世界のお酒の種類・名前一覧|人気ランキングや初心者へのおすすめも紹介!

お酒にはどんな種類があるかを知っていますか?今回は、世界のお酒の種類を〈醸造酒・蒸留酒・リキュール・カクテル〉別に一覧で紹介します。お酒の飲み方の種類も紹介するので参考にしてみてくださいね。人気のお酒や飲み方を知り、今まで以上にお酒を楽しみましょう。

目次

  1. お酒にはどんな種類があるの?
  2. お酒の分類は大きく分けて2つ
  3. お酒の種類によって変わる飲み方
  4. お酒の種類・ランキング【醸造酒】
  5. 醸造酒とは
  6. 5位:紹興酒(14度~18度)
  7. 4位:シードル(2度~8度)
  8. 3位:日本酒(22度以下)
  9. 2位:ワイン(5度~16度)
  10. 1位:ビール(5度)
  11. お酒の種類・ランキング【蒸留酒】
  12. 蒸留酒とは
  13. 9位:泡盛(30度)
  14. 8位:白酒(50度)
  15. 7位:ラム(40度~50度)
  16. 6位:テキーラ(40度)
  17. 5位:ジン(40度~50度)
  18. 4位:ウォッカ(40度)
  19. 3位:ブランデー(43度)
  20. 2位:ウィスキー(43度)
  21. 1位:焼酎(35度)
  22. お酒の種類・ランキング【リキュール】
  23. リキュールとは
  24. ①フルーツ系
  25. ②ハーブ系
  26. ③ナッツ・コーヒー系
  27. ④その他
  28. お酒の種類・ランキング【カクテル】
  29. カクテルとは
  30. 10位:カルーアミルク(ベース:カルーア)
  31. 9位:スクリュードライバー(ベース:ウォッカ)
  32. 8位:モヒート(ベース:ラム酒)
  33. 7位:シャンディガフ(ベース:ビール)
  34. 6位:カシスオレンジ(ベース:カシス)
  35. 5位:レゲエパンチ(ベース:ピーチリキュール)
  36. 4位:ミモザ(ベース:シャンパン)
  37. 3位:ソルティドッグ(ベース:ウォッカ)
  38. 2位:マティーニ(ベース:ジン)
  39. 1位:ジントニック(ベース:ジン)
  40. お酒の豆知識
  41. ①悪酔いする度数高めなお酒
  42. ②飲みやすい初心者向けのお酒
  43. ③悪酔いしないお酒
  44. お酒は世界にいろいろ種類がある

お酒にはどんな種類があるの?

お酒と一口に言っても、ビールや焼酎・カクテルなど様々な種類のものが存在します。種類によって度数も違うため酔いやすさも違い、年代による人気も異なるのが特徴です。ここからはお酒の種類を紹介するので、種類を理解して美味しくお酒を楽しみましょう。

お酒の分類は大きく分けて2つ

お酒の種類は大きく分けると下記の二つに分類することが出来ます。

・醸造酒
・蒸留酒


醸造酒とは、主に植物を発酵させて作られるお酒で、何を原料とするかによって名称や味が異なります。蒸留酒は醸造酒を煮詰めて蒸留する事でアルコール度数を高くしたお酒の事です。なお、この2つには分類されませんがカクテルを作る際に使われるリキュールは混成酒と呼ばれ、フルーツやミルクなどと割って飲むことで楽しまれるのが特徴です。

お酒の種類によって変わる飲み方

お酒は種類によって飲み方も様々で、具体的には下記のような飲み方があります。

・熱燗
・ロック
・お湯割り
・水割り


熱燗は主に日本酒でお酒自体を湯煎であたためて飲む方法です。ロックは大きめの氷をグラスに入れた後お酒を注ぐ方法で、シンプルにお酒を楽しみたい人にはぴったりの飲み方と言えるでしょう。お湯割りと水割りはお酒にお湯や水を入れて薄めて飲む方法ですが、お湯割りはお湯を先に、水割りはお酒を先に入れるのがコツです。

