小豆の食べ過ぎはNG?下痢・腹痛の原因に?1日の摂取量の目安を解説!

小豆を食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?太ることはあるのでしょうか?今回は、小豆を食べ過ぎた際の〈便秘・腹痛・下痢・太る〉など症状や1日の摂取量の目安について紹介します。適度な量の小豆を摂取した際のダイエット効果・効能や、ダイエット向きの取り入れ方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 小豆の食べ過ぎは体に悪い?
  2. 小豆を食べ過ぎるとどうなる?太る?
  3. ①下痢・腹痛
  4. ②便秘になる
  5. ③太る
  6. ④イソフラボンの過剰摂取
  7. 小豆の食べ過ぎにならない1日の摂取量は?毎日はNG?
  8. 1日あたり100gあたりが適量
  9. 小豆を適量食べた時の効能は?ダイエット効果あり?
  10. ①便秘を解消する
  11. ②むくみの解消
  12. 小豆のダイエット向きな食べ方は?
  13. ①小豆水にして食前に飲むのがおすすめ
  14. ②小豆×ヨーグルトの組み合わせもGood
  15. 小豆のダイエットに丁度いいレシピは?
  16. ①発酵あんこ
  17. ②小豆入り玄米ご飯
  18. ③小豆とかぼちゃのお汁粉
  19. 小豆の食べ過ぎには注意

小豆の食べ過ぎは体に悪い?

和菓子や料理に使われることの多い小豆は、日本人にとってとても馴染み深い食材です。栄養豊富な小豆も、食べ過ぎると体に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか。今回は、小豆を食べ過ぎると体に起こりうる影響を、1日の適量と併せて詳しく解説します。

小豆を食べ過ぎるとどうなる?太る?

小豆を使ったおまんじゅうやお汁粉は、おやつやお茶請けに人気の和菓子です。甘さが控えめのあんこは洋菓子に比べてヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、小豆を食べ過ぎると身体にどのような影響があるのか解説します。

①下痢・腹痛

小豆に含まれるサポニンの一部の成分や、レクチンを構成するフィトヘマグルチニンは、胃腸の弱い人が摂りすぎると下痢や腹痛の原因になることのある栄養素です。しかし、これらの栄養素はコレステロールの低下作用や、体を老化から守る抗酸化作用なども期待できます。これらの栄養素のメリットを得るためにも、小豆の食べ過ぎには十分注意しましょう。

②便秘になる

小豆に含まれる不溶性食物繊維は便のかさを増やす効能がありますが、腸のぜん動運動が低下している時に摂りすぎると、便秘の原因になることがある栄養素です。また、不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収するため、長時間とどまり固くなった便秘の状態をさらに悪化させることがあります。

このため、便秘がちな人は小豆の食べ過ぎは避けるようにしましょう。加えて、便を柔らかくする効果のある、果物や海藻類に含まれる水溶性食物繊維と一緒にバランスよく摂ることも大切です。

③太る

100gあたり カロリー 糖質
小豆 143kcal 12.4g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

小豆はタンパク質や脂肪を多く含む大豆に比べて糖質が高い豆類で、食べ過ぎると消費しきれなかった糖質は中性脂肪として身体に蓄えられるため、太る可能性があります。さらに小豆は砂糖のたくさん入ったあんこや、もち米と一緒に炊いたお赤飯として食べられることが多いので、糖質制限によるダイエットを行う人は注意しましょう。

④イソフラボンの過剰摂取

小豆は、女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンが豊富に含まれる豆類です。イソフラボンはポリフェノールの一種で美容効果や骨粗しょう症予防に効果がありますが、過剰に摂取するとホルモンバランスの乱れに繋がることがあります。よほど大量に摂取しない限り心配する必要はありませんが、妊娠中の人や婦人科系の疾患がある場合には注意しましょう。

小豆の食べ過ぎにならない1日の摂取量は?毎日はNG?

小豆を食べ過ぎて太ったり便秘になったりしないためには、適量を楽しむことが大切です。ここでは、小豆の食べ過ぎにならない量はどれくらいなのか、1日の摂取量や食べる頻度について解説します。

1日あたり100gあたりが適量

厚生労働省の日本人の食事摂取基準によると、豆類の1日あたりの目標摂取量は100gとされているので、小豆もこれを目安に食べると良いでしょう。毎日食べても問題ありませんが、食事で納豆や豆腐などの大豆製品や他の豆類を食べた場合は、その分小豆を控えめにする様にしてください。

また、あんこ100gは約250kcalとお茶碗1杯分のご飯のカロリーに相当します。このため、ダイエット中の人は砂糖を控えめにしたり低カロリー甘味料を使ったりするなどの工夫も必要です。

関連する記事