ニラの栄養素と効能は?加熱NG?栄養成分を逃さない調理法やレシピのおすすめも!

【管理栄養士監修】ニラに含まれる栄養素を知っていますか?古事記の時代からニラは食べられてきました。今回は、ニラの栄養成分・効能に加え、栄養素を逃さない調理法・食べ方を紹介します。ニラの栄養価・鮮度を維持して保存する方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 片村優美
HP
ポートフォリオ
Twitter
管理栄養士All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、...
HP
ポートフォリオ
Twitter
管理栄養士All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、なにが正しくて誤りなのか分からなくなることもありますよね。普段の食生活に役立つような、正しい情報をわかりやすくご紹介していきたいです。

目次

  1. ニラはどんな野菜?
  2. ニラの種類と旬
  3. 新鮮なニラの選び方
  4. ニラの栄養成分と効能
  5. ①βカロテン
  6. ②ビタミンE
  7. ③食物繊維
  8. ④アリシン
  9. ⑤葉酸
  10. ニラの栄養成分を逃さない調理法・食べ方は?
  11. ①生で食べる
  12. ②食べ合わせを考える
  13. ③油で調理する
  14. ニラの栄養価・鮮度を維持して保存するには?
  15. 冷蔵での保存方法・期間
  16. 冷凍での保存方法・期間
  17. ニラの栄養が取れるレシピのおすすめ
  18. ニラは栄養豊富な野菜

ニラをたくさん入れて、たんぱく質からミネラル、ビタミンまで栄養満点のお味噌汁です。ニラは先に切って30分以上置いてから使うとアリシンの効果が落ちません。

さばと厚揚げのごま味噌汁 by おいしい健康 - 管理栄養士監修のレシピ検索・献立作成:おいしい健康 - 女性の健康と美容

③炒め煮レバーのニラ和え

出典:https://img.cpcdn.com/recipes/3290704/280x487s/08e0f4863b74e9a08300af688c5a216f.jpg?u=12800275&p=1436631763

レバーを使う料理は通常下処理で水に浸けたり下茹でするので、せっかくの水溶性の栄養素ビタミンB12を失ってしまいます。煮詰めることで栄養素を逃さない工夫がされています。ここではニラも炒めてますが、ニラ醤油を作り置きしてかけても良いですね。

冷めても柔らか ♡レバー煮♪下処理不要 by むっちゃん♪♪♪ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが322万品

ニラは栄養豊富な野菜

ニラは一年中手に入る栄養豊富で妊婦さんに必要な成分のあるパワフルな野菜です。栄養素の特性を配慮して効果的にとりたい食材ですね。

関連する記事

×