チーズタッカルビのカロリー・糖質は?ダイエット向けにカロリーオフする方法も紹介!

【管理栄養士監修】チーズタッカルビのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、チーズタッカルビ(1人前)のカロリー・糖質量を他の韓国料理と比較しながら紹介します。チーズタッカルビ(1人前)のカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方や、糖質・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 伊藤祥子
Instagram Blog
管理栄養士乳幼児食指導士。一児の母。病院勤務を経てフリーランスになりました。 育児に奮闘しながらも『料理をもっと好きになる』をテーマに、健康で幸せな「おうちごはん...
Instagram Blog
管理栄養士乳幼児食指導士。一児の母。病院勤務を経てフリーランスになりました。 育児に奮闘しながらも『料理をもっと好きになる』をテーマに、健康で幸せな「おうちごはん」を広めるべく、栄養学も学べる料理教室を開催。料理を好きに、心と体が元気になれる情報を分かりやすくお伝えしていきます。

目次

  1. チーズタッカルビのカロリー・糖質量は?
  2. チーズタッカルビ(1人前)のカロリー・糖質
  3. チーズタッカルビ(1人前)のカロリー・糖質量を他の韓国料理と比較
  4. チーズタッカルビ(1人前)のカロリー消費に必要な運動量
  5. チーズタッカルビ【材料別】の栄養価と効能は?
  6. ①チーズ|ビタミンB2
  7. ②鶏肉|タンパク質
  8. ③にんじん|βカロテン
  9. チーズタッカルビをカロリーオフして低カロリーに作るには?
  10. ①野菜でカサ増しする
  11. ②チーズを牛乳で割る
  12. ③鶏肉の皮を取る
  13. チーズタッカルビのダイエット向きの太りにくい食べ方は?
  14. ①食事前に野菜・サラダを食べる
  15. ②ゆっくりよく噛んで食べる
  16. ③スープと合わせて食べる
  17. チーズタッカルビの糖質カットする作り方は?
  18. コチュジャンの糖質をカットする
  19. チーズタッカルビのカロリーに注意して食べよう

②鶏肉|タンパク質

チーズタッカルビには欠かせない食材の一つである鶏肉は、タンパク質を多く含んでいるのが特徴です。食べ物から摂取したタンパク質は体の筋肉や内臓・爪・骨を作る元となります。

タンパク質の摂取によって筋肉量が増えると基礎代謝も上がりますが、逆にタンパク質が不足すると筋肉量が減少して基礎代謝量が下がり、カロリー消費量も減るため太りやすくなる場合があります。ダイエット中は、タンパク質の摂取量が不足しないように注意しましょう。(※3)

③にんじん|βカロテン

にんじんに多く含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変換される優れた栄養素です。皮膚や粘膜を丈夫にする効能を持ち、アンチエイジング効果や風邪を予防する効果もあります。βカロテンは脂溶性の栄養素で、油と一緒に食べると吸収率がアップするため、油を使用するチーズダッカルビはβカロテンを効率的に吸収できる料理と言えるでしょう。(※4)

チーズタッカルビをカロリーオフして低カロリーに作るには?

チーズタッカルビには栄養豊富な具材が多く含まれていますが、カロリーが高いのでダイエット中はなるべく低カロリーに仕上げるのがおすすめです。ここでは、できるだけカロリーオフして食べられる工夫を紹介します。

①野菜でカサ増しする

チーズタッカルビは、キャベツや玉ねぎ、にんじんなど様々な野菜と鶏肉をチーズにつけて食べるのが一般的な食べ方です。具材の中でも鶏肉やチーズは高カロリーなので、これらの量を減らして低カロリーな野菜でカサ増しすることでカロリーを抑えることができるでしょう。

②チーズを牛乳で割る

チーズタッカルビはたっぷりのチーズがおいしさの秘訣ですが、1人前に使用するチーズは36gで123kcalと高カロリーで、脂質も多く含んでいます。そのため、チーズタッカルビを食べる時はできるだけチーズの使用量を減らすことがカロリーオフにつながります。

ただし、チーズを単純に減らすと満足感が下がってしまうので、チーズを牛乳で割って使用するのがおすすめです。通常の半分程度の量のチーズを牛乳と一緒に温めることでチーズソースのように使うことができます。

③鶏肉の皮を取る

チーズタッカルビに使用する鶏もも肉は、皮の部分に脂質が多く含まれています。そのため、皮を取り除くことで大幅なカロリーカットになり、ダイエットにも効果的です。また、もも肉よりも低カロリーなむね肉やささみで作ると、よりヘルシーに仕上がります。

チーズタッカルビのダイエット向きの太りにくい食べ方は?

チーズタッカルビを作るときにカロリーカットする工夫は色々ありますが、食べ方にも工夫することでより一層太りにくくなります。ここでは、チーズタッカルビの太りにくい食べ方を紹介します。

①食事前に野菜・サラダを食べる

チーズタッカルビを食べる時は、食事前に野菜やサラダを食べるのがおすすめです。野菜には食物繊維が多く含まれており、便秘解消や血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。また、食事前に野菜を食べると食物繊維が胃の中で水分を吸収して膨張し、満腹感を感じやすくなるため食べすぎ防止にも役立ちます。(※5)

②ゆっくりよく噛んで食べる

食べ物を十分に噛まないで飲み込む、いわゆる早食いは肥満の原因です。時間をかけてよく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激され暴飲暴食を防止します。チーズタッカルビには噛みごたえのある野菜や肉が多く含まれるため、よく噛んでゆっくり食べるように心がけましょう。(※6)

関連する記事

×