にんにくの食べ過ぎで下痢・腹痛になる原因は?適量や対処法・予防策も紹介!

【管理栄養士監修】にんにくを食べ過ぎると腹痛・下痢になりやすいと知っていますか?今回は、にんにくで腹痛・下痢になる原因やなった場合の対処法を紹介します。にんにく料理を美味しく楽しむためにも食前・食事中にできる予防法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. にんにくは食べ過ぎはどれくらい?下痢・腹痛になる?
  2. にんにくの1日の適量は「1片」
  3. にんにくの食べ過ぎによる症状の例
  4. にんにくを食べ過ぎて下痢・腹痛になる原因は?
  5. ①アリシンの過剰な殺菌作用
  6. ②にんにくへのアレルギー反応
  7. ③体調自体が悪い
  8. にんにくで下痢・腹痛になった時の対処法
  9. ①水分を摂取する
  10. ②アレルギーの可能性がある場合は食べるのを止める
  11. ③ヨーグルトや発酵食品を食べて腸内環境を整える
  12. にんにくを食べても下痢・腹痛を予防できる方法は?
  13. ①生ではなく加熱調理する
  14. ②タンパク質性の食材と食べ合わせる
  15. ③空腹の状態で食べない
  16. にんにくの食べ過ぎには注意しよう

にんにくは食べ過ぎはどれくらい?下痢・腹痛になる?

にんにくはスタミナや精力が付くことから、疲労がたまった時やここぞという時に食べる人も多い食材です。しかし、食べ過ぎると下痢・腹痛など体に害を及ぼす可能性があります。ではいったい、どこからが食べ過ぎにあたり、1日の適量はどの程度なのでしょうか?

にんにくの1日の適量は「1片」

1日で摂取するにんにくの適量は、個人差があることは当然ですが、生か加熱してあるかで変わります。まず生やおろしたにんにくの場合は、1日に1片が適量です。そして加熱した場合個人差はありますが、1日に4片ほどまで食べられます。

適量よりも少し多く食べたからと言って、すぐに下痢や腹痛など体に悪影響が起こるわけではなく、例えば1日ににんにくを10片ほど食べたりすると過剰摂取にあたります。ただ、普段の食事でにんにくを10片も食べることは意図的でない限りあり得ませんので、過剰に心配する必要はないでしょう。

にんにくの食べ過ぎによる症状の例

にんにくを食べ過ぎるとその殺菌作用の強さから、胃腸に強い刺激が加わるため、身体に悪影響が出ることがあり、よく言われる下痢・腹痛以外では以下のような症状があります。

・吐き気、めまい
・肌荒れ
・下痢や便秘
・貧血
・口内炎や口角炎

あまりに食べ過ぎると、症状が強く出てしまい救急車で運ばれた事例もあるため注意が必要です。体質や食べた時の体調により、症状の発生や強さは変わりますが、生にんにくであれば1日「1片」といった適量の目安を守れば大抵は問題ありません。食べるにんにくの量を増やすにしても、徐々に増やすなどして、自分のキャパシティを把握することが大切です。

にんにくを食べ過ぎて下痢・腹痛になる原因は?

にんにくを食べ過ぎなければ問題ないように思われますが、にんにくの影響力を知り症状が出る原因を把握することは大切です。今回は、にんにくを食べ過ぎて下痢・腹痛になる3つの原因を紹介します。

①アリシンの過剰な殺菌作用

にんにくにはアリシンという成分があります。このアリシンは、生の状態で含まれるアイリンと酵素が反応してできる成分です。強い殺菌効果が特徴ですが、食べ過ぎれば胃腸の壁が破壊されてしまいます。

また胃腸の中の良い細菌まで殺菌してしまうので、腸内環境が乱れる可能性もあります。腸内環境が乱れれば消化不良を起こしやすく、下痢や腹痛を起こしやすい状態になってしまうのです。適量では良い効果を発揮しますが、それが増えすぎると効果も強まるので注意が必要です。

②にんにくへのアレルギー反応

にんにくを食べた後、下痢や腹痛の他に吐き気や蕁麻疹、呼吸困難、高熱がする場合はアレルギーの可能性もあります。にんにくも植物なので、個人の体質にもよりますがアレルギーが全く出ないとも言い切れません。

蕁麻疹は肉眼で確認できるアレルギー反応なので、もし症状が出た場合はすぐに食べるのを止めて病院で受診するようにしましょう。

③体調自体が悪い

二日酔いや風邪気味、ストレスが続いた時などの体調不良時は、臭いに敏感になり胃腸の働きも弱くなります。このような状態の時に、臭いも刺激も強いにんにくを食べれば体調不良を起こす可能性があります。

そのため体調不良時は避け、少しでも胃腸に不安があり吐き気などの心配がある場合は様子をみることをおすすめします。また普段からストレス管理を行い、定期的にストレスを解消して1人で溜め込まないようにしましょう。

にんにくで下痢・腹痛になった時の対処法

どんなに気を付けていても、下痢や腹痛になってしまう場合もあります。その時に対処法を知らなければ、我慢するしかなく辛い思いをしかねません。しかし対処法を知っていれば避けることができる可能性があります。

