16時間断食中に効果的&NGな飲み物は?コーヒー・牛乳は飲んでいいの?

【栄養士監修】16時間断食の飲み物は何がいいかを知っていますか?今回は、16時間断食に効果的な飲み物の特徴や、〈牛乳・豆乳〉などおすすめを、実際に断食をやっている私が紹介します。〈コーヒー・プロテイン〉など断食中に避けるべき飲み物も紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川威弘
HP
Instagram
Youtube
パーソナル栄養士 いっしー 栄養士/ファスティングマイスター
『一生リバウンドしない食生活』...
HP
Instagram
Youtube
パーソナル栄養士 いっしー 栄養士/ファスティングマイスター
『一生リバウンドしない食生活』を念頭に食事指導とファスティングを活用することで3ヶ月で-7kg。冷え性や便秘などの不調も改善する健康的なダイエットサポートをメインに活動中。 東京農業大学栄養士課程を卒業後、タニタ食堂五反田店に勤務。 24歳の時に世界一周旅行へ出発し、帰国後にパーソナル栄養士として独立。 30~50代女性を中心にダイエット指導をメインに活動中。

目次

  1. 16時間断食とは?どんな効果があるの?
  2. 16時間断食のメリット・デメリット
  3. 16時間断食が向いている人の特徴
  4. 16時間断食中の飲み物はどうする?
  5. 断食中におすすめな飲み物の特徴
  6. 16時間断食の飲み物のおすすめ
  7. ①酵素ドリンク
  8. ②具なしの味噌汁
  9. ③たんぽぽコーヒー
  10. ④水・白湯
  11. ⑤コーン茶
  12. ⑥甘酒
  13. ⑦スムージー
  14. 16時間断食の飲み物で避けるべきなのは?
  15. ①コーヒーなどカフェインを含む飲み物
  16. ②プロテイン
  17. ③アルコール
  18. ④清涼飲料水
  19. ⑤牛乳(低脂肪乳)
  20. ⑥無調整豆乳
  21. 16時間断食で痩せよう!

・ダイエット効果:4点/10点
・デトックス効果:4点/10点
・飲み応え:4点/10点


16時間断食を運動と併用して行っている人の中には、プロテインを飲んでいるケースもあるでしょう。しかし、ダイエット目的で16時間断食を行う場合は、プロテインの摂取はおすすめできません。プロテインはタンパク質でできているため、胃腸で分解するのに時間がかかるうえ、腸内環境のバランスを崩すリスクがあるからです。

16時間断食中も筋肉を落としたくない場合は、プロテイン飲料ではなく、アミノ酸食品を摂取することをおすすめします。アミノ酸食品にはデトックス効果があるうえ、筋肉を維持をサポートしてくれます。

③アルコール

・ダイエット効果:0点/10点
・デトックス効果:0点/10点
・飲み応え:8点/10点


16時間断食は食事内容に制限がないダイエット方法ですが、アルコールは種類を問わず避けましょう。これはアルコールの分解には時間がかかり、その際に体に必要なビタミンやミネラル、酵素といった栄養素が使用されてしまうからです。また16時間断食によって空腹な時にアルコールを飲むと、血中のアルコール濃度が上がるので健康にもよくありません。

どうしてもアルコールが飲みたい時には食事をする時間帯に摂取し、さらにアルコール度数の低いものにするのがおすすめです。そして代謝を促す意味でも、アルコールと同量の水を飲むことを意識しましょう。

④清涼飲料水

・ダイエット効果:0点/10点
・デトックス効果:0点/10点
・飲み応え:10点/10点


16時間断食を成功させたいなら、最も避けてほしい飲み物が清涼飲料水です。清涼飲料水には多量の砂糖が使われているため、自ずと摂取カロリーが上がります。また近年増えているノンカロリーの清涼飲料水も、炭酸の刺激によって食欲を増進させる働きがあるため、おすすめできません。

どうしても甘いものが飲みたい時には、果物のしぼり汁や100%のストレートジュースを、炭酸水で割って飲みましょう。ただし少量の炭酸飲料は、食欲を刺激するだけです。空腹をいやすために飲む場合は、1回に350~500mlを摂取して、食べ物は食べないことを徹底しましょう。

⑤牛乳(低脂肪乳)

・ダイエット効果:2点/10点
・デトックス効果:4点/10点
・飲み応え:8点/10点

栄養価の高い牛乳ですが、16時間断食中には避けた方がよいとされています。これは牛乳は意外にカロリーが高く、脂肪分も豊富だからです。牛乳のカロリーはコップ1杯200mlで、135kcalもあります。さらに牛乳は、糖質も決して低くありません。そのため空腹時に牛乳を飲むと、血糖値が上がりインスリンが分泌されるリスクがあります。

インスリンには脂肪を蓄える働きがあるため、空腹時の飲み物としては適していないと考えられます。さらに日本人は欧米人と違い、牛乳の糖質を吸収できない人も珍しくありません。空腹時に飲むことで胃腸に負担をかける可能性があるので、注意が必要です。

⑥無調整豆乳

・ダイエット効果:4点/10点
・デトックス効果:6点/10点
・飲み応え:6点/10点


豆乳も置き換えダイエットに用いられる飲み物ですが、16時間断食中に飲むのはおすすめできません。豆乳には大豆タンパク質やイソフラボンが豊富に含まれており、健康効果が高い食品です。甘めの味がすることでもわかるように適度に糖分も含まれ、体内での吸収速度が緩やかなので、満腹感を得やすいです。

しかし豆乳はコップ1杯200mlで95kcalと、決してローカロリーではありません。また、吸収速度が遅いことは、胃腸で消化に時間がかかることと同義です。食事の時間帯に1食を豆乳に置き換えればダイエット効果が得られますが、空腹時の飲み物としては避けることをおすすめします。

石川威弘

栄養士

プロテインと無調整豆乳に関しては8時間の中で摂るとタンパク質の補給になるため良いですが、16時間の間で飲むのはNGになります。 飲むタイミングをしっかりと意識しましょう。

16時間断食で痩せよう!

今回は16時間断食に効果的な飲み物の特徴や、おすすめの飲み物などを紹介しました。ダイエットを目的に16時間断食を行う際には、飲み物にも配慮が必要です。16時間断食で不足しがちな栄養成分を補うことを意識しつつも、胃腸に負担のかからない飲み物や飲み方を選ぶようにしましょう。

石川威弘

栄養士

ファスティングや8時間ダイエットなどダイエットのご相談をお受けしております。
様々なダイエット法を試してきてなかなか痩せられなかった人でも一生ダイエットに悩まされなくなる方法をお伝えしています。

気になる人はこちら

関連する記事