チョコレート効果を買ってはいけない?理由は?デメリットを紹介!

チョコレート効果を買ってはいけないのは本当でしょうか?体に悪いなどのデメリットがあるのか気になりますよね。今回は、チョコレート効果を買ってはいけないと言われる理由を紹介します。チョコレート効果を食べる際の<何枚>などの注意点も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. チョコレート効果を買ってはいけないって本当?体に悪い?
  2. チョコレート効果を買ってはいけないと言われる理由は?デメリットは何?
  3. ①カドミウム・ニッケルなどの重金属
  4. ②カロリー・脂質が多く含まれる
  5. ③テオブロミン・カフェインが多く含まれる
  6. チョコレート効果を食べる際の注意点は?
  7. ①間食として適度に食べる
  8. ②特定の薬品を服用している人は注意が必要
  9. ③金属アレルギーの場合は注意が必要
  10. チョコレート効果は体に良い効果もある?
  11. ①アンチエイジング・生活習慣病予防
  12. ②便秘改善
  13. ③血圧の上昇を抑制する
  14. ④血中の糖分の上昇を抑制する
  15. チョコレート効果のおすすめ商品は?
  16. ①チョコレート効果カカオ95%大袋(12個セット6,852円)
  17. ②チョコレート効果カカオ72%素焼きアーモンド(10個セット4,380円)
  18. ③チョコレート効果カカオ86%(6個セット3,267円)
  19. チョコレート効果にはデメリットもあるので注意しよう

チョコレート効果を買ってはいけないって本当?体に悪い?

チョコレート効果は、高カカオポリフェノールによる健康への効果があると謳われている人気のチョコレートです。一方で、体に悪い一面があり買ってはいけないとも言われています。今回は、チョコレート効果について詳しく紹介し、買ってはいけないと言われる理由や食べる際の注意点なども紹介します。

チョコレート効果を買ってはいけないと言われる理由は?デメリットは何?

ここでは、チョコレート効果を買ってはいけないと言われる理由を、商品に含まれる成分とともにデメリットも紹介するので参考にして下さい。

①カドミウム・ニッケルなどの重金属

100gあたり カドミウム ニッケル
高カカオチョコレート 24μg 590μg
通常のチョコレート 4μg 180μg

上記の表は、高カカオチョコレートと通常のチョコレートの、100gあたりのカドミウム・ニッケルの量を表したものです。カドミウムは、腎臓機能障害や骨粗しょう症などの病気を引き起こす恐れのある重金属です。

体重50kgあたりの1週間のカドミウム耐用摂取量は350μgとされているので、高カカオチョコレートを食べてすぐに健康被害を起こすことはありません。しかし、大量に摂取することを避けるなどの注意が必要です。ニッケルの1日の耐容摂取量は550μgとされ、高カカオチョコレート100gに含まれる量はそれ以上の数値です。ニッケルは発がん性のある重金属なので、チョコレート効果などの高カカオチョコレートを食べる量には留意しなければなりません。

カドミウムやニッケルは土壌に含まれる重金属で、カカオの育つ土壌環境によってこの数値は変化します。ただし、高カカオチョコレートはカカオの含有量が高いため、カドミウムやニッケルを多く含む傾向があります。カカオに含まれるカドミウム量は世界的に問題視されており、これがチョコレート効果を買ってはいけないと言われる理由のひとつです。

②カロリー・脂質が多く含まれる

100gあたり カロリー 脂質
高カカオチョコレート 645kcal 52.5g
通常のチョコレート 562kcal 34.2g

上記の表は、高カカオチョコレートと通常のチョコレートに含まれるカロリーと脂質量を表しています。カカオは油脂を多く含むため、高カカオチョコレートは脂質の含有量が高くなり、脂質の量に比例してカロリーも高い傾向があります。

30~49歳男性の脂質目標摂取量は59以上74未満とされますが、高カカオチョコレートの100g当たりの脂質52.5gはそれに近い数値です。また、1日のエネルギー必要量は2650kcalとされています。1日の間にほかの食事からも脂質やカロリーを摂取することを考えると、高カカオチョコレートを食べる量を抑える必要があるでしょう。

ただし、高カカオチョコレートは脂質が多い食品であるものの、原材料であるカカオバターは良質で体に吸収されにくく太りにくい油脂です。一方で、原材料に植物性油脂が使われている通常のチョコレートは太りやすいと言われています。高カカオチョコレートの中にも植物性油脂が含まれている商品もありますが、チョコレート効果は植物性油脂を使用していません。

③テオブロミン・カフェインが多く含まれる

100gあたり テオブロミン カフェイン
高カカオチョコレート 1100mg 120mg
通常のチョコレート 250mg 25mg

上記の表は、高カカオチョコレートと通常のチョコレートに含まれる、テオブロミンとカフェイン量を表したものです。高カカオチョコレートに含まれるテオブロミンやカフェインの量は、通常のチョコレートの4倍以上含まれている商品もあり、買ってはいけないと言われる理由のひとつとなっています。

テオブロミンやカフェインは、コーヒーやお茶にも含まれる利尿作用や興奮作用のある成分です。テオブロミンやカフェインに対する感受性は人それぞれですが、敏感な人に加え子供や年配の人は、特に利尿・興奮作用を感じやすいので注意しましょう。

チョコレート効果を食べる際の注意点は?

