セブンのゼロキロカロリーファイバーは体に悪い?甘味料が危険なの?

セブンイレブンの炭酸飲料「ゼロキロカロリーファイバー」が体に悪いのは本当でしょうか?今回は、ゼロキロカロリーファイバーなどのゼロカロリー〈飲料・食品〉が体に悪いと言われる理由・危険性を、人工甘味料の観点から紹介します。安全なゼロカロリー商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. セブンの炭酸飲料「ゼロキロカロリーファイバー」が体に悪いって本当?
  2. ゼロキロカロリーファイバーとは
  3. ゼロキロカロリーファイバーが体に悪い理由と言われる理由は?
  4. ①アスパルテーム
  5. ②エリスリトールラカントの危険性
  6. ③アセスルファムK
  7. ④スクラロース
  8. ゼロキロカロリーファイバー以外で注意すべきゼロカロリー飲料はある?
  9. ①コカコーラゼロ
  10. ②ゼロカロリーゼリー
  11. ③アクエリアスゼロ
  12. 安全なゼロカロリー食品の基準は?
  13. ①天然甘味料を含む商品
  14. ②特定保健用食品
  15. ゼロカロリー飲料で安全な商品を紹介!
  16. ①カラダカルピス
  17. ②三ツ矢サイダーW
  18. ③ゼロキロカロリーサイダートリプル
  19. ④キリンメッツコーラ
  20. ⑤ブルーベリー黒酢ドリンク
  21. ゼロキロカロリーファイバーが体に悪いとされる理由を把握しよう

*購入サイト|楽天市場*
ミツカン ブルーベリー黒酢 カロリーゼロ 1000mlPET×6本入

こちらは、ブルーベリーやぶどうの果汁を使用して甘味を付けた黒酢ドリンクです。スクラロースを使っていますが、ごく少量なので副作用の心配はありません。また、機能性表示食品として内臓脂肪を減らす効果も確認されています。

ゼロキロカロリーファイバーが体に悪いとされる理由を把握しよう

ゼロキロカロリーファイバーは、砂糖の代わりに人工甘味料が含まれるため体に悪いと言われています。しかし、食物繊維やビタミンも豊富に含まれるので、適量を飲むことで健康への効果も期待できます。ゼロキロカロリーファイバーは過剰摂取を避け、1日あたり1本以内を目安に飲みましょう。

関連する記事

×