マカダミアナッツのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット向きの食べ方なども紹介!

【管理栄養士監修】マカダミアナッツのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、マカダミアナッツ(1粒/100g)のカロリー・糖質量を他のナッツ類と比較し、栄養素とダイエット効果なども紹介します。マカダミアナッツのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きのレシピも紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. マカダミアナッツのカロリー・糖質量は?
  2. マカダミアナッツ(1粒/100g)のカロリー・糖質など栄養価
  3. マカダミアナッツ(100g)のカロリー・糖質を他のナッツ類と比較
  4. マカダミアナッツ(5粒)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. マカダミアナッツの栄養素は?ダイエット効果ある?
  6. ①食物繊維
  7. ②パルミトレイン酸
  8. ③ビタミンB群
  9. ④不飽和脂肪酸
  10. マカダミアナッツのダイエット向きの食べ方
  11. ①食べ過ぎない
  12. ②無添加なものを選ぶ
  13. ③間食に置き換える
  14. ④よく噛んで食べる
  15. ⑤牛乳と一緒に食べる
  16. マカダミアナッツのカロリーに注意して食べよう

⑤牛乳と一緒に食べる

マカダミアナッツを食べるときには、牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。マカダミアナッツにはマグネシウムや鉄などのミネラルが含まれていますが、牛乳はそういったミネラルの吸収を助ける効果があります。ミネラルの不足は代謝を下げて太りやすくなってしまうことがあるので、マカダミアナッツと牛乳を組み合わせて効率的に補給しましょう。

(*ナッツを食べすぎるとどうなるかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ナッツの食べ過ぎは危険?病気になる?症状例・1日の適量から対処法まで紹介!

マカダミアナッツのカロリーに注意して食べよう

カロリーは高いマカダミアナッツは食べ過ぎれば太る原因になりますが、栄養素も豊富なので、適量であればとても体にいい食べ物です。一日に食べる個数を守り、カロリーの取りすぎには注意して食べましょう。

関連する記事

×