ラカントsの危険性は?体に悪い?糖尿病・発がん性に影響するかの真偽を徹底調査!

ラカントsが体に悪い・危険と言われますが本当でしょうか?今回は、ラカントsに発がん生など危険性はあるのかや、糖尿病・太るなど過剰摂取による害を紹介します。ラカントsは妊娠中・子供でも使用できるかも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. そもそもラカントsとは?
  2. ラカントsの原料
  3. ラカントsが糖質制限に勧められる理由
  4. ラカントsが危険・体に悪いと言われる理由は?
  5. ラカントsの発がん性が疑われたことがある
  6. だたラカントsの害を示した論文はない
  7. ラカントsの過剰摂取は危険?糖尿病になる?
  8. ①インスリンの分泌が減り糖尿病になる
  9. ②下痢になる
  10. ③味覚が鈍る
  11. ④満足感が足りなくなり食べ過ぎて太る
  12. ラカントsの使用は妊娠中・子供でもOK?NG?
  13. 妊娠中・子供でもラカントsの使用による害はないとされる
  14. 赤ちゃんは避けた方が無難
  15. ラカントsを使用した人の口コミは?
  16. ラカントsは摂り過ぎなければ問題ない
エリスリトールの危険性は?発がん性など副作用・デメリットはない?

ラカントsの過剰摂取は危険?糖尿病になる?

ラカントsの使用によるがんが発症する危険性がないことがわかっても、糖尿病になるとの根強い噂が否定できたわけではありません。ここではラカントsを過剰摂取する危険性と、それが原因で糖尿病になるリスクについて説明します。

①インスリンの分泌が減り糖尿病になる

ラカントsに含まれている羅漢果エキスとエリスリトールに含まれている糖質は体に吸収されないため、カロリーがゼロと表示されています。そのため、糖尿病の患者が活用するケースが多いのです。糖尿病患者の方が使用していることを理由に、ラカントsは長期にわたって摂取し続けても問題ないと思い込む人がいるのも事実です。

しかし、ラカントsをはじめとするノンカロリーの人工甘味料であっても、摂取すると膵臓は血糖値を下げる働きを持つインスリンを分泌します。それにもかかわらず血糖値が上がっていないことから体が混乱してインスリンの分泌能力の低下を起こし、糖尿病を発症する危険性が指摘されているのは事実です。

②下痢になる

ラカントsの主成分であるエリスリトールは、摂取しても9割が小腸で吸収されるのでお腹に優しいとされています。しかしラカントsを過剰摂取すると小腸で吸収しきれず、大腸に移行してしまうことがあります。その結果、一時的に下痢に見舞われるケースがあるようです。

③味覚が鈍る

ラカントsを長期にわたって使い続けていると、味覚が鈍ることも指摘されています。砂糖の代わりにラカントsを常用していることで、それが砂糖の味であると誤認してしまうのです。さらに人間は甘味に依存する傾向があるため、結果として必要以上にラカントsを求めるようになる危険性は否定できません。

④満足感が足りなくなり食べ過ぎて太る

ノンカロリーで低糖質のラカントsは、甘味が砂糖の75%程度になるように作られています。そのため砂糖を常用していた人がラカントsで代用を始めると、甘味に対する満足度が得られにくいケースもあるようです。その結果、ノンカロリーで低糖質であるラカントsを使用したおかずやお菓子では満足しにくく、食べ過ぎて太る人もいます。

ラカントsの使用は妊娠中・子供でもOK?NG?

ラカントsは、カロリーや糖質の制限を必要とする糖尿病の患者が使用するケースが多いと聞くと、妊娠中の女性や子供が使っても問題がないと考える人もいることでしょう。ここでは、妊娠中の女性や子供がラカントsを使用する是非について説明します。

妊娠中・子供でもラカントsの使用による害はないとされる

ラカントsの製造元であるSARAYAは、公式ホームページの「ラカントのよくあるご質問」内で、「妊娠中や子供に使用できますか」との設問に対し以下のような回答をしています。

「ラカント」の主成分である「エリスリトール」は、単回経口投与、反復経口投与、生殖毒性、変異原性・抗原性試験(アレルギー性試験)、および代謝試験などが実施されており、安全性は証明されておりますのでご安心ください。

ラカントsの主成分であるエリスリトールは、厚生労働省の基準をクリアしたノンカロリーの人工甘味料であり、アレルギーを発症する危険性も低いといえます。そのため、妊娠中の女子や子供に対しての使用も、基本的には問題ありません。

赤ちゃんは避けた方が無難

関連する記事