妊婦・妊娠中はごぼう茶を飲める?危険・副作用は?おすすめ商品も紹介!

妊婦がごぼう茶を飲んでも大丈夫か知っていますか?妊娠中のごぼう茶は飲み過ぎなければおすすめの飲み物です。今回は、妊婦・妊娠中にごぼう茶を飲む際の<量>などの注意点や、<ポリフェノール・カフェイン>による危険・副作用などの懸念点を紹介します。妊婦がごぼう茶を飲む<便秘改善・血糖値の上昇抑制・むくみ改善>などの効果・メリットや、おすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊婦(妊娠中)はごぼう茶を飲むと危険?
  2. 妊娠中のごぼう茶は飲み過ぎなければおすすめな飲み物
  3. 妊婦がごぼう茶を飲み過ぎる副作用は?適量はどれくらい?
  4. 妊娠中はごぼう茶に含まれるポリフェノールの胎児への影響に注意
  5. 妊娠中のごぼう茶の量の目安は特にないが極端に飲み過ぎるのは避けよう
  6. 妊婦がごぼう茶を飲む効果・メリットは?
  7. ①便秘改善
  8. ②血糖値の上昇を抑える
  9. ③むくみ改善
  10. 妊婦・妊娠中におすすめのごぼう茶を紹介!
  11. ①あじかん焙煎ごぼう茶プレミアムブレンド ごぼうのおかげ
  12. ②ごぼう茶粉末 国産
  13. ③九州産ごぼう茶100% お徳用ティーパック
  14. 妊婦がごぼう茶以外にも妊娠中に気を付けるべき飲み物は?
  15. 妊婦(妊娠中)はごぼう茶の飲み過ぎに気をつけよう

妊婦(妊娠中)はごぼう茶を飲むと危険?

ごぼう茶は細かく切ったごぼうを焙煎して作ったハーブティで、香ばしい香りとほのかな甘みが特長です。健康効果が高いことからも人気のごぼう茶ですが、妊婦は飲んでもよいのでしょうか。ここからは、妊娠中にごぼう茶を飲むと危険なのかについて解説します。

妊娠中のごぼう茶は飲み過ぎなければおすすめな飲み物

ごぼう茶はノンカフェインであることから、妊娠中でも飲み過ぎなければおすすめな飲み物です。妊娠中にカフェインを摂取することで、流産のリスクが上がります。妊娠中は元気な赤ちゃんを産むためにもカフェインを含む飲み物は避けるようにしましょう。

妊婦がごぼう茶を飲み過ぎる副作用は?適量はどれくらい?

ごぼう茶はノンカフェインで妊娠中でも飲み過ぎなければ、健康にも効果的な飲み物です。一方で、飲み過ぎと判断される量はどのくらいなのか分からないという人もいるでしょう。ここでは、ごぼう茶の飲み過ぎで起こる副作用と適量を紹介します。

妊娠中はごぼう茶に含まれるポリフェノールの胎児への影響に注意

妊娠中にごぼう茶を飲む際に留意したいのが、ごぼう茶に含まれるサポニンなどのポリフェノールについてです。ポリフェノールは通常、抗酸化作用があり、健康や美容に効果があるため積極的に摂取したい成分です。しかし妊娠中は、胎児の血管が収縮を起こし、危険が及ぶ胎児動脈管早期収縮の原因になることがあるので注意してください。

妊娠中のごぼう茶の量の目安は特にないが極端に飲み過ぎるのは避けよう

妊娠中のごぼう茶の量の目安は特にありません。しかし、コップに1日5杯以上など極端に飲み過ぎるのは避けるようにするのがおすすめです。妊娠中は、ごぼう茶を1日に1〜2杯程度に抑えて、健康に効果的な範囲で楽しみましょう。

妊婦がごぼう茶を飲む効果・メリットは?

妊娠中にごぼう茶を飲みすぎると、胎児動脈管早期収縮などの副反応がある危険性もありますが、適量を飲むことで得られるメリットも多数あります。ここでは、ごぼう茶の健康に嬉しいメリットを紹介します。

①便秘改善

ごぼう茶には水溶性食物繊維のイヌリンが豊富に含まれているため、便秘改善に効果的です。食物繊維の中でもイヌリンは水に溶けやすいので、硬い便を軟らかくして排出する効果があります。また不溶性食物繊維も豊富も含んでおり、こちらは腸の蠕動運動を活発にするので、腸内環境を整えるのに有効です。

②血糖値の上昇を抑える

便秘改善効果のある水溶性食物繊維イヌリンには、血糖値の上昇を抑える効果も期待できます。イヌリンが糖の吸収を緩やかにするので、食事の際に一緒にごぼう茶を飲むのがおすすめです。血糖値がゆっくりと上昇すると、インスリンの過剰な分泌を防ぐことができ肥満予防にもつながります。

③むくみ改善

関連する記事

×