牛丼をダイエット中に食べてOK?太る?食べ合わせ方やメニューのおすすめも紹介!

牛丼をダイエット中に食べても良いのでしょうか?やはり太るのでしょうか?今回は、牛丼で太る理由やダイエット向きの食べ方に加えて、牛丼のダイエット効果や<吉野家・すき家・松屋>別の牛丼のカロリーを紹介します。牛丼のダイエット向けのメニューも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 牛丼はダイエット中に食べても良いの?太る?
  2. 牛丼で太る理由とは?
  3. ①牛丼自体のカロリー・糖質が高め
  4. ②牛丼を夜遅くに食べている
  5. ③牛丼を食べ過ぎている
  6. ④高カロリーなトッピングを追加している
  7. 牛丼のダイエット向きな食べ方は?
  8. ①牛丼のご飯を少なくする・なしにする
  9. ②牛丼とサラダを食べ合わせる
  10. ③牛丼を運動・筋トレ後に食べる
  11. ④よく噛んでゆっくり食べる
  12. 実は牛丼にはダイエット効果もあるって本当?
  13. ①腹持ちが良い
  14. ②タンパク質が豊富で基礎代謝が上がる
  15. ③玉ねぎが脂肪を燃焼する
  16. 牛丼のダイエット向けの美味しいメニューを紹介!
  17. 牛丼ライト:すき家
  18. ライザップ牛サラダ:吉野家
  19. 牛焼肉定食:松屋
  20. 牛丼をダイエット中に食べるなら注意が必要

牛丼はダイエット中に食べても良いの?太る?

ダイエット中は太る原因になるカロリーの高い食事を避けるため、食生活が制限されてストレスが溜まりやすくなってしまいます。牛丼は高カロリーで食べると太るイメージがありますが、ダイエット中に牛丼を食べてもよいのでしょうか。ダイエット中の牛丼の食べ方や、チェーン店別の牛丼のカロリーなどを解説します。

牛丼で太る理由とは?

牛丼は安いのに美味しく提供されるのも早いため忙しい人でも手軽に食べることができますが、食べ方によっては太る恐れがあります。ここでは牛丼を食べて太る理由を紹介するので、食べる時の参考にしてみて下さい。

①牛丼自体のカロリー・糖質が高め

ーーー1杯あたり/カロリー/炭水化物/1日のカロリー摂取量に占める割合
吉野家(並盛)/635kcal/89.0g/29%/
松屋(並盛)/692kcal/96.8g/31%/
すき家(並盛)/733kcal/104.1g/33%/
ーーーー
※1日の摂取量は成人男性の目安です。

チェーン店の牛丼の並盛のカロリーは600kcalから750kcal程度で、成人男性の一食分のカロリーとしては適正の範囲内の数値です。

しかし、牛丼にポテトサラダや唐揚げなどのサイドメニューを付けたり、牛丼とともにジュースや砂糖入りのコーヒーなどを飲んだりするとカロリーや糖質がオーバーして太る可能性があります。ダイエット中の人は、サイドメニューや飲み物の選び方にも注意が必要です。

(*牛丼のカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

牛丼のカロリーを【吉野家・すき家・松屋】で比較!ダイエット向きの食べ方・メニューは?

②牛丼を夜遅くに食べている

人は夜寝ている間は昼間に比べてほとんどカロリーを消費しないため、夜遅くに夕飯を食べると太る恐れがあります。そのため、夜遅くに脂質や糖質、カロリーが高い食事を摂ると、脂肪として蓄積されやすくなります。牛丼は脂質や糖質の高い料理なので、手軽に食べられるからといって夜食として食べると太りやすくなるので注意が必要です。

③牛丼を食べ過ぎている

安く手軽に食べられる牛丼は食べる頻度が多くなりがちですが、糖質や脂質が高い牛丼を一日に何杯も食べると摂取カロリーがオーバーして太る可能性が高くなります。ダイエット中に牛丼を食べる場合は、一日につき1杯程度に留めるとよいでしょう。

④高カロリーなトッピングを追加している

牛丼のトッピングでカロリーが高いのは、以下のようなものがあります。

・チーズ
・明太マヨネーズ
・マヨネーズ
・とろろ


並盛の牛丼のカロリーは一食分の摂取カロリーとしては適正範囲内の数値ですが、トッピングによっては糖質や脂質が高くなりカロリーの摂り過ぎとなって太る恐れがあります。チーズやマヨネーズは脂質が高く、体によいイメージがあるとろろは糖質が高い食品なので、ダイエット中はこれらのトッピングを控えた方がよいでしょう。

牛丼のダイエット向きな食べ方は?

牛丼はカロリーや糖質、脂質が高いため、ダイエットに向いた料理ではありません。しかし、牛丼の食べ方によってはダイエット中でも太る心配をせずに美味しく食べることができます。ここでは、牛丼のダイエット向きな食べ方を解説します。

①牛丼のご飯を少なくする・なしにする

牛丼のご飯を少なくするかなしにすれば、カロリーや糖質が抑えられます。ご飯を付けた牛丼とご飯なしの牛丼のカロリーおよび糖質量は、以下の通りです。

【牛丼のご飯あり】
・カロリー:635kcal
・糖質:89.0g


【牛丼のご飯なし】
・カロリー:257kcal
・糖質:6.0g


ご飯なしの牛丼のカロリーはご飯ありの牛丼の1/3程度で、糖質は約1/10になります。糖質制限ダイエットをしている人は、牛丼ではなく糖質の低いご飯なしの牛皿を注文するのがおすすめです。牛丼を選ぶ場合は、ご飯の量は並盛ではなく小盛やミニ盛にすれば糖質やカロリーを抑えてダイエット向きな食べ方ができるでしょう。

関連する記事