銀だこメニューのカロリー・糖質を一覧表で!ダイエット中の食べ方など紹介!

銀だこ(たこ焼き)のカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、銀だこ(たこ焼き)のカロリー・糖質量を【メニュー別】に他の店舗・商品と比較しながら紹介します。銀だこのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 銀だこメニューのカロリー・糖質は?
  2. 銀だこ(たこ焼き)のメニュー別のカロリー・糖質
  3. 銀だこ(たこ焼き)のカロリーを他の店舗・商品と比較
  4. 銀だこ(たこ焼き6個)のカロリー消費に必要な運動量
  5. 銀だこ(たこ焼き)の栄養価は?
  6. ①青ネギ
  7. ②たこ
  8. ③鰹節
  9. ④青のり
  10. 銀だこでカロリーオフする方法は?
  11. ①揚げたこ焼きにしないように注文する
  12. ②トッピングなしにする
  13. ③サラダやスープでバランスをとる
  14. ④一度に食べすぎない
  15. 銀だこ(たこ焼き)の太りにくい食べ方は?
  16. ①野菜を先に食べる
  17. ②寝る前2〜3時間には食べない
  18. ③たこ焼きと一緒にお酒を飲み過ぎない
  19. 銀だこのカロリーに注意して食べよう

たこは脂質が少なく、低カロリーでたんぱく質が豊富な食材で、以下のような効能があります。

・ビタミンB12:赤血球を作る働き
・ビタミンE:肌の細胞などを活性化させる
・タウリン:疲労回復効果がある


疲労回復に効果のあるタウリンの含有量もトップクラスです。ただし、消化に時間がかかる食材でもあるので胃腸が弱っている時は食べ過ぎには気をつけましょう。ビタミンEは抗酸化作用が高く、体内の脂質を酸化から守り、末梢血管を広げるので、血行促進効果もあります。ビタミンB12は葉酸と共に赤血球の生成をサポートし、悪性貧血を予防します。

③鰹節

鰹節は、鰹にカビをつけ発酵させて作る発酵食品です。

・イノシン酸:細胞が活性化され新陳代謝が活発になる
・カルシウム:骨の形成に役立つ
・ビタミンD:骨や皮膚の形成に必要
・ビタミンB群:疲労回復効果が期待できる


鰹節は、人間が自分で作ることのできない必須アミノ酸を豊富に含んでいます。骨を丈夫にするビタミンDなども豊富なため、健康食品としても注目されている食材です。

④青のり

海藻の一種である青のりは、少量でも香り高くトッピングとしてもさまざまな料理に重宝されています。

・葉酸:ビタミンB群の一種で赤血球を形成する
・ビタミンB12:赤血球を作る働き
・マグネシウム:骨や皮膚の形成に必要
・ヨウ素:甲状腺ホルモンを形成するの必要


青のりはマグネシウムやヨウ素などのミネラルが豊富でありながら、大さじ1杯あたり4kcalと低く、ダイエット中でも安心して摂取できる具材です。

銀だこでカロリーオフする方法は?

ダイエット中に銀だこが食べたくなった時、上手にカロリーオフしながら食べる方法を紹介します。

①揚げたこ焼きにしないように注文する

ダイエット中は少しでもカロリーを抑えたいところです。銀だこは最後に油をさらに加え、揚げ焼きすることで表面をカリカリに仕上げていますが、注文時に依頼すれば最後に油を追加せずに仕上げてくれます。店員さんに注文時に「揚げないでください」と伝えてみましょう。ただし、これは特別な注文なので、店が忙しい場合は対応が難しいこともあります。

②トッピングなしにする

トッピングなしの一番シンプルな状態だと603Kcalですが、青のりやマヨネーズなどのトッピングを加えると100kcalほど増えてしまいます。かつお節や青のりは低カロリーのため、さほど影響はありませんが、ソースやマヨネーズはできるだけ少ない方がカロリーオフになるでしょう。銀だこは味の付いた天かすや紅生姜が入るので薄味は付いています。

③サラダやスープでバランスをとる

銀だこだけでお腹を満たそうとすると高カロリーになってしまうので、テイクアウトすれば、生野菜や海藻を使ったサラダと一緒に食べることができます。不足しがちなビタミンやミネラルを補うことでカロリーオフだけでなく、食事全体のバランスが整います。

④一度に食べすぎない

カロリーオフしたとしても低カロリーの食べ物ではないので、一度にたくさん食べ過ぎないことが大切です。サラダやスープなども一緒に食べ、ジュースなど糖分の入った飲み物は控えながら食べるようにしましょう。

銀だこ(たこ焼き)の太りにくい食べ方は?

銀だこが食べたくなった時、太りにくい食べ方はあるのでしょうか。ダイエット中に銀だこを愉しむ方法を紹介します。

①野菜を先に食べる

関連する記事

×