お酒の種類・ランキング【醸造酒】

お酒の中でも古くから親しまれているのが醸造酒です。ここでは醸造酒とは何かや、具体的にどのような種類のお酒が醸造酒に該当するのかについて紹介します。

醸造酒とは

醸造酒とは、原料となる麦やブドウなどをアルコール発酵させて作られたお酒の事です。自然の力を用いて作られたお酒で、比較的アルコール度数が低いため初心者でも飲みやすいお酒と言えるでしょう。何を原料とするかによって味わいや風味、度数も大きく異なるため、様々な醸造酒を飲んでみて違いを楽しむのもおすすめです。

5位:紹興酒(14度~18度)

出典:https://twitter.com/h9_crm/status/1329039631438921728?s=20

紹興酒は中国を原産として作られる醸造酒であり、中華料理店では必ずと言っていいほどお店に置いている種類のお酒です。日本では紹興酒の中に砂糖を入れて飲むこともありますが、これは日本独特の飲み方と言われています。

4位:シードル(2度~8度)

出典:https://twitter.com/sassycidre_jp/status/1339051659910021121/photo/4

シードルはりんごを発酵させて作る醸造酒であり、発泡性のものと非発泡性のものの2種類が存在します。まれにラズベリーや梨などを使ったシードルも発売されているので、見かけた際は是非飲んでみて下さい。度数も低めなので初心者でも飲みやすい種類のお酒と言えるでしょう。

3位:日本酒(22度以下)

出典:https://twitter.com/BmIlDRzHwSLtotu/status/1340509795506221059?s=20

日本酒は名前の通り日本で生まれた醸造酒であり、主に米と米麹から作られるお酒の事です。度数は酒税法により22度以下と定められているのも特徴と言えるでしょう。純米かどうかや、精米の具合によって大吟醸、吟醸酒などと名前が変わり、精米の具合が高ければ高い程甘くなるため初心者には飲みやすいかもしれません。

2位:ワイン(5度~16度)

出典:https://twitter.com/rikurin_mh/status/1340319244223856640/photo/1

ブドウを原料とした醸造酒はワインと呼ばれ、皮ごと漬け込むと赤ワイン、実だけを漬け込むと白ワイン、赤ワインと白ワインの中間を取ったお酒をロゼと呼びます。また、炭酸が注入されるとスパークリングワインと呼ばれるのが特徴です。

赤ワインは肉料理、白ワインは魚料理に合うとされ、フレンチレストランなどでは様々な産地や品種のワインが並んでいることが多いです。一般的には白ワインよりも赤ワインの方が度数が高いですが、漬け方や作り方によって大きく差が出るので初心者は度数を見て低いものを選ぶと酔いにくいでしょう。

1位:ビール(5度)

出典:https://twitter.com/beergirl_net/status/1340975301594148864?s=20

日本だけでなく世界中で楽しまれている醸造酒がビールです。世界中には沢山の種類のビールが存在し、使用するホップ・麦芽や発酵方法によって味が大きく異なります。また美味しいビールを作るためには水が欠かせない存在であり、湧き水が出る場所の近くで地ビールが作られる事も多いです。

お酒の種類・ランキング【蒸留酒】

前述した通り、醸造酒以外に蒸留酒という種類のお酒も存在します。ここでは醸造酒との違いや、具体的にどのようなお酒が蒸留酒に分類され、味わいや風味・度数はどの程度なのかについて紹介します。

蒸留酒とは

蒸留酒とは、醸造酒を蒸留することによって作られるお酒のことで、醸造酒からアルコール分だけを抽出しているので度数が高くなるのが特徴です。スピリッツなどとも呼ばれることもあり、麦が原料であればウォッカ、ブドウが原料であればブランデーなどと呼ばれます。ここからは蒸留酒の種類をランキング形式で紹介します。

(*蒸留酒について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

蒸留酒とは?醸造酒と違いは?種類の一覧や飲んでも太らない秘密を解説!

