梅干し入り白湯がおすすめ?効果・作り方や美味しいアレンジも紹介!

梅干し入りの白湯「梅白湯」を知っていますか?今回は、梅干し入り白湯「梅白湯」を飲んで期待できる効果・効能や、いつ飲むのがいいのかを紹介します。梅白湯の作り方や美味しくアレンジする方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 梅干しを白湯に入れる「梅白湯」って知ってる?
  2. 梅干し入りの白湯に期待できる効果は?
  3. ①便秘解消・ダイエット効果
  4. ②美容・美肌効果
  5. ③冷え性改善
  6. 梅白湯はいつ飲むのがいい?
  7. ダイエット目的:朝起きてから
  8. 寝付きを良くしたい:夜寝る前
  9. 梅白湯の作り方は?美味しくアレンジする方法も!
  10. 梅白湯の基本の作り方
  11. アレンジ①はちみつ梅白湯
  12. アレンジ②新生姜入り梅白湯
  13. アレンジ③鰹節入り梅白湯
  14. 白湯に梅干しを入れて飲んでみよう!

梅干しを白湯に入れる「梅白湯」って知ってる?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/200058408435353208/

美容や健康のために白湯を飲む人が増えていますが、梅干しを入れた梅白湯という飲みものがあるのを聞いたことがあります。梅干しを入れた白湯にはどんな効能があって、どのタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか。また、梅白湯の基本的な作り方や、美味しく飲むためのアレンジ方法も紹介します。

梅干し入りの白湯に期待できる効果は?

出典:https://twitter.com/happyma28328275/status/1468735865635880961

白湯は美容や健康を意識して飲むイメージがありますが、梅干しを入れて飲むことで、何か効能はあるのでしょうか。ここでは、梅干し入りの白湯にどのような効果が期待できるのか詳しく紹介します。

①便秘解消・ダイエット効果

梅干しには整腸作用があり、胃腸の働きを活発にします。梅干しに含まれるクエン酸などの有機酸によって、胃液の分泌が促進され、腸のぜん動運動が活発になり便秘解消に効果的です。また、梅干しに含まれるバニリンは他の食材からとることができない成分で、脂肪細胞に刺激を与えて脂肪を燃焼させる働きがあります。

このバニリンは加熱すると増える特徴があり、梅干しを白湯に入れることで効能が高まります。さらに、温かい白湯により血行が促進され、基礎体温や基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい身体となるためダイエットにおすすめです。

②美容・美肌効果

白湯に梅干しを入れて飲むことで唾液の分泌が活発になり、若返りホルモンや活性酸素の毒を分解する成分が働いて、肌のターンオーバーが正常に整います。また、梅干しに含まれるクエン酸が肌の老化を防ぎアンチエイジングにも効果的です。

さらに、梅干し入りの温かい白湯を飲むことで身体が温まり血行が良くなるので、全身に酸素が行きわたり細胞を活性化させ美肌効果につながります。また、細胞の活性化は頭皮にも作用し、薄毛予防や白髪予防にも効果を発揮します。

③冷え性改善

梅干し入りの白湯は、身体の中から全身が温まり冷え性改善におすすめです。冷え性にはさまざまな原因がありますが、血液の循環が滞ることにより引き起こされる場合もあります。梅干し入りの白湯を飲むことで身体全体が温まり血液の流れが促進され、体温も上昇し冷え症を改善することができるのです。

体が冷えると胃腸が弱って消化不良や肩凝りにも繋がるので、梅干し入りの白湯は、それらの改善にも効果的です。また、梅干しを加熱することで出るムメフラームという成分には、血流促進効果があるのでより効能を高めるには、梅干しを温めるか焼くことをおすすめします。

梅白湯はいつ飲むのがいい?

出典:https://twitter.com/ieneko510/status/1394213141848891392

白湯に梅干しを入れると、さまざまな効能が期待できることがわかりましたが、どのタイミングで飲むのが良いのでしょうか。目的別で梅白湯をいつ飲んだら良いかは以下の通りです。

ダイエット目的:朝起きてから

梅白湯はダイエットを目的とするなら、朝起きてから飲むことをおすすめします。梅干しには血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの過剰分泌を防ぐ効果があります。食事などで血糖値が急激に上昇すると、糖分を脂肪として蓄えてしまいますが、梅干しを食べると血糖値の急上昇が抑えられ太りにくくなるのです。

朝起きてから梅白湯を飲むことで、1日の血糖値をコントロールすることでき、ダイエットにつながります。また、朝は胃腸が冷えているので、温かい梅白湯を時間をかけて飲むと、基礎代謝を上げる効果も期待できます。

寝付きを良くしたい:夜寝る前

寝つきを良くしたいなら、梅白湯を夜寝る前に飲むことをおすすめします。梅干しに含まれるクエン酸やカリウムには疲労回復と安眠を促す効果があり、温かい梅白湯を時間をかけて飲むことで、リラックス効果が得られ寝つきが良くなります。

寝る前にココアや紅茶を飲むこともありますが、これらにはカフェインが含まれており、利尿作用で夜に目覚めてしまう場合もあるので梅白湯がおすすめです。しかし、寝る直前飲むと胃が消化活動を始めてしまい内臓の働きが活発になるので、寝る30分以上前に飲み終わるようにしましょう。

梅白湯の作り方は?美味しくアレンジする方法も!

関連する記事

×