにアカモクには骨の構成成分であるカルシウムもわかめの2倍ほど含まれており、ビタミンKとの相乗効果によって丈夫な骨づくりに役立ちます。

⑦がんの予防

アカモクはがんの予防にも効果が期待できるとされていますが、これはフコイダンの働きによるものです。人間の体内では常にがん細胞が生まれていますが、免疫力が正常であればがん細胞は免疫細胞の作用によって死滅していくため増えることはありません。

しかし、免疫力が低下して免疫細胞ががん細胞の増殖を抑えきれないとがん細胞は増え続けてしまい、いわゆるがんの状態になってしまいます。そこでフコイダンを摂取すると、フコイダンが乱れた免疫機能を正常化させるため、がん細胞の増殖を防ぐことができるのです。

人間の免疫機能は疲れやストレスによっても低下するので、そのような時にはがん予防のためにもアカモクを食べておくと良いでしょう。

アカモクのダイエットに効果的な食べ方は?

前述した通り、アカモクはダイエット効果が期待できる食材ですが、効果的な食べ方を知っておくとより効果が高まります。そこでここではダイエット中におすすめのアカモクの食べ方を紹介します。

①一日30gまでを複数回に分けて食べる

アカモクをダイエットに活用する場合は、一日30gまでを複数回に分けて食べるのがおすすめの食べ方です。一度にたくさんの量を食べてもあまり効果はなく、少しずつの量を継続して食べることで脂肪燃焼効果がより高まるとされています。

特にフコイダンやアルギン酸は食事からの脂質や糖質の吸収を抑える効果を持つので、毎食アカモクを取り入れるとより効果的です。

また、脂肪の燃焼を促す成分であるフコキサンチンは細胞の中に閉じ込められているので、細かく砕くことでより吸収されやすくなります。アカモクを食べる際はあらかじめ包丁で良く刻んでおいたり、よく噛んだりして取り入れると良いでしょう。

②必ず茹でてから食べよう

アカモクは生のままだとヒ素が多いので、必ず以下の手順で茹でてから食べましょう。

①アカモクを水洗いし、ごみや泥などを取り除く
②中心の茎から葉だけを取り除く
③茎からとった葉をすすぎ洗いし、取り残したごみを取り除く
④たっぷりのお湯で色が緑色に変わるまで茹でる
⑤茹でたアカモクをザルに移し、流水で冷やす
⑥水を切り、さらにペーパータオルなどで水気をとる

上記の手順で茹でることで、アカモクに含まれるヒ素の大半は除去されます。一般に流通しているアカモクのほとんどはすでに茹でてある状態なのでそのまま食べても問題ありませんが、生のまま乾燥した状態で販売されているアカモクを食べる際は注意してください。

ただアカモクは食べ過ぎると副作用があるので注意

アカモクは健康に良い食品ですが、食べ過ぎると以下のような副作用によって逆に健康を損なう恐れがあるので注意しましょう。

・下痢
・腹痛
・胃もたれ

前述した通り、アカモクに含まれる食物繊維は健康に良い効果をもたらしますが、一方で食べ過ぎると消化不良による上記のような症状を起こすことがあります。特に元々胃腸が弱い場合は消化不良を起こしやすいので、少量から試してみることをおすすめします。

なお、アカモクの下処理が不適切だった場合は前述したヒ素の中毒による嘔吐・下痢・腹痛・血圧低下などの症状が見られることがあるので注意が必要です。ヒ素中毒が疑われた際は、医療機関を受診して医師の指示を仰ぎましょう。

(*アカモクの副作用について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アカモクは食中毒・下痢の副作用あり?ヒ素が危険?食べ過ぎNGな理由を解説!

アカモクの美味しい食べ方・レシピも紹介!

ここまでアカモクの健康や美容への効果などを紹介しましたが、アカモクはどのようにして食べると美味しいのでしょうか。ここではアカモクの美味しい食べ方・レシピを紹介するので、アカモクを手に入れた際は参考にしながら作ってみてください。

(*アカモクの美味しい食べ方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

アカモクの美味しい食べ方は?人気レシピ11選や下処理の仕方も紹介!

①アカモクと納豆の和え物

出典:https://cookpad.com/recipe/1759650

粘り気の強い食材であるアカモクと納豆を組み合わせた、美容と健康に良い副菜です。納豆も便秘解消や美肌に効果を発揮する食材なので、アカモクとの相乗効果も期待できるでしょう。

アカモクと納豆のネバネバ合え by ひぃくるママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが362万品

②アカモクの佃煮

出典:https://cookpad.com/recipe/1775692

フコイダンが豊富なアカモクは、佃煮にすると粘り気の強いご飯によく合う一品に仕上がります。こちらは乾燥させたアカモクを湯通しして使っていますが、すでに湯通ししてある状態のアカモクの場合はみじん切りにする工程からで構いません。

アカモクの佃煮♪ by ひぃくるママ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが362万品

③アカモクとモロヘイヤのスープ

出典:https://cookpad.com/recipe/6409419

粘り気の強い野菜であるモロヘイヤとアカモクを組み合わせたスープは、夏バテ気味の時にもぴったりの一品です。モロヘイヤにはビタミンや食物繊維が豊富に含まれており、アカモクと組み合わせることで美容や健康により高い効果が期待できます。

簡単モロヘイヤとアカモクのネバネバスープ by ぽーみゅー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが362万品

アカモクは効果・効能がいっぱいある!

アカモクは食物繊維の一種であるフコイダンや、色素成分のフコキサンチンを始めとした美容や健康に役立つ成分を豊富に含む海藻だと分かりました。ただし、食物繊維が豊富な分、食べ過ぎてしまうと逆に健康を害してしまう恐れがあります。少量ずつを毎日続けることが美容や健康維持には有効なので、ぜひ毎日の食事にアカモクのおかずを取り入れてみてください。

関連する記事