また防ぐことが難しかった場合でも下痢や腹痛の程度を抑える効果も期待できるので、以下ですぐに実践できる3つの対処法を詳しく説明します。

①水分を摂取する

下痢や腹痛が起きた場合はすぐに水を飲みましょう。下痢なのに水を飲んでも問題はないのか心配になる人もいるかもしれませんが、問題ありません。その際冷たい水は刺激になるので、できれば常温や白湯をおすすめします。

にんにくの成分のアリシンは水に溶ける性質があるため、水に溶けることで刺激が弱まり、症状を緩和させる効果が期待できるのでおすすめです。キャベツを始めとした水分を多く含む食材を食べても同じ効果が得られます。

またラーメンのトッピングやスープのアクセントのように、水分と一緒に食べることも有効です。様々な食べ方ができるので、もし下痢や腹痛が出始めたら水分を意識しましょう。

石川桃子

管理栄養士

選ぶ料理にひと工夫あるとにんにくが原因で起こる不調を予防できるので生のニンニクを食べる機会があったときは積極的に野菜やスープを食べるようにすると良いですね。

②アレルギーの可能性がある場合は食べるのを止める

元々にんにくアレルギーと診断がついている人であれば、にんにく料理は避けるので問題はありません。しかしアレルギーの検査をしたことがなく、少量のにんにくで体調不良を起こした場合はアレルギーの可能性があります。

また餃子やイタリアン料理と種類の違うにんにく料理を食べた後に、毎回体調不良を起こす場合もアレルギーの可能性が考えられます。その場合はまずはにんにく料理を食べることは止めて、病院を受診した方が良いです。市販薬でアレルギー用の薬もありますが、医師に診てもらった方が安心です。

③ヨーグルトや発酵食品を食べて腸内環境を整える

にんにくによる体調不良の原因は腸内環境が乱れることから、ヨーグルトや発酵食品を意識して摂ることも効果的です。発酵食品にはチーズや味噌、キムチ、納豆などがあります。

ヨーグルトの場合も同様ですが、これらには腸内環境を整える作用があります。普段から意識して摂れれば一番いいですが、最初にこれらの食品を食べて対策しましょう。胃粘膜が保護されるので、症状が緩和される可能性があります。

にんにくを食べても下痢・腹痛を予防できる方法は?

にんにくを食べてからの対処法も大事ですが、そうなる前に予防法を知り対策できた方が安心です。難しいことはなく、普段の生活の中ですぐにできる方法ばかりです。

以下ではにんにくの調理法や食べ合わせ、胃腸の状態に注目して3つ紹介します。ぜひ参考にして、家族や友達と共有しましょう。

①生ではなく加熱調理する

にんにくを食べる時は生ではなく、加熱した方が良いです。なぜなら加熱することで酵素が働かなくなるため、アリインがアリシンに変わらなくなります。その分刺激が抑えられるので、体調不良が起こりにくいためです。

適量を守ることが基本にはなりますが、胃腸に不安のある場合は生を避けて加熱したにんにくを選ぶと安心です。ただし加熱の中でも油とにんにくの組み合わせはおすすめできません。

なぜならにんにくの胃腸への刺激がさらに強くなってしまう可能性があるためです。アヒージョなど油とにんにくの組み合わせは美味しいですが、少量にして味を楽しむようにしましょう。

②タンパク質性の食材と食べ合わせる

にんにくを食べる時は、タンパク質が豊富な食材と一緒に食べると吐き気などの体調不良を起こす可能性が低くなります。なぜなら臭いの元でもあるアリシンがタンパク質と結びつき、刺激が弱まるためです。そのため、普段からタンパク質の多い食材と一緒に調理するよう意識することが大切です。

なおタンパク質の多い食材には、牛乳やチーズ、豆類、肉、魚、卵が挙げられます。特にチーズは体内に溜まったにんにくの臭いにも効果を発揮します。また外食が多い人でも、牛乳であればにんにく料理の前に飲むだけなので実践しやすいです。賢く食べ合わせれば、メリットは多いです。

石川桃子

管理栄養士

実は日本人の中で牛乳に含まれる乳糖を分解できない方もいらっしゃいます。そういった方は牛乳やヨーグルトなんかを食べた後にお腹が痛くなったり下してしまったりなどの症状が現れます。そういった方は積極的に他のタンパク質を選ぶようにしましょう。

③空腹の状態で食べない

にんにく料理は強い臭いや食欲を増す美味しさから、あえてお腹を空かしてたくさん食べる人も多いです。しかしにんにくを食べる場合は順番を変えて、空腹時を避けるのが体調不良を起こさないコツです。空腹時は胃腸が敏感な状態になっていることが多く、そこに刺激の強いにんにくが入ることで吐き気などを起こす可能性があります。

何かをつまんだ後にんにく料理を食べるのもいいです。しかしそれが難しい場合は、食べる順番を変えることで空腹を避けてにんにく料理を楽しむのも効果があります。大切なことは空腹を避けることなので、それを意識することでにんにくの魅力だけを楽しむことができるのです。

にんにくの食べ過ぎには注意しよう

にんにくは適量であれば、食欲が増しスタミナが付きとメリットは多いです。しかし食べ過ぎれば下痢や腹痛、吐き気のように体調不良を起こす原因となってしまいます。改めて適量と調理法、食べ方を確認して実践すれば、にんにくの持つ魅力だけを吸収することは可能です。普段料理に使いやすい食材だからこそ、気を付けてみてください。

関連する記事