ルッコラは食べ過ぎると危険?胃痛・下痢になる?1日の摂取量の目安も紹介!

ルッコラを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?副作用の危険が心配ですよね。今回は、ルッコラを食べ過ぎると懸念される<胃痛・下痢>などの副作用や毒性の有無について紹介します。ルッコラの食べ過ぎにならない1日の適量や、適量食べた時の効果・効能についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ルッコラを食べ過ぎると危険?一日の適量はどのくらい?
  2. ルッコラを食べ過ぎると危険と言われる理由は?毒性がある?
  3. ①ルッコラに多く含まれる硝酸塩に発がん性が指摘されている
  4. ②腎臓が悪い人はルッコラのカリウムに注意が必要
  5. ③アリルイソチオシアネートが胃痛を引き起こす可能性
  6. ④消化不良で下痢・腹痛になる
  7. ルッコラの食べ過ぎにならない1日の適量は?
  8. EUではルッコラの摂取量を1日50gと設定している
  9. ルッコラを適量食べた時の体に良い効果・効能は?
  10. ①胃腸を整える・血液をサラサラにする効果
  11. ②風邪予防・疲労回復
  12. ③美肌効果
  13. ④便秘・むくみの解消
  14. ルッコラを使ったおすすめレシピを紹介!
  15. ①ルッコラとツナのサラダ
  16. ②ルッコラの冷製パスタ
  17. ③ルッコラとトマトのフリッタータ
  18. ルッコラは食べ過ぎるとデメリットもあるので注意しよう

ルッコラを食べ過ぎると危険?一日の適量はどのくらい?

ルッコラはヨーロッパ原産のハーブで、主にイタリア料理やサラダなどに使われます。日本でもレストランやスーパーでルッコラを見かけることが増えましたが、食べ過ぎると体に良くないのでしょうか。今回はルッコラを食べ過ぎた場合の危険性や、毒性があると言われる成分について紹介します。ルッコラの一日の適量も併せて紹介するので、参考にしてください。

ルッコラを食べ過ぎると危険と言われる理由は?毒性がある?

ルッコラを食べ過ぎると、危険だと言われるのはなぜでしょうか。ここでは、ルッコラを食べ過ぎた場合の危険性や、毒性があると言われる成分について紹介します。

①ルッコラに多く含まれる硝酸塩に発がん性が指摘されている

ルッコラを食べ過ぎると毒性があると言われる理由は、含有成分である硝酸塩に発がん性が指摘されているためです。硝酸塩は体内で亜硝酸塩へと変化し、食品から摂取したアミン類やアミド類と反応して発がん性のあるN-ニトロソ化合物を生成すると言われています。野菜類は硝酸塩を多く含みますが、ルッコラは特に多く、6,000~7,000mg/kg程度含まれています。

食品安全関係情報詳細

②腎臓が悪い人はルッコラのカリウムに注意が必要

腎臓の病気や機能障害を持つ人は、ルッコラを食べ過ぎるとカリウムの多量摂取につながり、不整脈や心不全を起こす恐れがあります。これは、腎臓の機能が低下するとカリウムを十分に排出できず、体内に蓄積して高カリウム血症を引き起こすためです。

また、健康な人でもサプリメントなどでカリウムを多く摂取している場合は、ルッコラの食べ過ぎで同様の症状を起こす可能性があるので注意してください。

③アリルイソチオシアネートが胃痛を引き起こす可能性

ルッコラに多く含まれるアリルイソチオシアネートは、胃痛を引き起こすことがあります。アリルイソチオシアネートは辛子やわさびにも含まれる辛味成分で、胃壁を刺激して胃酸を分泌させる作用があります。特に、空腹時にルッコラを多く食べると胃痛を起こしやすいので注意しましょう。

④消化不良で下痢・腹痛になる

ルッコラには食物繊維が豊富に含まれるため、食べ過ぎると消化不良や下痢・腹痛を起こす場合があります。ルッコラをサラダなどに入れて生で食べる場合は消化不良を起こしやすいので、よく噛んで食べるように意識しましょう。

ルッコラの食べ過ぎにならない1日の適量は?

ルッコラを食べ過ぎるとデメリットがあることが分かりましたが、予防するためには摂取量をどのくらいに抑えると良いのでしょうか。ここでは、ルッコラの1日あたりの適量について紹介します。

EUではルッコラの摂取量を1日50gと設定している

EUでは、ルッコラの適切な摂取量を1日50gまでと設定しています。ルッコラ1枚あたりの重量は約3gなので、16~17枚以内が適量になります。サラダやパスタなどにルッコラを使う場合は1人分で6~8枚程度なので、通常の料理を食べる分には過剰摂取は心配ないでしょう。

関連する記事

×