ここでは、チョコレート効果などの高カカオチョコレートを食べる際の注意点を紹介します。買ってはいけないと言われるデメリットを避け、健康効果を上手に得るためには、何枚食べれば良いかも紹介するので参考にしてください。

①間食として適度に食べる

前述したように、高カカオチョコレートは油脂やカロリーのほか体に作用を及ぼす成分を多く含み、過剰摂取は避けるべきなので間食として適度な量を食べるようにしましょう。健康に効果があると言われるカカオポリフェノールは、1度に多く摂取しても排出されてしまうため、少しずつ摂取することが重要です。1日に3~5枚を目安に食べるのをおすすめします。

②特定の薬品を服用している人は注意が必要

テオフィリンなどの気管支拡張作用薬を服用している人は、高カカオチョコレートの摂取量に注意が必要です。なぜなら、高カカオチョコレートに多く含まれるデオブロミンは、利尿・興奮作用のほかに気管支拡張作用も持つ成分であるためです。気管支拡張作用のある薬を飲む人は、チョコレート効果を大量に食べないようにしてください。

③金属アレルギーの場合は注意が必要

高カカオチョコレートに高い数値で含まれる可能性もあるニッケルですが、ニッケルに対する金属アレルギーを持つ人は注意が必要です。ニッケルは接触性の金属アレルギーであるものの、アレルギーを持つ人が経口摂取すると全身に発症する恐れもあります。

ニッケルアレルギーの人がチョコレート効果を食べる際には少量ずつ試すか、食べるのを避けた方が良いかもしれません。

チョコレート効果は体に良い効果もある?

チョコレート効果は買ってはいけないと言われることもありますが、カカオポリフェノールが持つ健康効果を生かした人気の商品です。ここでは、チョコレート効果が持つ体に良い効果について紹介します。

①アンチエイジング・生活習慣病予防

カカオポリフェノールは高い抗酸化作用を持っていて、活性酸素の働きを抑制し、アンチエイジングや生活習慣病予防などの効果が期待できます。カカオポリフェノールの含有量が多いほど効果は高いので、数値が高い商品を選ぶとよいでしょう。逆に、植物性油脂を多く含んだ通常のチョコレートには、アンチエイジングや生活習慣病の予防効果はありません。

チョコレート効果には当てはまりませんが、高カカオチョコレートと謳っていても植物性油脂を含むチョコレートがあるので、原材料をよく見ることをおすすめします。

②便秘改善

カカオポリフェノールには食物繊維が多く含まれるため、便秘改善にも効果があると言われています。食物繊維は胃腸の働きを整えたり、便のかさを増やしたりする作用があるので、チョコレート効果を適量食べて腸内環境を整えましょう。

③血圧の上昇を抑制する

チョコレート効果に含まれるカカオポリフェノールには、健康の維持には欠かせない血圧の上昇を抑制する効果があります。カカオポリフェノールを摂取すると血管を広げる作用が働き、その結果血圧が低下する効果が期待できます。ただし、血圧上昇抑制の効果を上手に生かすためには、高カカオチョコレートの1日の摂取量を守ることが重要です。

④血中の糖分の上昇を抑制する

高カカオチョコレートには、血中の糖分濃度の上昇を抑制する働きがあります。このような働きをする食品を低GI食品と呼び、チョコレート効果のような高カカオチョコレートは低GI食品に含まれます。低GI食品が持つ血糖値の急上昇を抑える働きを効果的に得るためには、チョコレートを食前に食べることがおすすめです。

チョコレート効果のおすすめ商品は?

チョコレート効果には様々な種類があり、商品によってカカオや脂質・カフェインの含有量も異なります。ここでは、チョコレート効果のおすすめの商品を紹介するので、購入する時の参考にしてください。

①チョコレート効果カカオ95%大袋(12個セット6,852円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/sundrug/4902777102115x12/

カカオ95%なのでカカオポリフェノールの含有量は多く、適量を守れば健康にも効果的です。100gあたりのカフェイン含有量はコーヒー2杯分にも及ぶので、特にカフェインに敏感な人は食べる量に注意が必要です。

明治 チョコレート効果カカオ95%大袋 180G【12個セット】

②チョコレート効果カカオ72%素焼きアーモンド(10個セット4,380円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/okasinofesuta/10001232/

カカオ72%でナッツも含まれているので、カカオの苦味が苦手な人も食べやすい商品です。ナッツはカカオポリフェノールと同様に、血糖値の上昇を抑える効果もあります。チョコレート効果のシリーズの中では、カフェインや脂質の量が最も少ないのが特徴です。

明治 チョコレート効果カカオ72% 素焼きアーモンド 81g ×10個

③チョコレート効果カカオ86%(6個セット3,267円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/ever-shop/4902777026398a/

こちらはカカオ86%の含有量で、チョコレート効果の商品の中では95%・72%の真ん中に位置します。脂質の含有量は100gあたり44gと高い数値ですが、個包装されており量を調整しやすいので、脂質の摂取量を意識しながら食べることができます。

明治 チョコレート効果カカオ86%26枚入り 130g×6個

チョコレート効果にはデメリットもあるので注意しよう

高カカオポリフェノールのチョコレート効果には健康に効果がある一方で、含まれる成分に問題があり、買ってはいけないと言われる一面もあります。今回紹介したメリットとデメリットを理解し、チョコレート効果を上手に生活に取り入れてください。

関連する記事

×