肉ダイエットは効果ある?体臭は大丈夫?痩せるやり方・部位など口コミを元に紹介!

【管理栄養士監修】肉ダイエットを知っていますか?本当に効果はあるのでしょうか?今回は、肉ダイエットの効果効能や、やり方のポイントなどを口コミ調査とともに紹介します。肉ダイエットの注意点やレシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 片村優美
HP
ポートフォリオ
Twitter
管理栄養士All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、...
HP
ポートフォリオ
Twitter
管理栄養士All about公式ガイド、Nadia Artist。食育教室や短大の非常勤講師もしています。食は身近で重要な存在です。情報過多の時代、なにが正しくて誤りなのか分からなくなることもありますよね。普段の食生活に役立つような、正しい情報をわかりやすくご紹介していきたいです。

目次

  1. 肉ダイエットとは?痩せる?
  2. 肉にあるダイエット効果・効能は?
  3. ①タンパク質による基礎代謝の向上
  4. ②L-カルニチンによる脂肪燃焼の効果
  5. ③インクレチンが血糖値の上昇を抑制する
  6. 肉ダイエットにふさわしい部位・種類は?
  7. ①鶏胸肉
  8. ②羊肉・ラム肉
  9. ③赤身肉
  10. 肉ダイエットのやり方・食べ方は?
  11. ①肉を食べる量
  12. ②肉を食べるタイミング・頻度は?毎日?
  13. ③肉の食事への取り入れ方
  14. 肉ダイエットの効果はある?ない?【口コミ調査】
  15. 肉ダイエットで成功して痩せた人の口コミ
  16. 肉ダイエットの効果がない人の口コミ
  17. 肉ダイエットを行う際の注意点・ポイントは?
  18. ①1日の食事を肉だけにしない
  19. ②よく噛んで食べる
  20. ③食べ過ぎない
  21. 肉ダイエットにデメリットはある?
  22. 肉を食べると体臭がきつくなることがある
  23. 肉ダイエットで痩せよう

肉ダイエットでは、肉と野菜を中心に取り入れるようにしてください。1日に肉を200gから300g摂取するので、通常の食事に肉を付け加える方法ではカロリーオーバーになります。例えば夕飯に赤身のステーキを食べるなら、サラダとスープを加え、ご飯を抜きましょう。肉は噛みごたえがあって満足感が高いので、ご飯を抜いても腹持ちは悪くなりません。

※肉ダイエットはあくまで、肉を活用して痩せやすくするダイエット方法であり、肉ダイエットだけをすれば痩せるわけではありません。規則正しい食生活や運動習慣とともに行うようにしましょう。(※3)

肉ダイエットの効果はある?ない?【口コミ調査】

ここまで肉ダイエットの具体的な方法などについて紹介しましたが、実際に効果があるのか気になる方もいるでしょう。ここでは、肉ダイエットの効果について、実践してみて痩せた人・痩せなかった人の口コミをそれぞれ紹介します。

肉ダイエットで成功して痩せた人の口コミ

肉ダイエットを実践して痩せた方の中には、運動や筋トレをせず、普段の食事を肉中心の食事に変えただけで1週間で3キロ痩せることに成功した人がいました。また、1週間に3回、ランチでステーキを食べていたところ2キロ痩せた人もいます。このように、人によっては短期間で効果が出やすいダイエット法のようです。

Twitterレビュー

【朗報】
運動なし、筋トレなし
肉食べる!!

だけど1週間で3キロ減った
プチダイエットの方法(°▽°)

Twitterレビュー

私も週3回ランチでステーキ食べたことがあって1週間で2kg痩せた

肉ダイエットの効果がない人の口コミ

一方で、肉ダイエットだけでは痩せることができなかった人もいます。中には、ハードな運動を行わないと痩せることができないという意見もありました。どのようなダイエット法も合う合わないがあるので、まずは体質に合うかどうかを把握するためにも試してみるのも良いでしょう。

ツイッターの口コミ

鶏胸肉ダイエットはちょっとハードな運動と一緒にやらないと効果ないってのがわかったんで今回はもうそれでよし(゚∀゚)

ツイッターの口コミ

友達に「赤身肉ダイエット何度かやってるけど効果出たことないよね」と言われた

肉ダイエットを行う際の注意点・ポイントは?

美味しい肉を食べながらダイエットができることは魅力的ですが、注意点もあります。ポイントを押さえて、正しく肉ダイエットを行いましょう。

①1日の食事を肉だけにしない

1つ目のポイントは、1日の食事を肉だけにしないことです。肉自体には栄養が豊富に含まれるものの、肉だけでは補えない栄養成分もあります。筋肉を維持する上では栄養バランスを保つことも大切で、例えば魚やきのこに豊富に含まれるビタミンDも筋肉の合成に必要な栄養素の一つです。肉だけではなく野菜やその他の食材をバランスよく取り入れましょう。(※4)

②よく噛んで食べる

2つ目のポイントは、よく噛んで食べることです。肉も食べ過ぎれば太ってしまいますが、咀嚼回数を増やすことで脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止に繋がります。また、肉は野菜や米などの他の食材に比べて消化に時間がかかる食材です。よく噛んで食べることで、消化に負担がかからなくなります。(※5)

関連する記事

×