カッテージチーズのカロリー・糖質は?栄養価やダイエット効果に加えレシピも紹介!

【管理栄養士監修】カッテージチーズ のカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、カッテージチーズ のカロリー・糖質量を他の種類のチーズと比較し、栄養素やダイエット効果・効能を紹介します。カッテージチーズ のカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの作り方・食べ方に加えてレシピも紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 一瀬 ゆかり
Ameba
管理栄養士、食生活アドバイザー。保育園給食の献立作成・調理を始め、食育サイトHAPIKU(ハピク)での栄養相談、食の悩みを抱える家庭への出張料理、企業内での野菜の食育セミナー、...
Ameba
管理栄養士、食生活アドバイザー。保育園給食の献立作成・調理を始め、食育サイトHAPIKU(ハピク)での栄養相談、食の悩みを抱える家庭への出張料理、企業内での野菜の食育セミナー、料理教室の開催などの活動をしています。 「食べて健康、食べて笑顔」をモットーに、わかりやすい情報をお届けします。 ブログでは、料理や健康について更新しています。

目次

  1. カッテージチーズ のカロリー・糖質は?
  2. カッテージチーズ のカロリー・糖質などの栄養価
  3. カッテージチーズ のカロリー・糖質量を他のチーズと比較
  4. カッテージチーズ (100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  5. カッテージチーズの栄養成分は?ダイエット効果・効能ある?
  6. ①タンパク質
  7. ②ビタミンB群
  8. カッテージチーズのダイエット向きの作り方・食べ方は?
  9. ①豆乳を使って作る
  10. ②低脂肪牛乳を使って作る
  11. ③ヨーグルトでカッテージチーズ
  12. カッテージチーズ を使ったダイエット向きレシピ
  13. ①小松菜とカッテージチーズの白和え
  14. ②カッテージチーズとアボカドのドリア
  15. ③カッテージチーズのチーズケーキ
  16. カッテージチーズのカロリーに注意して食べよう

①タンパク質

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
13.3g 60g 22%

タンパク質は、臓器や筋肉、髪、肌、爪の材料となるだけでなく、栄養素の運搬をしたり、免疫物質、体内のホルモンや酵素を作ったり、エネルギー源にもなっている大切な栄養素です。ダイエット中はカロリーを意識するあまり、食事量が減ってタンパク質が不足しやすくなります。

タンパク質をしっかり摂り、筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がると、太りにくくなります。カッテージチーズは、低脂肪でタンパク質が豊富なので、ダイエット中の人のみでなく、ヘルシーな食事を心がけている人にもおすすめです。(※2)

一瀬 ゆかり

管理栄養士

カッテージチーズは、ひき肉と形状が似ていてタンパク質も多く含まれるので、代用として使うことができます。ひき肉の1/3程度を置き換えることで、カロリーオフに役立ちます。加熱しても溶けにくく、コクがあるので満足感が得やすいですよ。

②ビタミンB群

ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 パントテン酸 ナイアシン
含有量(100g) 0.02mg 0.15mg 0.03mg 1㎍ 21㎍ 0.48mg 0.1mg
1日の摂取量の目安 1.4mg 1.6mg 1.4mg 2.4㎍ 240㎍ 5㎎ 15㎎NE
1日の摂取量に占める割合 1% 9% 2% 42% 9% 10% 1%

生きるためのエネルギーをつくる為に、欠かせない栄養素がビタミンB群で、単体では効果を発揮しにくく、お互い助け合いながら働くことから、糖質や脂質を脂肪として蓄えないためにも、バランス良く摂取する必要があります。(※2)(※3)(※4)(※5)(※6)(※7)(※8)

一瀬 ゆかり

管理栄養士

カッテージチーズにやや少なめなビタミンB1、B6、ナイアシンを補うために、種実類と組み合わせることで栄養バランスが整いやすくなります。中でも、くるみ、ごま、ピスタチオ、落花生が手に入りやすく、栄養価が高いのでおすすめです。ミックスナッツと合わせてみてもいいですね。

(*チーズのダイエット効果について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チーズのダイエット効果は?太りにくい?種類や食べ方のおすすめを紹介!

カッテージチーズのダイエット向きの作り方・食べ方は?

出典:https://cookpad.com/recipe/930066

ダイエット向き用にカッテージチーズを手作りして、食べてみましょう。どのような作り方があるのか?ダイエットに効果的な食べ方はあるのか?を調べてみましたので、参考にして下さい。

①豆乳を使って作る

牛乳よりも豆乳の方が低エネルギー、低糖質、低脂質でコレステロールも含んでいません。肥満を予防する効果が期待できる、大豆タンパクたっぷりの豆乳でカッテージチーズを作ってみましょう。少し味気がないので、塩コショウやスパイスを加えてサラダのトッピングにしたり、シロップやハチミツなどで味付けを変えてデザート作りをしてみて下さい。

あっという間の!手作りカッテージチーズ by くみんちゅキッチン 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

②低脂肪牛乳を使って作る

牛乳は脂肪分が3%以上で、低脂肪牛乳は脂肪分が0.5~1.5%以下と定められているので、脂肪分が低い分、低脂肪牛乳の方がカロリーが低くなります。ダイエット中は、パスタにパルメザンチーズの代わりにカッテージチーズをかけることで、ヘルシーに仕上がるでしょう。

★低脂肪乳で♪手作りカッテージチーズ★ レシピ・作り方 by ピッ君0129|楽天レシピ

③ヨーグルトでカッテージチーズ

関連する記事

×