ポトフはダイエットに効果あり?理由は?材料・レシピのおすすめを紹介!

【管理栄養士監修】ポトフダイエットを知っていますか?本当に効果はあるのでしょうか?今回は、ポトフがダイエットに向いている理由や、やり方のポイントなどを口コミ調査とともに紹介します。ポトフダイエットの注意点やレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 熊橋麻実
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・...
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・記事執筆などの活動をしながら、現役で園児の給食管理を行っています。これまでの経験を活かし、栄養学の知識をわかりやすくお伝えできればと思います。

目次

  1. ポトフダイエットとは?
  2. ポトフがダイエットに向いている理由は?
  3. ①栄養のバランスが良い
  4. ②満足感が高い
  5. ポトフの材料のおすすめは?効果は?
  6. ①人参
  7. ②玉ねぎ
  8. ③キャベツ
  9. ④じゃがいも
  10. ⑤キノコ類
  11. ポトフダイエットのやり方・ポイントは?
  12. ポトフを1日のうち1食に置き換える
  13. 長期間続ける
  14. ポトフダイエットの効果はいつからある?ない?【口コミ調査】
  15. ポトフダイエットで痩せた人の口コミ
  16. ポトフダイエットの効果がない人の口コミ
  17. ポトフダイエットを行う際の注意点
  18. ①1日の食事を全てポトフにしない
  19. ②糖質の高い材料を使い過ぎない
  20. ③味付けは薄めで作る
  21. ④よく噛んで食べる
  22. ポトフの献立・レシピのおすすめ
  23. ①疲労回復ダイエットポトフ
  24. ②簡単ポトフ
  25. ③味噌味のポトフ
  26. ポトフダイエットで痩せよう

ポトフダイエットとは?

ポトフダイエットとは、フランスの家庭料理であるポトフを日々の食事に取り入れる事で、健康的なダイエット効果が期待できるものです。さらに、ポトフはその栄養面から、健康と美容効果も期待できる事で注目を集めています。今回はポトフダイエットによる健康効果と効能、レシピと口コミを合わせて取り上げます。

ただし、ダイエットは運動・規則正しい食生活が基本で、それに加えてポトフを活用することで効果が引き出されます。決してポトフだけに頼らないようにしましょう。(※6)

ポトフがダイエットに向いている理由は?

ポトフはフランス発祥の煮込み料理で、様々な野菜をお肉の塊と一緒に煮込む事で出来上がります。味付けはシンプルで、塩コショウとハーブでするのが基本の作り方です。では、そんなポトフがダイエット向きと言われる理由はどこにあるのでしょうか?

①栄養のバランスが良い

ポトフはたくさんの野菜とお肉を一緒に煮込む料理で、非常に栄養バランスが優れています。様々な野菜を使う事で、ビタミン、ミネラルに食物繊維をたっぷりと摂る事が出来ます。

また、ダイエット中はカロリーを気にして野菜のみを食べたり、タンパク質や炭水化物を減らすなどして栄養バランスが崩れがちです。ポトフは栄養三食の主食・主菜・副菜の栄養をバランス良く摂ることができ、一皿あたり200kcal未満とカロリーも低いので上手に取り入れればダイエットの効果も期待出来るでしょう。(※5)

熊橋麻実

管理栄養士

ポトフは三大栄養素の炭水化物・脂質・たんぱく質に加えて、ビタミン・ミネラルも摂取できる料理です。栄養バランスが整えやすいので、健康的なダイエットをするにはぴったりです。

②満足感が高い

ポトフは腹持ちが良く、満足度が高い食事です。脳は不足した栄養素を補う為に食欲を促す様に出来ているので、栄養バランスがしっかり摂れた食事をする事で食べ過ぎを防ぐ事が出来ます。

また、ポトフはさまざまな種類の野菜を使っており、食物繊維もたっぷり摂れます。食物繊維は消化されにくい上、水分を吸収してお腹の中で膨らむので腹持ちが良く空腹感を感じにくくなります。また、しっかりと咀嚼する事で、満腹中枢を刺激して満足度を高めてくれます。

ポトフの材料のおすすめは?効果は?

ポトフの食材に特に決まりはなく、好きな食材をひとつの鍋で煮込むだけで出来上がります。手軽に手に入るポトフ向きの食材で、栄養価が高くダイエット向きの食材を紹介していきます。

①人参

人参は、ほうれん草の2倍、トマトの10倍程と多くのβカロチンが含まれています。βカロチンとはカロテノイド色素の一種で、体内に入るとビタミンAに変換され、抗酸化作用を発揮します。βカロチンは細胞や粘膜を強化し、体の免疫力を上げ、アンチエイジング、生活習慣病の予防に体の健康維持に欠かせない栄養素です。

②玉ねぎ

玉ねぎの成分で注目すべきは、硫化アリルとケルセチンです。硫化アリルは血液をサラサラにして血行を良くし、血圧の上昇も防いでくれます。また、体内でのビタミンB1の吸収を高めるので疲労回復、生活習慣病の予防を期待できます。

ケルセチンはフラボノイドの一種で、植物性ポリフェノールと言われています。ケルセチンには活性酸素を取り除く抗酸化作用があって免疫力の向上とアンチエイジング効果がありますし、脂肪の吸収を抑えるのでダイエットにも効果的です。更に、玉ねぎにはオリゴ糖も含まれるので腸内環境を整えてくれる効果も期待できます。

③キャベツ

ビタミンCやビタミンUを豊富に含む、キャベツもポトフにはおすすめの材料です。ビタミンUは別名・キャベジンと言われ、胃腸の調子を整えてくれる成分です。また、カルシウムと骨を丈夫にするビタミンKを含んでいるので、骨の強化に期待が出来る食材です。

関連する記事

×