大根の葉の注意点3つ!食べ過ぎは危険?毒・シュウ酸や農薬の安全性も紹介!

大根の葉の危険性や注意点を知っていますか?毒はあるのでしょうか?今回は、〈シュウ酸・農薬〉など大根の葉が危険・食べ過ぎに注意と言われる理由や、〈あく抜き〉など食べる際の注意点を紹介します。大根の葉を使った美味しい食べ方や絶品レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 大根の葉は毒性の危険あり?注意すべき?どこまで食べられる?
  2. 大根の葉は毒はなく全部食べられる
  3. 大根の葉が危険・要注意と言われる理由3つ!食べ過ぎNG?
  4. ①シュウ酸による尿路結石
  5. ②ナトリウムによる生活習慣病
  6. ③残留農薬
  7. 大根の葉の食べ方・調理法の注意点は?
  8. 大根の葉は生食せずにあく抜きをしよう
  9. 大根の葉を使った美味しい食べ方・絶品レシピを紹介!
  10. ①大根の葉ふりかけ
  11. ②大根の葉の炒め煮
  12. ③塩もみ大根のお吸い物
  13. ④大根の葉のミネラルサラダ
  14. ⑤大根の葉とベーコンの混ぜご飯
  15. ⑥大根の葉の卵とじ
  16. 大根の葉に毒・危険はないが農薬に注意

大根の葉は毒性の危険あり?注意すべき?どこまで食べられる?

葉付きの大根が手に入ると丸ごと食べれると嬉しくなるものですが、大根の葉は食べると危険とも言われています。大根の葉は危険なのか、どこまで食べることが出来るのかを含まれる栄養素と共に詳しく説明します。

大根の葉は毒はなく全部食べられる

危険とも言われている大根の葉ですが、毒などはなく以下のように豊富な栄養素を含んで健康にも良いとされています。

・ビタミンA
・ビタミンC
・食物繊維
・葉酸
・鉄分
・カルシウム
・カリウム

大根の根の部分よりも、大根の葉の方が上記の栄養素を豊富に含んでおり、むしろ積極的に摂取した方が良いほどです。大根の葉を食べることで、血圧の正常化・免疫力アップ・動脈硬化予防・便秘やむくみの解消などの効果を得ることが出来ます。

美容や健康の面でも良い栄養素ばかりで、毎日の食事で不足しがちなカルシウムや鉄分まで含まれているため、子供や妊婦にもおすすめです。

大根の葉が危険・要注意と言われる理由3つ!食べ過ぎNG?

美容や健康に良い栄養素を豊富に含んでいる大根の葉ですが、危険・要注意と言われているのにはどのような理由があるのでしょうか。注意すべき成分を3つにまとめたので、参考にしてください。

①シュウ酸による尿路結石

尿路結石は、体内のシュウ酸濃度が高まることが原因のため、シュウ酸というあくを含む食材の食べ過ぎには注意が必要です。大根の葉にもシュウ酸が含まれていて、摂り過ぎると尿路結石になる可能性があります。中でも妊娠中は尿路結石になる確率が通常の人の2倍もあると言われているため、大根の葉の食べ過ぎに気を付け、あく抜きを忘れないようにしましょう。

②ナトリウムによる生活習慣病

ナトリウムとは塩分のことですが、ナトリウムを摂り過ぎることで身体に以下のような症状が出ることがあります。

・むくみ
・高血圧
・高カリウム血症
・胃がん

大根の葉には栄養が豊富ですが、それと同時にナトリウムもたくさん含まれているため食べ過ぎると塩分の摂り過ぎになってしまうことがあります。毎日の食事で塩分は気付かないうちに過剰摂取になりがちで、多少の摂り過ぎは尿として自然と排出されますが過剰摂取が続くと上記のような症状が現れます。

食べ過ぎに注意しながら、ナトリウムの排出を促すカリウムを大根の葉を食べるときに摂取するような工夫もしてみましょう。

③残留農薬

大根の葉を食べてすぐに不調が起こるわけではありませんが、残留農薬が人体に及ぼす影響には、以下のようなものがあると言われています。

・頭痛
・腹痛
・嘔吐下痢
・呼吸困難
・アトピー性皮膚炎
・胎児や母乳への影響


畑で大根を栽培する際には農薬を使用することもありますが、これはいつも食べている大根の根よりも地上に出ている大根の葉の方が多くついています。全ての影響が食べてすぐに出るわけではありませんが、妊娠中や授乳中は赤ちゃんへの影響があることもあるため出来るだけ避けるようにしましょう。

普通に食べるときにも、食べないように気を付けるのが一番のため、大根の葉を食べるときにはあく抜きと同じ下処理をして農薬を落としてからにしてください。

大根の葉の食べ方・調理法の注意点は?

栄養豊富な大根の葉ですが、シュウ酸や農薬など人体にとって危険な成分を摂取してしまうこともあるため、注意が必要です。大根の葉を食べるときの注意点と、安全に食べるためのあく抜きの方法を紹介するので参考にしてください。

大根の葉は生食せずにあく抜きをしよう

大根の葉を食べるときには、必ずあく抜きという下処理をして生食を避けることで、シュウ酸や農薬による危険を防ぐことが出来ます。

【あく抜きの手順】
1.鍋にたっぷりお湯を沸騰させて塩をひとつまみ入れる
2.大根の葉を入れ2~3分茹でる
3.茹でれたら水にさらしてしっかり絞る


上記のあく抜きをするだけで、シュウ酸や農薬を軽減させる安心して大根の葉を食べることが出来ます。茹でて水にさらすことでビタミンCが流失してしまうという欠点はありますが、それでも大根の葉は栄養豊富で様々な料理にして食べれるためおすすめです。

関連する記事

×