黒糖はそのまま食べるのが効果的な食べ方?おやつ代わりにおすすめ?

黒糖(黒砂糖)をそのまま食べる食べ方は大丈夫なのでしょうか?今回は、黒糖をそのまま食べることで期待できる効果・効能や、その他の美味しい食べ方のレシピを紹介します。黒糖を食べるタイミング・適量や、そのままでも美味しいおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 黒糖(黒砂糖)の食べ方は?そのまま食べるのは大丈夫?
  2. 黒糖をそのまま食べるのはおすすめな食べ方
  3. ただし黒糖は1日5粒程度の25gを目安にしよう
  4. 黒糖をそのまま食べることで期待できる効果・効能は?
  5. ①疲労回復効果
  6. ②ダイエット効果
  7. ③美肌効果
  8. ④月経痛・冷え症改善
  9. 黒糖をそのまま食べるタイミングはいつがおすすめ?
  10. 黒糖は空腹時におやつ代わりに食べるのがおすすめ
  11. 黒糖のそのまま食べても美味しいおすすめ商品は?
  12. ①情熱の純黒糖(200g×2袋)(1,602円)
  13. ②宮古島多良間産の純黒糖(200g×10袋セット)(2,926円)
  14. 黒糖のそのまま食べる以外でおすすめの食べ方・レシピも紹介!
  15. ①黒糖と生姜の豆乳ドリンク
  16. ②黒糖入り三角蒸しパン
  17. ③黒糖を使った肉じゃが
  18. 黒糖はそのまま食べる食べ方がおすすめ

②黒糖入り三角蒸しパン

出典:https://cookpad.com/recipe/6305417

料理に使うと色合いが濃くなったり、独特の風味が気になったりする黒糖ですが、蒸しパンやカップケーキなどに向いています。材料を混ぜるだけで簡単に作れるので、子供と一緒に料理を楽しめます。

ふわふわ♡三角黒糖蒸しパン by emyo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが364万品

③黒糖を使った肉じゃが

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1420007607/

黒糖を入れてしっかり煮込む肉じゃがは、砂糖より強いコクで濃厚な味わいを感じるようになります。普段使う砂糖を黒糖に変えるだけで、簡単にアレンジできる点が長所です。

黒糖肉じゃが レシピ・作り方 by ぽんぽんぷー|楽天レシピ

黒糖はそのまま食べる食べ方がおすすめ

黒糖はそのまま食べることで、熱や水に溶けやすいミネラルを効率良く摂取し、健康効果を得ることができます。疲労回復やダイエット効果がある黒糖を、1日25gほどを目安に数回に分け、空腹時のおやつに食べましょう。

関連する記事

×