マッコリのカロリー・糖質は?太る?栄養効果やダイエット向きの飲み方を紹介!

【管理栄養士監修】マッコリのカロリー・糖質について知っていますか?今回は、マッコリのカロリー・糖質を他の酒類と比較し、マッコリのカロリー(100ml)を消費するのに必要な運動量や栄養効果を紹介します。マッコリをよりダイエット向きにする方法や太りにくい飲み方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. マッコリのカロリー・糖質は?太る?
  2. マッコリのカロリー・糖質を他の酒類と比較
  3. マッコリ(100ml)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  4. マッコリの栄養や効果・効能は?
  5. ①乳酸菌
  6. ②ビタミンB群
  7. ③タンパク質
  8. マッコリをよりダイエット向きにする方法は?
  9. ①生マッコリにする
  10. ②水や炭酸水で割る
  11. マッコリのダイエット向きの太りにくい飲み方は?
  12. ①寝る直前に飲むのは避ける
  13. ②高カロリーのおつまみは避ける
  14. ③マッコリを飲み過ぎない
  15. マッコリのカロリー・糖質には気をつけよう

マッコリのカロリー・糖質は?太る?

韓国のお酒として知られるマッコリは甘い味わいの女性にも人気のあるお酒です。マッコリは飲んでも太りにくいとの噂もありますが、実際のカロリーや糖質の量はどれくらいなのか紹介します。

マッコリのカロリー・糖質を他の酒類と比較

100mlあたり カロリー 糖質
マッコリ 46kcal 1.2g
焼酎 140kcal 0g
ウイスキー 250kcal 0g
ワイン 70kcal 1.5g
梅酒 156kcal 20g
日本酒 100kcal 3.2g
ビール 37kcal 3g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です

上記の表は、マッコリのカロリーを他のお酒と比較したものですが、マッコリはお酒の中では比較的カロリーが低い部類に属するお酒です。マッコリよりカロリーが少し低いのがビールですが、糖質はマッコリの方がビールの半分以下と少ない傾向にあります。焼酎やウイスキーなどは糖質を含みませんが、カロリーが非常に高いため、注意が必要です。

糖質は太る原因になりやすいので、糖質量が少なめかつカロリーも低めのマッコリはダイエットに向いているお酒と言えるでしょう。

(*太らないお酒について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

太らないお酒とは?低カロリーでダイエット中でも痩せる種類・飲み方を解説!

マッコリ(100ml)のカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 17分
ジョギング 10分
自転車 7分
ストレッチ 21分
階段登り 6分
掃除機かけ 15分
(46kcalを消費する前提)

上記はマッコリ100mlのカロリーに相当する46kcalを消費するために必要な運動量ですが、表からも分かるとおり、自転車や階段登りのようなハードな運動であれば、10分以内で消費することができます。

ウォーキングのような軽い運動でも20分以内の運動で消費可能なので、普段よりも少し多めに歩くことを意識するだけでも、飲んだ分のカロリーを消費できます。

マッコリは低カロリー低糖質でダイエットに向いているお酒ですが、甘みがあって飲みやすい上ため、飲み過ぎてしまうこともあるかもしれません。そのような場合でも、軽い運動を意識することで飲んだ分のカロリーは相殺できるので、ダイエット中の方にも比較的おすすめのお酒と言えるでしょう。

マッコリの栄養や効果・効能は?

マッコリはカロリーと糖質も低く、ダイエットに向いていますが、栄養素はどうでしょうか?ここでは、マッコリに含まれる栄養素の美容やダイエット、健康面への効果・効能について紹介します。

①乳酸菌

マッコリには整腸作用を持つ乳酸菌が豊富に含まれており、便秘の改善にも役立ちます。また、便秘は代謝を下げて太りやすくなるので、特に便秘がちな方はダイエット効果も期待できるでしょう。ほかにも。中性脂肪やコレステロールを低下させる健康にも良い効果があります。

マッコリにはこの乳酸菌が1mlあたり約1億個も入っているとされるため、コップ1杯強にあたる200mlを飲めば200億個もの乳酸菌が摂取できます。さらに、マッコリに含まれる乳酸菌は、酸性の環境に強い植物性乳酸菌なので、胃で分解されずに腸まで届くのも特徴です。

乳酸菌は、特に生マッコリに多く含まれているので、腸内環境を整えたい方はお酒の場では生マッコリを飲むようにすると良いでしょう。(※2)

②ビタミンB群

マッコリには美肌効果があるビタミンB群も豊富に含まれているため、肌の張りやつやなどが気になる方にもおすすめのお酒です。ビタミンB群以外にも乳酸・クエン酸・リンゴ酸などの美肌効果が期待できる成分も含まれており、ビタミンB群との相乗効果で美白効果も期待できます。

また、ビタミンB群には代謝を向上させる効果もあることから、ダイエットの成功にも役立つでしょう。ほかにも、ビタミンB群は視力の回復や疲労回復にも効果があると言われているため、マッコリは疲れを感じがちな方にもおすすめです。(※3)

③タンパク質

関連する記事

×