9位:泡盛(30度)

出典:https://twitter.com/2015kantaro/status/1338650934503559169?s=20

泡盛は日本の中でも沖縄を中心に製造されている蒸留酒であり、米を原料として作られているのが特徴です。お酒として楽しむのはもちろんのこと、調味料としても使用する事が出来、使い勝手の良いお酒と言えるでしょう。

8位:白酒(50度)

出典:https://twitter.com/shutozennin/status/1337238833713143810?s=20

白酒は中国を起源とする蒸留酒であり、とうもろこしやじゃがいも等の穀物を原料とします。中国語で白は無色透明の意味で濁りがなく澄み切った透明色を意味し、蒸留する前の醸造酒は黄酒と呼ばれています。中国の宴会の席では白酒が用意されこれで何度も乾杯する風習がありましたが、近年は大都市を中心にこの文化も廃れてきているようです。

7位:ラム(40度~50度)

出典:https://twitter.com/Yuzuremon_eg6/status/1340546655007883264/photo/1

ラム酒の原料はサトウキビで、ジン・ウォッカ・テキーラと共に四大蒸留酒と呼ばれる事もあるほど有名なお酒です。豊かな香りが特徴なので、香りを楽しむためにブランデーグラスなどに入れて飲むことも多いです。常温・冷蔵・ホットどの温度帯でも楽しむ事が出来るため、気分に応じて飲み方を変えてみるのも良いでしょう。

(*ラム酒について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ラム酒とは?美味しい飲み方・割り方は?原料や色・風味別での種類なども紹介!

6位:テキーラ(40度)

出典:https://twitter.com/kr_03041306/status/1339916147580235776?s=20

主にメキシコで作られるアガヴェを原料として作られた蒸留酒であり、アガヴェがどれくらい含まれているかによって風味が異なります。100%アガヴェで作られた蒸留酒はプレミアムテキーラと呼ばれ、高級な味わいが特徴です。度数は40度前後と高いため酔いやすく、初心者が飲むのには向いていません。

日本では小さなグラスに入れて一気に飲み干すショットと呼ばれる飲み方が有名ですが、オンザロックなどで飲んでも美味しく味わえます。

5位:ジン(40度~50度)

出典:https://twitter.com/ZtQBbgoCQc4jM8N/status/1340330699468005379?s=20

ジンは利尿作用のある薬草をアルコールに浸して蒸留させて作られており、元々は薬用酒であったと言われています。ジントニックやマティーニ、ギムレットなどカクテルのベース酒としても活躍しており、カクテルには必須のお酒とも言えるでしょう。

4位:ウォッカ(40度)

出典:https://twitter.com/ruckystrike0/status/1341367333680398337?s=20

じゃがいもや麦、とうもろこしなどを原料として作られる蒸留酒で、貯蔵や熟成を行わないため無味無臭でクリアな味わいが特徴です。ロシアやポーランドなど寒い地域で特によく飲まれる風習があります。

3位:ブランデー(43度)

出典:https://twitter.com/stock_bose/status/1340979971028742146?s=20

ブランデーは焼いたワインという意味があり、この名前の通りワインを蒸留することで作られます。現在では、ブドウ以外にもりんご、チェリー、フランボワーズなどの果物を原料とした蒸留酒についてもブランデーと呼ばれており、フルーティーな味わいが楽しめるのが特徴です。

(*ブランデーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

コニャックとは?ブランデーと違いある?味・香りなど特徴や飲み方のおすすめも紹介!

2位:ウィスキー(43度)

出典:https://twitter.com/tomakuma01/status/1341474707795628032?s=20

ウィスキーは国によって定義が様々に定められていますが、大きな特徴は発酵・蒸留の後に、木製の樽に入れて貯蔵熟成をすることと言えるでしょう。麦芽だけを原料とした物をモルトウィスキー、穀物を原料としたものをグレーンウィスキーと呼びます。

日本・アメリカ・カナダ・スコットランド・アイルランドがウィスキーの五大産地と言われており、それぞれに特徴があるため飲み比べてみるのも良いでしょう。

1位:焼酎(35度)

出典:https://twitter.com/aniskyman/status/1340677417958952961/photo/1

日本の蒸留酒として有名なのが焼酎です。焼酎には甲類と乙類があり、甲類は蒸留を何度もしているため度数が高く素材の風味が薄くて雑味が無いためチューハイなどとして飲まれることが多いです。乙類は、素材の風味を活かしているためそのままやロックなどで飲むのが美味しいと言えるでしょう。

