黒糖はそのまま食べるのが効果的な食べ方?おやつ代わりにおすすめ?

黒糖(黒砂糖)をそのまま食べる食べ方は大丈夫なのでしょうか?今回は、黒糖をそのまま食べることで期待できる効果・効能や、その他の美味しい食べ方のレシピを紹介します。黒糖を食べるタイミング・適量や、そのままでも美味しいおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 黒糖(黒砂糖)の食べ方は?そのまま食べるのは大丈夫?
  2. 黒糖をそのまま食べるのはおすすめな食べ方
  3. ただし黒糖は1日5粒程度の25gを目安にしよう
  4. 黒糖をそのまま食べることで期待できる効果・効能は?
  5. ①疲労回復効果
  6. ②ダイエット効果
  7. ③美肌効果
  8. ④月経痛・冷え症改善
  9. 黒糖をそのまま食べるタイミングはいつがおすすめ?
  10. 黒糖は空腹時におやつ代わりに食べるのがおすすめ
  11. 黒糖のそのまま食べても美味しいおすすめ商品は?
  12. ①情熱の純黒糖(200g×2袋)(1,602円)
  13. ②宮古島多良間産の純黒糖(200g×10袋セット)(2,926円)
  14. 黒糖のそのまま食べる以外でおすすめの食べ方・レシピも紹介!
  15. ①黒糖と生姜の豆乳ドリンク
  16. ②黒糖入り三角蒸しパン
  17. ③黒糖を使った肉じゃが
  18. 黒糖はそのまま食べる食べ方がおすすめ

黒糖(黒砂糖)の食べ方は?そのまま食べるのは大丈夫?

さとうきびを絞って作られる黒糖は沖縄のお土産として喜ばれ、お菓子などの料理に使うことが多いですが、そのまま食べることはできるのでしょうか。ここでは黒糖のおすすめする食べ方と、健康効果を得られやすい適量について紹介します。

黒糖をそのまま食べるのはおすすめな食べ方

黒糖はそのまま食べると雑味のない砂糖の風味を味わえるため、おすすめできる食べ方です。さらに黒糖に含まれるミネラルなどの栄養素は、料理時の熱や水に溶けて量が減りやすいですが、そのまま食べることでしっかり摂ることができます。

ただし黒糖は1日5粒程度の25gを目安にしよう

黒糖をそのまま食べる場合は、1日5粒ほどの25gを目安にするようにしましょう。砂糖と異なり精製を行わない黒糖はさとうきびのミネラルが豊富で、砂糖よりもカロリーや糖質が抑えられています。しかし、黒糖を食べる量が多いとエネルギーに消費されない糖質は脂肪になり、肥満や生活習慣病を発症して健康を損なう恐れがあるので注意が必要です。

(*黒糖の食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

黒糖のデメリットは?食べ過ぎは体に悪い?メリットと比較し紹介!

黒糖をそのまま食べることで期待できる効果・効能は?

精製を行わない黒糖はさとうきびのミネラルが残るため、健康効果の高い砂糖として注目を浴びています。黒糖をそのまま食べると、どのような健康効果を得られるのでしょうか。

①疲労回復効果

黒糖には脳や肉体の疲労を素早く回復する効果があるのが特徴です。黒糖に多く含まれる糖質は、体内で速やかにブドウ糖に変わって脳や体のエネルギー源になります。糖質の代謝をサポートし、筋肉に蓄積した疲労物質を取り除く効果のあるビタミンB1や、酸素や栄養を細胞に運ぶ働きをするミネラルの鉄分も多く含まれます。

②ダイエット効果

黒糖を食べることで、ダイエット効果が期待できる理由が2つあります。1つはカロリーと糖質を100gの砂糖と比べると、黒糖の方が約40kcal低く、糖質も10gほど抑えられることです。

さらに、フェニルグルコシドという黒糖の黒い色素は糖質の吸収を抑える上に、体内の不要な糖分の排出を促進します。この効果によって血糖値の急上昇を抑え、体内に脂肪を蓄えにくくなるため、高いダイエット効果が期待できます。

③美肌効果

健康面で色々なメリットを持つ他に、美肌効果も期待できる成分が黒糖には含まれています。黒糖に含まれるビタミンB群のビオチンは、皮膚や粘膜の健康を保つため、肌荒れやシミなどの予防に効果的です。

さらに黒糖にはさとうきびの表皮の成分で、天然オリゴ糖のラフィノースが含まれています。ラフィノースの整腸作用とビオチンを合わせ持つ黒糖を食べることで、高い美肌効果が期待できます。

④月経痛・冷え症改善

月経痛や冷え症は女性に多く見られる症状ですが、黒糖はこれらの症状の改善が期待できる食品です。黒糖は精製されず多くのビタミン、ミネラルが残るため体温を調節したり、代謝を促し血行促進に役立ちます。漢方の観点からも黒糖は、月経痛や冷え性の改善に有効な薬として考えられています。

黒糖をそのまま食べるタイミングはいつがおすすめ?

関連する記事

×