黒糖はそのまま食べるのが効果的な食べ方?おやつ代わりにおすすめ?

黒糖(黒砂糖)をそのまま食べる食べ方は大丈夫なのでしょうか?今回は、黒糖をそのまま食べることで期待できる効果・効能や、その他の美味しい食べ方のレシピを紹介します。黒糖を食べるタイミング・適量や、そのままでも美味しいおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 黒糖(黒砂糖)の食べ方は?そのまま食べるのは大丈夫?
  2. 黒糖をそのまま食べるのはおすすめな食べ方
  3. ただし黒糖は1日5粒程度の25gを目安にしよう
  4. 黒糖をそのまま食べることで期待できる効果・効能は?
  5. ①疲労回復効果
  6. ②ダイエット効果
  7. ③美肌効果
  8. ④月経痛・冷え症改善
  9. 黒糖をそのまま食べるタイミングはいつがおすすめ?
  10. 黒糖は空腹時におやつ代わりに食べるのがおすすめ
  11. 黒糖のそのまま食べても美味しいおすすめ商品は?
  12. ①情熱の純黒糖(200g×2袋)(1,602円)
  13. ②宮古島多良間産の純黒糖(200g×10袋セット)(2,926円)
  14. 黒糖のそのまま食べる以外でおすすめの食べ方・レシピも紹介!
  15. ①黒糖と生姜の豆乳ドリンク
  16. ②黒糖入り三角蒸しパン
  17. ③黒糖を使った肉じゃが
  18. 黒糖はそのまま食べる食べ方がおすすめ

そのまま食べると様々な健康のメリットを得られる黒糖ですが、健康効果を得やすいタイミングはあるのでしょうか。また、食べ方に関してもおすすめの方法を紹介するので参考にしてください。

黒糖は空腹時におやつ代わりに食べるのがおすすめ

空腹時のおやつ代わりに、黒糖を食べることをおすすめします。黒糖を食べると体内でブドウ糖に素早く変わり、空腹でブドウ糖がエネルギーとして効率良く消費され、脂肪に溜まりにくいためです。砂糖と比べて血糖値上昇が緩やかな黒糖ですが、一度に多く食べると血糖値を高める恐れがあるので、1日の目安量25gを数回に分けて食べるようにしましょう。

黒糖のそのまま食べても美味しいおすすめ商品は?

市販の黒糖をそのまま食べると添加物のクセの強い風味を感じたり、さとうきび100%の黒糖が売っていなかったりすることが少なくありません。そこで今回は、自然の風味でそのまま食べられる黒糖のおすすめ商品を2つ紹介します。

①情熱の純黒糖(200g×2袋)(1,602円)


*購入サイト|楽天市場*
黒糖 200g×2袋 情熱の純黒糖 沖縄産黒砂糖 さとうきび100%

沖縄産のさとうきびのみを原料に使い、さとうきびの絞り汁で作られた純粋な風味を感じられる黒糖です。200g入り2袋で料理にも使いやすいので、さとうきびの本場である沖縄産の黒糖を食べてみたい人におすすめします。

②宮古島多良間産の純黒糖(200g×10袋セット)(2,926円)


*購入サイト|楽天市場*
宮古島多良間産の純黒糖(200g×10袋セット)

沖縄県産のさとうきびのみで作られている無添加の黒糖です。200gの黒糖が10袋セットになっているので、黒糖を食べ続けたい人におすすめできます。1粒あたり約8gで計算しやすく、毎日そのまま食べるときは1日3粒ほどで、気軽に続けやすい所もポイントです。

黒糖のそのまま食べる以外でおすすめの食べ方・レシピも紹介!

そのまま食べる他に料理に風味を加えることもできる黒糖ですが、以下のような向き・不向きがあります。

・色や風味を重視するお菓子には不向き
・濃い味付けの料理に合う
・肉や果物、豆などの食材と相性が良い


苦味などの風味がある黒糖は、素材をそのまま引き立てるお菓子には不向きです。しかし、砂糖にないコクと濃厚な味わいを感じられるため、豚の角煮や佃煮といった濃い味付けの料理に合います。ここでは黒糖をそのまま食べる以外で、おすすめのレシピを3つ紹介します。

①黒糖と生姜の豆乳ドリンク

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1990007757/

黒糖はそのまま食べたり料理に使ったりする以外に、ドリンクに入れるレシピも人気です。黒糖と豆乳の自然な甘い味わいを感じつつ、生姜が体を芯から温めてくれます。

風邪引きさんにも、じんわり広がる自然な甘さ黒糖豆乳 レシピ・作り方 by 酔いどれんぬ|楽天レシピ

関連する記事

×