芋や麦、米など様々な原料で造られた焼酎が存在し、味や香りも異なるため様々なお酒を飲み比べて自分好みの焼酎を探してみるのもおすすめです。なお、違いが顕著に表れるのは乙類なので、もし比較して試飲するのであれば乙類の方が適しています。

お酒の種類・ランキング【リキュール】

お酒の種類にはリキュールも存在しています。ここではリキュールとは何か、具体的にどのようなお酒が該当するのかについて説明します。様々なフレーバーがあるリキュールについて理解し、沢山の種類のお酒を楽しみましょう。

リキュールとは

リキュールとは蒸留酒に果物やハーブなどを加えて、香りや味を付けた後に、シロップや砂糖を加えて作られる種類のお酒です。カクテルだけでなくお菓子作りのアクセントとしても使用される事があります。甘みがあるため若い女性やお酒の初心者にも人気の高いお酒と言えるでしょう。何かで割る事によって度数が調整出来るところも魅力と言えます。

リキュールは以下の4つの系統に分けることができますが、ここからはそれぞれの系統のリキュールについて紹介します。

①フルーツ系

フルーツ系のリキュールには下記のような種類があります。

・リモンッチェロ
・コアントロー
・ピーチツリー


リモンチェロはレモン、コアントローはオレンジ、ピーチツリーはピーチのフレーバーのリキュールです。甘くて飲みやすいため、女性や初心者を中心に人気を集めるリキュールと言えるでしょう。

②ハーブ系

リキュールの中でも古くから歴史があると言われているのがハーブ系リキュールです。

・カンパリ
・アペロール
・電気ブラン


ハーブ系の中でももっとも有名なのがカンパリであり、飲みやすさで人気なのがアペロールです。電気ブランは日本の浅草が発祥のリキュールなので一度試してみると良いでしょう。

③ナッツ・コーヒー系

ナッツやコーヒーを原料とするリキュールは、香ばしさの中に甘さがありカクテルだけでなく製菓作りにも使われる事が多いです。

・カルーア
・アマレット
・マリブ


カルーアはミルクと割って飲むのが人気であり、お菓子のような甘さが病みつきになるカクテルです。アマレットはジンジャエール、マリブはコーラなどと割って飲むと、カクテル初心者でも飲みやすいと言われています。

④その他

上記三つに分類されないリキュールがその他のリキュールであり、具体的には下記のような種類が存在します。

・ヨーグルトリキュール
・チョコレートリキュール
・アイリッシュクリーム


カクテルにするとお菓子のような味わいが楽しめるため、女性や甘い物が好きな人を中心に人気を集めるリキュールです。デザート感覚で楽しむのも良いでしょう。

お酒の種類・ランキング【カクテル】

お酒の中でも度数が低いため比較的飲みやすく、初心者にも人気の高い種類がカクテルです。沢山の種類のカクテルが存在するので、それぞれのカクテルの特徴や風味について理解し、自分好みのカクテルを見つけましょう。

カクテルとは

カクテルとは、ベースになるお酒に更に他のお酒やジュース、割り材などを加えて作る種類のお酒です。初心者でも飲みやすく、組み合わせに応じて無限大の種類があるのも特徴です。沢山のカクテルを試して自分のお気に入りを見つけてみるのも良いでしょう。

10位:カルーアミルク(ベース:カルーア)

コーヒーリキュールのカルーアにミルクを加えて作られるカクテルであり、女性を中心に絶大な人気を誇ります。デザート感覚でお酒を楽しみたい方にはおすすめのカクテルと言えるでしょう。飲みやすいカクテルですが、度数は4度~6度と意外と高く酔いやすいので飲み過ぎには注意してください。

9位:スクリュードライバー(ベース:ウォッカ)

ドライバーにはネジ回しの意味があり、イランの労働者がウォッカとオレンジジュースをネジ回しを使って混ぜて作った事からこの名前がついたと言われています。飲みやすい口当たりのため初心者でも挑戦しやすいですが、アルコール度数は高めのため酔いやすいことは頭に入れておきましょう。

8位:モヒート(ベース:ラム酒)

モヒートはラム酒の中にミントを入れて作ったカクテルです。さっぱりとした味わいが特徴で、様々な料理に合わせやすい種類のカクテルと言えるでしょう。お店によって味も異なるので外食の際に頼んでみるのも良いかもしれません。

