ポップコーンの栄養価と効能は?食物繊維が豊富?塩分・脂質など注意点も紹介!

【管理栄養士監修】ポップコーンに含まれる栄養素を知っていますか?映画館では必ず買う人もいるでしょう。今回は、ポップコーンの栄養成分・効能に加え、ダイエット中に食べられる方法も紹介します。〈塩分・脂質〉など食べ過ぎの注意点も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 鈴木真美
Twitter HP
管理栄養士。一児の母。 社員食堂や学生食堂のメニュー開発等を行うほか、摂食障害を克服した経験から啓発活動を行っています。 そのなかで、心と身体が健康になる食とは、...
Twitter HP
管理栄養士。一児の母。 社員食堂や学生食堂のメニュー開発等を行うほか、摂食障害を克服した経験から啓発活動を行っています。 そのなかで、心と身体が健康になる食とは、単に栄養がつまった食事を摂るだけではないと気付きました。 あたたかい食卓は心と身体をつくります。人と人の心をつなぎ命をつないでいきます。そんな食卓が増えますように。お手伝いしたいと思っています。

目次

  1. ポップコーンの栄養素と効能は?健康効果ある?
  2. ①食物繊維
  3. ②ビタミンE
  4. ③鉄分
  5. ④ポリフェノール
  6. ポップコーンのカロリー・糖質は高い?太る?
  7. とうもろこしとカロリー・糖質など栄養価を比較
  8. ポップコーンのカロリーや糖質・脂質をスナック類と比較
  9. ポップコーンをダイエット中に食べるには?
  10. ①植物油を使わずに作る
  11. ②キャラメルなど高カロリーなフレーバーを避ける
  12. ③食べる時間に注意する
  13. ポップコーンは食べ過ぎ注意?理由は?
  14. ①塩分・脂質の過剰摂取
  15. ②腹痛が起きる
  16. ポップコーンは栄養豊富な食材

②腹痛が起きる

ポップコーンに含まれる栄養の食物繊維は水に溶けない不溶性のため、食べ過ぎると腹痛を起こすことがあります。ポップコーンの適量は大人でおおよそ20gと言われていますが、スーパーで販売されているマイクポップコーンは50gなので半分程度にしておきしましょう。

ポップコーンは栄養豊富な食材

スナック菓子は太るイメージがありますが、ポップコーンは栄養が豊富でダイエットにも効果的な栄養や、健康成分も含まれます。自分でも簡単に作れるので、自由に油や味の量を調整してヘルシーに作ってみてください。

関連する記事

×