妊婦・妊娠中はもずくNG?ヨウ素が危険?便秘改善などメリットも紹介!

妊婦(妊娠中)はもずくを食べても大丈夫か知っていますか?生で食べていいのでしょうか?今回は、妊婦・妊娠中にもずくを食べる際のめかぶ・ひじきにも含まれる<ヨウ素>などの懸念点や、<食べ過ぎない>などの注意点などともに紹介します。妊娠中のもずくを適量食べる<便秘改善>などの効果も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 妊婦はもずくを食べてもいいの?
  2. 妊娠中のもずくは基本的に食べても大丈夫
  3. 妊婦がもずくを食べる際の懸念点・注意点は?
  4. 妊娠中はもずくに含まれる「ヨウ素」に注意が必要
  5. ただしもずくの食べ過ぎでヨウ素の過剰摂取になるには1.5kg程度が必要になるので基本心配は不要
  6. 妊娠中のもずくは健康的な量として1日1パックを目安にしておこう
  7. 妊娠中のもずくには良い効果・栄養成分もある?
  8. ①便秘改善
  9. ②つわり軽減
  10. ③美容効果
  11. 妊婦がもずく以外にも妊娠中に気を付けるべき食べ物は?
  12. 妊婦・妊娠中のもずくのヨウ素に気をつけよう

もずくに豊富に含まれるカリウムは、妊娠すると胎児に多く取り込まれてしまうため、妊婦の血清カリウム値が低下してしまいます。血清カリウム値が低下すると腸の動きが悪くなったり、浸透圧の低下があり、つわりがひどくなってしまう可能性があります。

カリウムを多く含むもずくには、体内の不要な塩分を排泄してむくみ予防も期待できるので、妊婦にとって嬉しい食材のひとつです。

③美容効果

もずくに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとミネラル類には、肌の保湿力が高まる働きが期待できます。また、抗酸化作用もあるため、皮膚の新陳代謝を促進させて美肌に導いてくれる働きもあります。もずく酢の酢には血糖値の急上昇予防の働きがあるので、妊婦の日々の食事にも積極的に取り入れたい食材です。

(*もずくの栄養素と効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

もずくの栄養素と効能は?酢と一緒で効果UP?食べ過ぎが危険・体に悪い理由などデメリットも紹介!

妊婦がもずく以外にも妊娠中に気を付けるべき食べ物は?

妊娠中は、ヨウ素の摂りすぎに注意が必要であることが分かりましたが、他にも気を付けるべき食材があるので紹介します。

・生肉や生野菜
・水銀を多く含む食材
・ナチュラルチーズ
・ビタミンAを多く含むうなぎやレバー
・刺身、寿司


妊娠中は免疫力が低下するため、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。加熱が不十分な肉類やよく洗えていない生野菜・果物にはトキソプラズマという寄生虫がいる場合があるので注意が必要です。妊娠中は、免疫力が低下するため妊娠前に食べていた食材にも注意が必要になります。赤ちゃんの成長のためにもしっかり対策をしましょう。

(*妊娠中のナチュラルチーズについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

妊娠中はナチュラルチーズNG?加熱ならOK?食べてしまった時の対処法も紹介!

妊婦・妊娠中のもずくのヨウ素に気をつけよう

海藻類の中でももずくは、比較的安心して食べられます。妊娠中でも基本的に食べても大丈夫ですが、ヨウ素の過剰摂取には気を付けましょう。もずくは妊婦・妊娠中の方に嬉しい働きがあるので、日々の食事に上手に取り入れてみましょう。

妊娠中、育児中のご自身の食事や赤ちゃんの食事に関する情報提供

関連する記事