人参は太る?ダイエットに不向き?太らない効果的な食べ方・レシピを紹介!

人参を食べて太ることはあるのでしょうか?ダイエットに不向きなのでしょうか?今回は、人参がダイエットに不向きと言われる理由や太る場合の原因を、ダイエットに効果的な食べ方とともに紹介します。人参の太りにくいダイエットメニュー・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 人参は太る?ダイエットに不向き?
  2. 人参は糖質がやや高めなので食べ方・調理法によっては太る
  3. 人参で太る場合の原因は?
  4. ①食べ過ぎている
  5. ②加糖された人参ジュースで摂取している
  6. ③油っぽい・甘めの料理や調理法で食べている
  7. 人参は正しく食べればダイエット効果も?
  8. ①血糖値が上昇するのを防ぐ
  9. ②むくみの解消
  10. ③代謝を上げる
  11. 人参のダイエット効果を高める食べ方は?人参スティックがおすすめ?
  12. ①人参スティックをおやつの代わりに食べる
  13. ②人参を皮ごと・生で食べる
  14. 人参を使ったダイエットメニュー・レシピも紹介!
  15. ①キャロットラペ
  16. ②人参のたらこ炒め
  17. ③人参としらたきの中華サラダ
  18. 人参を上手にダイエットに活用しよう

人参は太る?ダイエットに不向き?

さまざまな料理に使うことのできる人参ですが、ダイエットに不向きな野菜なのでしょうか。ここでは、人参の糖質やカロリーとともに、ダイエットに適しているのかどうかを紹介します。

人参は糖質がやや高めなので食べ方・調理法によっては太る

100gあたり カロリー 糖質
人参 30kcal 6.3g
ブロッコリー 37kcal 1.5g
玉ねぎ 33kcal 6.9g
トマト 20kcal 3.7g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

人参は、ブロッコリーやトマトなどの野菜に比べて糖質をやや多く含んでいます。そのため、人参の調理法や食べ方によっては太る可能性があります。特に、糖質制限ダイエットを行っている場合は、人参の食べ方に注意しましょう。

人参で太る場合の原因は?

人参を食べて太ってしまったと悩んでいる人は、食べ方や調理法に問題があるのかもしれません。ここでは、人参を食べて太る場合の原因について紹介します。

①食べ過ぎている

人参だけを食べて他の食品を制限するような極端なダイエットを行うと、エネルギー産生に必要な栄養素が摂れず、痩せにくくなる場合があります。人参だけを食べ過ぎても、糖質・カロリー過多で太る可能性は低いですが、便秘や基礎代謝の低下を招いてしまいます。人参の摂取は適量に抑え、他の食品もバランスよく食べましょう。

(*人参の食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

人参の食べ過ぎは危険?最悪死亡する?1日何本かや妊娠中に注意すべき理由など紹介!

②加糖された人参ジュースで摂取している

生の人参ではなく加糖された人参ジュースを飲んでいる場合は、糖質やカロリーの過剰摂取につながります。また、人参に元来含まれている糖質より、砂糖は血糖値を上げやすい特徴を持ちます。ダイエット中は加糖された人参ジュースを控えるか、てんさい糖やアガベシロップのように血糖値に影響しにくい甘味料を使ったジュースを選ぶことが大切です。

③油っぽい・甘めの料理や調理法で食べている

人参を調理する際に油や砂糖などを多く使うと、余分なカロリーを摂取して太りやすくなります。カロリーや糖質・脂質の量が多い料理は、以下を参考にしてください。

・グラッセ
・ポタージュ
・煮物
・シチュー


人参のグラッセは、砂糖を多く使って甘めに味付けするため、カロリーや糖質量が高くなります。また、ポタージュは生クリームや牛乳を使うことで、脂質の摂取量が増えてしまいます。その他、煮物やシチューに人参を入れる場合も糖質・脂質量が増えやすいので、ダイエット中はこれらの料理を避けるか薄めの味付けを心がけましょう。

人参は正しく食べればダイエット効果も?

人参は食べ方や調理法によっては太る原因になりますが、正しく食べた場合はダイエット効果も期待できるのでしょうか。ここでは、人参を適切に摂取した場合のダイエット効果について紹介します。

関連する記事

×