桃のカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット効果や食べ方のおすすめなど紹介!

【管理栄養士監修】桃のカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、桃(1個)のカロリー・糖質量を他の人気な果物と比較しながら紹介します。桃を存分に味わえるよう、桃の栄養価とダイエット効果、また食べ過ぎの注意点についても紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 熊橋麻実
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・...
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・記事執筆などの活動をしながら、現役で園児の給食管理を行っています。これまでの経験を活かし、栄養学の知識をわかりやすくお伝えできればと思います。

目次

  1. 桃のカロリー・糖質量は高い?太る?
  2. 桃(1個)のカロリー・糖質量
  3. 桃(100g)のカロリー・糖質量を他の果物と比較
  4. 桃の栄養価とダイエット効果は?
  5. ①カリウム|むくみ解消
  6. ②食物繊維(ペクチン)|便秘解消
  7. ③カテキン|脂肪の吸収を抑制
  8. ④ナイアシン|代謝の促進
  9. ⑤GI値が低い
  10. 桃のダイエット向きの食べ方の注意点は?
  11. ①食べ過ぎると中性脂肪がたまりやすい
  12. ②缶詰で食べない
  13. 桃のカロリーに注意して食べよう

カテキンは、ポリフェノールの一種で抗酸化作用による老化防止や、抗ガン作用、殺菌作用はもとより、コレステロールの低下や血糖値の上昇を抑制する作用、また脂肪の吸収を抑制するのでダイエットに必要な成分と言え、他にも様々な効能が期待できます。(※5)

④ナイアシン|代謝の促進

ナイアシンは、水溶性ビタミンで発見当初はビタミンB3といわれていました。タンパク質・脂質・糖質のエネルギー代謝には重要な補酵素です。血行促進作用や、肌の調子がよくなる効果があり、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解にも関与する栄養素です。代謝が向上することで、体内の老廃物の排出なども期待できるので、ダイエット効果が上がります。(※4)

⑤GI値が低い

GI値とは、食後の血糖値の上昇の速さを示す値です。GI値が低いということは、血糖値の急激な上昇を抑え、穏やかにすると共に、糖尿病や脂質異常症の予防にも期待できます。55以下の食品を低GI食品といわれ、桃は42と低い果物です。GI値が低いと、必要以上にインスリンを分泌させないので、間接的に脂肪の蓄積を防ぐことができます。(※6、7)

(*桃の栄養素・効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

桃の栄養素と効能は?皮・種にもある?効率的に成分を摂る食べ方やレシピのおすすめも紹介!

桃のダイエット向きの食べ方の注意点は?

桃がダイエット向きのフルーツだとしても、たくさん食べても大丈夫なのでしょうか。ダイエットを意識した、桃を食べるときの注意点を頭に入れておきましょう。

①食べ過ぎると中性脂肪がたまりやすい

桃には果糖が多く含まれますが、果糖によって血糖値は上がりにくく、インスリンの分泌を促されません。しかし、果糖は肝臓で代謝されるため、食べ過ぎると中性脂肪に変えられ、太ることになりかねません。桃だけではなく果糖が多く含まれる果物全般に言えますが、食べ過ぎには注意しましょう。

②缶詰で食べない

桃の缶詰にたっぷり入っている甘いシロップによって、桃の缶詰100g当たりのカロリーはおよそ2倍の81kcalになり、バナナに匹敵する値になります。シロップには砂糖が使用されているため、当然、糖質量も高く、1缶分の糖質量は76gを超えるので、1膳分のご飯の糖質量より多くなります。

桃のカロリーに注意して食べよう

桃は、他の果物と比べても低カロリー、低糖質ですが、食べすぎればカロリーも糖質用も上がってしまい、太るもとになってしまいます。食べ過ぎないよう気を付けながら、桃の甘みを堪能しましょう。

関連する記事