魚肉ソーセージは体に悪い?良い?栄養成分や添加物・塩分量を元に紹介!

魚肉ソーセージは健康に良い・悪いどっちでしょうか?今回は、魚肉ソーセージの栄養成分と効果・効能や、使われる添加物・塩分の量などから、体にいい・悪いどっちなのかを紹介します。商品選びのポイントや、健康に良い&栄養が取れる食べ方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 魚肉ソーセージは健康に良い?悪い?
  2. 魚肉ソーセージは健康にいい?栄養成分・効能を紹介!
  3. ①DHA・EPA
  4. ②タンパク質
  5. ③カルシウム
  6. ④カロリーは低めで太りにくい
  7. 魚肉ソーセージは体に悪いとも言われる理由は?添加物・塩分量を調査!
  8. ①魚肉ソーセージの塩分量が多め
  9. ②亜硝酸ナトリウム
  10. ③リン酸ナトリウム
  11. ④着色料
  12. 魚肉ソーセージを選ぶ際のポイントは?
  13. ①特定保健用食品
  14. ②無添加である
  15. ③使われている魚の種類で選ぶ
  16. ④栄養価の含有量で選ぶ
  17. 魚肉ソーセージの健康的&栄養価が取れるレシピを紹介!
  18. ①魚肉ソーセージとトマトのチャンプルー
  19. ②魚肉ソーセージの磯辺焼き
  20. ③魚肉ソーセージとブロッコリーの味噌バター
  21. ④フィッシュソーセージチップ
  22. ⑤おさかなのソーセージとキャベツのサッと煮
  23. 魚肉ソーセージは気を付けて食べよう

もう1品おつまみのおかずがほしい時のおすすめのレシピです。カルシウムが豊富なしらすを加えることで、より栄養バランスが良くなります。

おさかなのソーセージとキャベツのサッと煮 | レシピ | ニッスイ

魚肉ソーセージは気を付けて食べよう

調理せずにそのままでも食べられる魚肉ソーセージですが、食べすぎると塩分や添加物の影響を受ける可能性があることが分かりました。適量であれば体に良い食材なので、選び方や量などに注意しながら上手に取り入れましょう。

関連する記事

×