鶏ハムのカロリー・糖質は?太りにくい食べ方やダイエット向きレシピも紹介!

鶏ハムのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、鶏ハムのカロリー・糖質量を豚ハムと比較し、カロリーを消費するのに必要な運動量を紹介します。鶏ハムのダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法やレシピも紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 鶏ハムのカロリー・糖質は?
  2. 鶏ハムのカロリー・糖質量を豚ハムと比較
  3. 鶏ハム(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  4. 鶏ハムの栄養素は?ダイエット効果ある?
  5. ①タンパク質
  6. ②ビタミンB1,B2
  7. ③ビタミンB6
  8. 鶏ハムのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  9. ①鶏皮を取り除いて作る
  10. ②砂糖を使わない
  11. 鶏ハムの太りにくい食べ方は?
  12. ①寝る前に食べない
  13. ②野菜と一緒に食べる
  14. ③食べ過ぎない
  15. 鶏ハムのダイエット向きレシピ
  16. 材料
  17. 作り方・レシピ
  18. 鶏ハムを美味しく食べよう

鶏ハムのカロリー・糖質は?

鶏ハムとは鶏むね肉を塩などの調味料で味付けし、ラップで巻いて茹でた料理ですが、鶏ハムのカロリーや糖質の値はご存知でしょうか。まずは鶏ハムのカロリー・糖質について説明します。

鶏ハムのカロリー・糖質量を豚ハムと比較

100gあたり カロリー 糖質 脂質
鶏ハム 192kcal 26.8g 11.3g
豚ハム 196kcal 1.3g 13.9g

※1日の摂取量は成人男性の目安です。
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

上記は鶏ハムのカロリー・糖質・脂質を、豚のロースハムと比較した表になります。カロリーはほとんど変わりませんが、糖質の値が豚ハムと比較して大きな値となっているため、ダイエット中の方は注意してください。一方、脂質量は豚ハムよりやや少ないので、糖質量と脂質量のどちらを優先するかで選ぶと良いでしょう。

鶏ハム(100g)のカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 72分
ジョギング 43分
自転車 27分
ストレッチ 86分
階段登り 24分
掃除機かけ 62分

鶏ハム(100g)のカロリーである192kcalを消費するには、上記の運動量が必要となります。比較的ハードな運動である自転車や階段登りでも20分以上消費にかかるなど、簡単には消費できない運動量のため、ダイエット中の方は食べ過ぎに注意してください。

鶏ハムの栄養素は?ダイエット効果ある?

鶏ハムにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。ここからは鶏ハムに含まれる栄養素について、ダイエット効果もあわせて説明します。

①タンパク質

ダイエットに役立つ栄養成分であるタンパク質が、鶏むね肉には豊富に含まれています。ダイエット中は食事を制限することでタンパク質が不足して筋肉量が落ちてしまいがちなので、タンパク質を適度に摂りつつ運動することで筋肉を維持、増加させることが大切です。

筋肉量が増えることで代謝が上がって日常生活の中での消費カロリーも増え、痩せやすい体に近づくので、鶏ハムなどを食べてしっかりタンパク質を補給しましょう。(※2)

②ビタミンB1,B2

鶏むね肉に含まれるビタミンB1には糖質の代謝を助け、ビタミンB2には脂質の代謝を助ける働きがあります。糖質や脂肪を効率よく燃焼させることが効果的なダイエットにつながるため、ダイエット中の方は摂取カロリーだけでなく、ビタミンB1、B2の不足にも注意しましょう。(※3)(※4)

③ビタミンB6

ビタミンB6にはタンパク質の代謝を助ける働きがあります。鶏むね肉はタンパク質を豊富に含んでいるため、ビタミンB6も同時に摂取できる鶏ハムはタンパク質の効率的な消化吸収に役立つ料理です。鶏ハムを食べると同時に適度な運動を行うと、筋肉が効率的に増加しやすくなるでしょう。(※5)

(*鶏むね肉の栄養や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

鶏胸肉の栄養素と効能は?疲労回復の効果も?カロリー・脂質や調理法のおすすめも紹介!

関連する記事