寝る前のチョコレートは睡眠・ダイエットに効果的?選び方・食べ方のコツを紹介!

寝る前にチョコレートを食べると太るのか知っていますか?今回は、寝る前にチョコレートを食べると得られる<睡眠・ダイエット>などへの効果や、選び方・食べ方のコツを紹介します。寝る前におすすめのアレンジレシピや、商品を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 寝る前のチョコレートは太る?食べてもいいの?
  2. 寝る前のチョコレートは正しく食べればメリットが多い
  3. 寝る前にチョコレートを食べると得られる効果は?
  4. ①睡眠の質を上げる
  5. ②ダイエット効果
  6. ③便秘を解消する
  7. 寝る前のチョコレートの選び方は?
  8. ①高カカオのチョコレートを選ぶ
  9. ②ホワイトチョコレートは選ばない
  10. 寝る前にチョコレートを食べる注意点は?
  11. チョコレートを食べ過ぎない
  12. 寝る前のチョコレートにおすすめのアレンジレシピ
  13. ①ホットチョコ
  14. ②ダイエットチョコクランチ
  15. ③ホット甘酒チョコレート
  16. 寝る前のチョコレートにおすすめの商品
  17. ①GABA(ギャバ)フォースリープ まろやかミルク
  18. ②カレ・ド・ショコラ カカオ88
  19. ③チョコレート効果 カカオ95%
  20. 寝る前にチョコレートを食べてみよう

寝る前に食べる場合は、ホワイトチョコレートは選ばないことも大切です。ホワイトチョコレートとは、チョコの苦みの元となるカカオマスを取り除いて作られたもののことで、甘く食べやすいもののカカオポリフェノールが含まれていません。

カカオポリフェノールには健康やダイエットに役立つ数々の働きがあるので、この働きを得るためにもカカオマスを使っているチョコレートを選ぶようにして下さい。

(*ホワイトチョコレートがなぜ白いのかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ホワイトチョコレートの原料に色が白い秘密あり?カカオなしでもチョコに分類される理由とは?

寝る前にチョコレートを食べる注意点は?

寝る前にチョコレートを食べるときには、いくつか注意点もあります。注意点を知っておかないと健康に悪影響を及ぼす可能性もあるので、しっかり理解しておきましょう。

チョコレートを食べ過ぎない

チョコレートにはカフェインが含まれているので、食べ過ぎると覚醒作用が働いてしまいます。チョコレートには睡眠の質を上げる効果がありますが、食べ過ぎれば逆効果になり、眠れなくなる危険性もあることを理解しておきましょう。

また、チョコレートには脂質や糖質が多く含まれており、お菓子の中でもカロリーは高めの部類に入ります。食べ過ぎればその分太る可能性が高まることにも注意が必要です。

(*チョコレートで太るかについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

チョコレートは太る?太らない?食べ過ぎにならない量やダイエット向きの食べ方を紹介!

寝る前のチョコレートにおすすめのアレンジレシピ

食べ過ぎなければ寝る前のチョコレートは体に良いことが分かりましたが、チョコレートをそのまま食べるだけでなく、アレンジすることでより効果を上げることができます。ここでは、体を温めるチョコレートレシピなどを3つ紹介します。

①ホットチョコ

出典:https://cookpad.com/recipe/4690201

牛乳に含まれるカルシウムには安眠効果があるので、温めた牛乳に溶かしたチョコレートを加えたホットチョコにして飲むのもおすすめです。牛乳との相乗効果でより睡眠の質を高められるでしょう。特に冬には体を温めることができ、より寝つきも良くなりそうです。

ホットチョコ by 阪急オアシス 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

②ダイエットチョコクランチ

出典:https://cookpad.com/recipe/5932899

グラノーラと高カカオチョコレートを組み合わせた、夜寝る前の空腹感が我慢できない時などにおすすめのレシピです。空腹感で眠れない時は、少量をよく噛んで食べるようにしましょう。

カカオ86% ダイエットチョコクランチ by みやこさん♡ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが341万品

関連する記事