ジャイアントコーンのカロリー・糖質は?栄養価やダイエット向きの食べ方など紹介!

【管理栄養士監修】ジャイアントコーンのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、ジャイアントコーン(100g/1粒)のカロリー・糖質量を他のナッツ類と比較しながら紹介します。ジャイアントコーンのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. ジャイアントコーンとは?
  2. 南米で栽培される食物
  3. ジャイアントコーンのカロリー・糖質は?
  4. ジャイアントコーン(100g/1粒)のカロリー・糖質
  5. ジャイアントコーンのカロリー・糖質量を他のナッツ類と比較
  6. ジャイアントコーン(100g)のカロリー消費に必要な運動量
  7. ジャイアントコーン栄養価と効能は?
  8. ①ビタミンE
  9. ②食物繊維
  10. ③マグネシウム
  11. ジャイアントコーンのダイエット向きの太りにくい食べ方は?
  12. ①夜に食べない
  13. ②よく噛んで食べる
  14. ③トッピングに使用する
  15. ジャイアントコーンを食べる際の注意点は?
  16. ①塩分の取りすぎ
  17. ②食べ過ぎると太る
  18. ジャイアントコーンのカロリーに注意して食べよう

ジャイアントコーンを食べる際の注意点は?

様々な栄養価が含まれており、効能が期待されるジャイアントコーンですが、食べる際の注意点はあるのでしょうか。

①塩分の取りすぎ

ジャイアントコーンは、多くのものが油で揚げた後、塩で味付けをされています。塩分を摂りすぎてしまうと、高血圧や腎臓病など様々な健康リスクが高くなり、むくみの原因にもなるので、食べ過ぎには注意が必要です。

むくみを放置すると、老廃物と共にセルライトになりやすいので、カリウムなど塩分バランスを取る栄養素も摂るようにしましょう。塩分量が気になる方は、素焼きのものを選ぶと良いですね。

②食べ過ぎると太る

市販のジャイアントコーンは100gほどで販売されているものが多いですが、これを全て食べると、400kcalを超えるカロリー、70gを超える糖質の摂取になってしまい、間食の目安である200kcalを、はるかに超えてしまいます。ジャイアントコーンに限ったことではありませんが、ダイエット中は特に適量を意識して食べるようにしましょう。(※7)

ジャイアントコーンのカロリーに注意して食べよう

ジャイアントコーンは、他のナッツよりは低カロリーですが高糖質で、油で揚げているものがほとんどなので、食べ過ぎには注意が必要です。しかし、食物繊維などダイエットに効果的な栄養素も多く含まれているので、ダイエット中は適量を心がけ、ジャイアントコーンを楽しみましょう。

関連する記事

×