7位:シャンディガフ(ベース:ビール)

シャンディガフは、ビールにジンジャエールを混ぜて作るビアカクテルです。ビールの苦味が苦手な人やビールを飲みなれていない人にはぴったりのカクテルです。家でも簡単に作れるので一度試してみると良いでしょう。

6位:カシスオレンジ(ベース:カシス)

カシスのリキュールとオレンジジュースを混ぜて作ったカクテルがカシスオレンジです。初心者でも飲みやすいだけでなく、赤色とオレンジ色の見た目もとても綺麗なのが特徴と言えるでしょう。

5位:レゲエパンチ(ベース:ピーチリキュール)

ピーチリキュールをウーロン茶で割ったお酒で、宮城県の仙台市のバーでお酒初心者でレゲエ好きだった女性のために作られたカクテルと言われています。北海道ではクーニャン、関西では上海ピーチなどエリアによって名前が違うこともあるようです。

4位:ミモザ(ベース:シャンパン)

ミモザはシャンパンにオレンジジュースを加えて作るカクテルです。記念日などにシャンパンを飲みたいものの、少しアルコール度数を低くして飲みやすくしたいと考える人にはぴったりのカクテルと言えるでしょう。

3位:ソルティドッグ(ベース:ウォッカ)

ウォッカにグレープフルーツを加えて作られるカクテルがソルティドッグです。ソルティという名前の通り、グラスの縁に塩をつけて楽しむのが特徴と言えるでしょう。また、甘さ控えめなので男性にも人気のカクテルと言えます。

2位:マティーニ(ベース:ジン)

ジンベースの中でも有名な辛口のカクテルであり、オリーブがデコレーションとして添えられているのも特徴です。度数は25度程度と、カクテルの中では高めで酔いやすいためお酒の初心者が初めて挑戦するお酒としては向いていません。

1位:ジントニック(ベース:ジン)

カクテルの中でも有名であっさりとして飲みやすいのがジントニックです。名前の通り、ジンをトニックウォーターで割り最後にライムを添えル事で完成するお酒です。度数も高くないため、男女問わず初心者でも飲みやすいカクテルと言えるでしょう。

お酒の豆知識

お酒には大きく分けて醸造酒と蒸留酒が存在し、そのほかにもカクテルやリキュールで楽しめる種類もあることが分かりました。ここではお酒の豆知識として度数の高いお酒や初心者でも飲みやすいお酒について紹介します。

①悪酔いする度数高めなお酒

下記のお酒は度数が高く悪酔いしやすいと言われています。

・日本酒
・ワイン
・テキーラ


日本酒やワインは醸造酒に分類され、水やエチルアルコール以外の成分であるコンジナーが多く含まれるため悪酔いを誘発すると言われています。また、蒸留酒でも度数が40度程度と高めなテキーラも悪酔いしやすいお酒の一つと言えるでしょう。

②飲みやすい初心者向けのお酒

初心者にも人気で飲みやすいお酒には下記のような種類があります。

・シャンディガフ
・カシスオレンジ
・カルーアミルク


基本的にはお酒をジュースやミルクなどで割ったカクテルが、アルコール度数も低く初心者でも飲みやすいと言われています。ただし、いくら飲みやすいと言っても量を沢山飲んだり、複数の種類のお酒を飲んだりすることで酔いが回りやすくなるので、自分の適正量を見極めた上でお酒を楽しむようにしましょう。

③悪酔いしないお酒

一般的に悪酔いしにくいお酒は下記のような種類とされています。

・焼酎
・ウォッカ


複数のアルコールが成分に含まれる醸造酒に比べて、蒸留酒は揮発性のアルコールのみが使われているため悪酔いはしにくいと言われています。ただし、蒸留酒の中でもウィスキーはブランデーは体内で分解しにくいアルコールといわれるメタノールが含まれており、酔いが残りやすいと言われているため注意しましょう。

お酒は世界にいろいろ種類がある

お酒には、蒸留酒・醸造酒・リキュール・カクテルと様々な種類があり、度数や風味・飲み方も異なる事が分かりました。人気のお酒から試してみて自分のお気に入りを探してみましょう。

関連する記事