レモンバームの効能・効果は?使い方や副作用の注意点など紹介!

【管理栄養士監修】レモンバームの効果・効能を知っていますか?レモンバームは、さまざまな効果や効能を持つハーブの一種です。今回は、レモンバームの効果・効能や摂りすぎによる副作用を紹介します。レモンバームの使い方や使う際の注意点、レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. レモンバームとは?
  2. レモンバームの効果・効能は?
  3. ①抗菌作用
  4. ②消化の促進効果
  5. ③整腸作用
  6. ④抗うつ作用
  7. ⑤リラックス作用
  8. レモンバームの摂りすぎによる副作用・注意点は?
  9. レモンバームの副作用の例
  10. レモンバームの使い方は?
  11. ①ハーブティーにする
  12. ②料理の飾り・香りづけに使う
  13. ③肉・魚の臭み取りに使う
  14. ④入浴剤として使う
  15. レモンバームの使う際の注意点は?
  16. レモンハーブを煮る・炒めるなどで加熱しすぎない
  17. レモンバームを使ったレシピ
  18. ①レモンハーブティー
  19. ②レモンバームのパウンドケーキ
  20. ③鮭のムニエル
  21. ④レモンバームシロップ
  22. レモンバームをうまく使おう

レモンバームとは?

レモンバームは、レモンに似た爽やかな香りがすることで知られているハーブの一種です。レモンバームの花にはミスバチがたくさん集まることから、別名メリッサともいわれています。日陰でも栽培することができ初心者でも育てやすいハーブです。

竹本友里恵

管理栄養士

レモンバームはシソ科コウスイハッカ属のハーブで、ミントの一種です。バーム(balm)は芳香の事で、名前の通りレモンに似た香りがしますが、レモンとの関係はありません。この香りは、レモンと共通するシトラールという香気成分で、抗菌・抗臭作用やリラックス効果があります。レモンのような甘さやフレッシュさがあり、風味に関しては、レモンとは関係ないので、酸味はなくまろやかな口当たりで、クセも少ないので料理やデザートに使う事ができます。見た目はミントに似ていて、比較的栽培しやすいハーブなので、家庭菜園などに手軽にチャレンジできる植物です。

(*レモンバームについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

レモンバームはどんなハーブ?効果・効能は?使い方や活用レシピも紹介!

レモンバームの効果・効能は?

レモンバームには、私たちの生活に役立つ様々な効果・効能があるとされています。ここでは、レモンバームにどのような効果・効能があるのか一つずつ紹介していきます。

①抗菌作用

レモンバームには抗菌効果や殺菌作用・抗ウィルス作用があると言われており、食中毒の防止や風邪予防にも効果的です。また、すり潰した生のレモンバームは虫刺されや、口唇ヘルペスにも有効とされています。

②消化の促進効果

レモンバームには消化を促進させる効果があるので、食べ過ぎなどで胃や腸の不快感を感じた時には、食後にレモンバームティーを飲むのが効果的です。また、腸内のガスだまりによるお腹の張りを解消する効果も期待できます。

③整腸作用

レモンバームには整腸作用があると言われており、便秘や下痢などでお腹の調子が優れない時に効果を発揮します。また、腸内環境を整うことで痩せやすくなるので、ダイエット中にも積極的にレモンバームを活用しましょう。

④抗うつ作用

レモンバームは、気分が落ち込んだりやる気がなくなったりする抑うつの症状を和らげ、気分を高揚させてくれます。また、眠気を誘う効果もあるため、不安で眠れない時などには寝る前にレモンバームティーを飲むと良いでしょう。

特に温かいレモンバームティーは、良い香りを感じることができ、体を温めることで気分が落ち着きやすくなるのでおすすめです。

⑤リラックス作用

レモンバームにはリラックス効果があり、そのさわやかな香りがイライラや不安な気持ちを緩和させてくれます。ストレスなどで乱れがちな自律神経のバランスを整えることにも役立つので、香りをかぐことで心身ともに調子を整えることができるでしょう。

レモンバームの摂りすぎによる副作用・注意点は?

関連する記事