寝る前のチョコレートは睡眠・ダイエットに効果的?選び方・食べ方のコツを紹介!

寝る前にチョコレートを食べると太るのか知っていますか?今回は、寝る前にチョコレートを食べると得られる<睡眠・ダイエット>などへの効果や、選び方・食べ方のコツを紹介します。寝る前におすすめのアレンジレシピや、商品を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 寝る前のチョコレートは太る?食べてもいいの?
  2. 寝る前のチョコレートは正しく食べればメリットが多い
  3. 寝る前にチョコレートを食べると得られる効果は?
  4. ①睡眠の質を上げる
  5. ②ダイエット効果
  6. ③便秘を解消する
  7. 寝る前のチョコレートの選び方は?
  8. ①高カカオのチョコレートを選ぶ
  9. ②ホワイトチョコレートは選ばない
  10. 寝る前にチョコレートを食べる注意点は?
  11. チョコレートを食べ過ぎない
  12. 寝る前のチョコレートにおすすめのアレンジレシピ
  13. ①ホットチョコ
  14. ②ダイエットチョコクランチ
  15. ③ホット甘酒チョコレート
  16. 寝る前のチョコレートにおすすめの商品
  17. ①GABA(ギャバ)フォースリープ まろやかミルク
  18. ②カレ・ド・ショコラ カカオ88
  19. ③チョコレート効果 カカオ95%
  20. 寝る前にチョコレートを食べてみよう

寝る前のチョコレートは太る?食べてもいいの?

チョコレートは数え切れないくらい種類があり、非常に人気の高いお菓子です。しかし、寝る前に食べるとなると、太ることや消化器官への負担を気にして控えている方は多いでしょう。実際に、寝る前にチョコレートを食べても大丈夫なのでしょうか。

寝る前のチョコレートは正しく食べればメリットが多い

チョコレートには体にいい栄養が含まれていますが、夜寝る前に、昼間に食べる場合と同じ食べ方をすれば太る可能性はあります。しかし、太らない食べ方に注意して正しくチョコレートを食べれば、寝る前に食べるチョコレートはメリットも多いのです。寝る前にチョコレートを食べる具体的なメリットについては後述するので参考にしてください。

寝る前にチョコレートを食べると得られる効果は?

夜寝る前の時間に食べるチョコレートは、この時間帯ならではの悩みの解消に一役買ってくれることもあります。ここでは、夜寝る前にチョコレートを食べることで期待できる効果について説明します。

①睡眠の質を上げる

チョコレートに含まれるテオブロミンにはリラックス効果や疲労回復効果があり、カカオポリフェノールには抗ストレス効果があります。チョコレートを寝る前に食べることで、これらの成分の力によってリラックスでき、睡眠の質も上げる効果が期待できます。

②ダイエット効果

チョコレートには様々なミネラルが含まれており、中でも亜鉛は体の新陳代謝を活発化させる、ダイエットには不可欠なミネラルです。チョコレートを食べて亜鉛をしっかりと補給することで、代謝が上がって痩せやすい体作りに役立つでしょう。

ほかにも、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには血流を促進する働きがあるため、冷えなどの改善により代謝を上げてダイエット効果を発揮します。さらにチョコレートには食物繊維も含まれており、腸内環境を整えるほか、脂質の吸収を抑制する効果を発揮します。これらの効果によってもダイエット効果が期待できる食べ物です。

③便秘を解消する

チョコレートには前述した通り食物繊維が含まれており、便量をかさ増しして排便を促すことで便秘解消に効果が期待できます。ほか、カカオプロテインという成分にも腸内環境を整える作用があるため、相乗効果によって便秘の解消に役立つでしょう。

寝る前のチョコレートの選び方は?

ここまで寝る前にチョコレートを食べる効果を紹介しましたが、ここからはチョコレートの選び方について解説します。選び方を間違えてしまうと逆効果になる場合もあるので、次の2点に注意してチョコレートを選んでみてください。

①高カカオのチョコレートを選ぶ

寝る前に食べるチョコレートは、カカオの配合率が高い高カカオチョコレートを選ぶのがおすすめです。高カカオのチョコレートは、普通のチョコレートよりもテオブロミンやカカオポリフェノールの量が多い分、健康への効果が期待できます。

ただし、カカオの配合率が高いほど苦く食べにくい味になるので、苦味が苦手な方はカカオの配合率が70%のものから試してみると良いでしょう。

②ホワイトチョコレートは選ばない

関連する記事