1週間ダイエットで3~5キロ痩せる方法!短期間で見た目に効果が出る食事メニューとは?

1週間で痩せるダイエット方法を知っていますか?今回は、1週間で3〜5キロを確実に痩せるダイエット方法を〈食事メニュー・運動・生活習慣〉別にそれぞれポイントとともに紹介します。1週間ダイエットの日別スケジュールを食事メニュー・献立例とともに紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 1週間で見た目が痩せるダイエット方法はあるの?
  2. 1週間あれば-3~5キロは可能!
  3. 1週間で痩せるダイエットのアプローチ方法
  4. 1週間ダイエットの【食事メニュー】におけるポイント
  5. ①低糖質な食事を意識する
  6. ②高カロリーな調理の料理は控える
  7. ③栄養バランスを考えビタミンも摂取する
  8. ④ゆっくりよく噛んで食べる
  9. ⑤飲み物は水がおすすめ
  10. ⑥間食は噛みごたえのある低カロリーな食べ物を選ぶ
  11. 1週間ダイエットの【生活習慣】におけるポイント
  12. ①睡眠の質を上げる
  13. ②お風呂にはゆっくり浸かる
  14. ③マッサージ・ストレッチを行う
  15. ④極力コンビニやスーパーなど買い物に行かない
  16. ⑤規則正しいリズムで生活する
  17. 1週間ダイエットの【運動】におけるポイント
  18. ①有酸素運動を行う
  19. ②激しい運動は行わない
  20. ③自宅での軽い運動でもOK
  21. 1週間ダイエットを行う際の注意点・デメリット
  22. ①リバウンドしやすい
  23. ②体調を崩す可能性がある
  24. ③ストレスが溜まる
  25. 1週間ダイエット日別の具体的なやり方【食事メニュー・献立例も】
  26. 準備期間
  27. 1~3日目
  28. 4~5日目
  29. 6~7日目
  30. 1週間ダイエット終了後
  31. 1週間ダイエットで痩せよう!

脂肪を燃焼させるためには、運動も大切です。1週間ダイエットにおける、運動のポイントをみていきましょう。

①有酸素運動を行う

有酸素運動には以下のようなものがあります。

・ウォーキング
・ジョギング
・水泳
・ヨガ


有酸素運動とは、体内に酸素を入れて脂肪を燃焼させる軽度の負荷をかけて行う運動のことです。運動をすることで基礎代謝が向上し、消費カロリーを上げることができるので体重を減らすことができます。自分に合った運動を生活の中に取り入れ、継続して続けることでダイエット効果が高まるでしょう。

気分をリフレッシュさせることもでき、ストレスが溜まりがちなダイエット期間に役立てることができます。

②激しい運動は行わない

1週間ダイエットでは、1週間で体重を落とすため摂取カロリーを抑える食事をします。しっかりとしたカロリーをとっていない状態で激しい運動をしてしまうと、負荷がかかりすぎて体調を崩す可能性があるので軽い運動がおすすめです。

簡単な運動でも効果を感じることはできるので、無理に激しい運動を行わないように注意してください。立ちくらみやフラつきを感じる場合は、運動を中断し休むようにしましょう。

③自宅での軽い運動でもOK

運動するときは紹介している動画のように、自宅でできる軽い運動でも効果があります。自宅での軽い運動は、運動が苦手な人や天気が悪い場合でも簡単に運動することができるので試してみると良いでしょう。運動を始める前にストレッチをしておくと、筋肉を柔らかくし怪我を防ぐことができます。

また、運動後は筋肉にも疲労が溜まっているのでストレッチすることで疲労回復効果を期待できます。運動をする際には、ストレッチも併せて行うようにするのがおすすめです。

1週間ダイエットを行う際の注意点・デメリット

1週間ダイエットは、短期間で痩せるためデメリットもあります。ここでは、1週間ダイエットを行う際の注意点とデメリットをみていきましょう。

①リバウンドしやすい

1週間で痩せるためには、食事を制限するなど忍耐が必要です。1週間しっかりダイエットをして見た目でもわかるほど痩せることができても、1週間我慢していた分を反動でたくさん食べてしまうとリバウンドになる可能性があります。

また、1週間ダイエットで摂取カロリーを抑えていても、ダイエット後に普段通りの食事をしていたら摂取カロリーが増えて簡単に体重が戻ってしまいます。1週間ダイエットをする場合は、ダイエット後の食生活や生活習慣においてもしっかりと計画をしておくことが大切でしょう。

②体調を崩す可能性がある

短期間で体重を落とすために、極端な食事制限をすると健康に被害が出る場合があるので注意が必要です。ミネラルやビタミンが不足することで免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。また、摂取カロリーを抑えるために食事量を減らすことで体内の水分が少なくなり、脱水症状を引き起こす可能性も考えられます。

簡単に体重を落とせても体調を崩してしまったら元も子もないので、無理のない範囲でダイエットを行い健康的に痩せるようにしましょう。

③ストレスが溜まる

ダイエットは、いかにストレスを感じることなく行えるかが重要なポイントとなります。ストレスを感じてしまうとイライラしたり暴飲暴食をしたり、ダイエットにとって良いことはありません。また、ストレスを感じるとコルチゾールと呼ばれるホルモンを分泌するため太りやすい体になってしまいます。

ストレスが溜まらない方法を自分で見つけて、上手にダイエットするようにしましょう。

1週間ダイエット日別の具体的なやり方【食事メニュー・献立例も】

関連する記事