1週間ダイエットで3~5キロ痩せる方法!短期間で見た目に効果が出る食事メニューとは?

1週間で痩せるダイエット方法を知っていますか?今回は、1週間で3〜5キロを確実に痩せるダイエット方法を〈食事メニュー・運動・生活習慣〉別にそれぞれポイントとともに紹介します。1週間ダイエットの日別スケジュールを食事メニュー・献立例とともに紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 1週間で見た目が痩せるダイエット方法はあるの?
  2. 1週間あれば-3~5キロは可能!
  3. 1週間で痩せるダイエットのアプローチ方法
  4. 1週間ダイエットの【食事メニュー】におけるポイント
  5. ①低糖質な食事を意識する
  6. ②高カロリーな調理の料理は控える
  7. ③栄養バランスを考えビタミンも摂取する
  8. ④ゆっくりよく噛んで食べる
  9. ⑤飲み物は水がおすすめ
  10. ⑥間食は噛みごたえのある低カロリーな食べ物を選ぶ
  11. 1週間ダイエットの【生活習慣】におけるポイント
  12. ①睡眠の質を上げる
  13. ②お風呂にはゆっくり浸かる
  14. ③マッサージ・ストレッチを行う
  15. ④極力コンビニやスーパーなど買い物に行かない
  16. ⑤規則正しいリズムで生活する
  17. 1週間ダイエットの【運動】におけるポイント
  18. ①有酸素運動を行う
  19. ②激しい運動は行わない
  20. ③自宅での軽い運動でもOK
  21. 1週間ダイエットを行う際の注意点・デメリット
  22. ①リバウンドしやすい
  23. ②体調を崩す可能性がある
  24. ③ストレスが溜まる
  25. 1週間ダイエット日別の具体的なやり方【食事メニュー・献立例も】
  26. 準備期間
  27. 1~3日目
  28. 4~5日目
  29. 6~7日目
  30. 1週間ダイエット終了後
  31. 1週間ダイエットで痩せよう!

1週間ダイエットは、しっかりとスケジュールを立てて行うことが大切です。ここでは、1週間ダイエットの具体的なやり方を紹介していきます。

準備期間

1週間ダイエットを始める前に大切なのが、準備期間です。いきなり食事量を減らしてしまうと、体が慣れないため準備期間で胃を慣らします。準備期間は、スープやおかゆなどの流動食を中心に食事をします。準備期間は、1日〜3日を目安にとると良いでしょう。

1~3日目

1週間ダイエットの1〜3日目は、3食をクレンズジュースや酵素ドリンクに置き換えて食事をとります。この3日間が、一番空腹を感じやすく挫折しやすいときでもあるので根気強く挑みましょう。また、固形物を食べていないので運動は、ストレッチやマッサージなど軽いものにします。

クレンズジュースや酵素ドリンクは、簡単に体重を落とすことができるのでダイエットにうまく活用してください。それ以外に水分を摂取する場合は、水か白湯にするのがおすすめです。

4~5日目

4日目以降は、徐々に食事を戻していきます。朝食は、おかゆやスープを食べて胃を慣らすことからスタートです。昼食や夕食も、胃に優しく消化の良い食べ物を選んでください。4日目でたくさん食べてしまうと、最初の3日間で体重が落ちても簡単に元に戻ってしまう可能性があるので注意が必要です。

体調が良い場合は、有酸素運動やストレッチなど軽い運動を取り入れるとさらに効果的です。ここまでしっかりと行えている場合は、体のむくみが減り見た目にも変化が現れることでしょう。

6~7日目

6~7日目は、おかゆに加えて味噌汁や果物など品数を増やしていきます。ここでも、突然に元の食事に戻してしまうと胃に負担がかかるので消化しやすいものにします。果物は、すり下ろしたりんごやバナナがおすすめです。体調をみながら運動を加えて、ダイエットの最終日を迎えましょう。

1週間ダイエット終了後

1週間ダイエットが終了する頃には、体が軽くすっきりとした見た目になっていることでしょう。1週間ダイエットが終了した後の食事は、低糖質なものを選択し高カロリーな食事は控えるのがおすすめです。ダイエット終了後に反動でたくさん食べてしまうと、体重が元に戻るどころかそれ以上になる可能性もあります。

簡単な運動や見直した生活習慣は、ダイエット後も継続させることでリバウンドを防ぐことができます。1週間ダイエットは準備期間や終了後も含めて、トータルで2週間ほどダイエット期間としてスケジュールを立てるようにしてください。

1週間ダイエットで痩せよう!

短期間でダイエット効果を得たい人には、1週間ダイエットがおすすめです。ただし、短期間で集中して体にアプローチしていくため、簡単ではなくデメリットもあることを頭に置いて計画を立てると良いでしょう。今回は、1週間ダイエットの具体的なやり方を紹介しているので参考にしてみてください。

関連する記事