昼食抜きはダイエット効果あり?メリット・デメリットや継続するコツを紹介!

「昼食抜き」の食事法を知っていますか?ダイエット効果はあるのでしょうか?今回は、昼食抜きのメリット・デメリットや、昼食抜きダイエットを継続するコツを紹介します。昼食抜きダイエットを行う際の注意点や、実践して痩せた人の口コミも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 1日2食で昼食抜きって体に良い?ダイエット効果もある?
  2. 昼食抜きのメリットは?ダイエット向き?
  3. ①摂取カロリーが減りダイエット効果が見込める
  4. ②午後の眠気が抑えられる
  5. ③食費や時間の節約につながる
  6. 昼食抜きのデメリットは?
  7. ①仕事の集中力が落ちる人もいる
  8. ②残り2食によって血糖値の急上昇を招き糖尿病の原因になる
  9. ③筋トレ中の人には向かない
  10. 昼食抜きダイエットを継続するコツ
  11. ①中間食を取り入れる
  12. ②昼食を徐々に減らして準備期間を設ける
  13. ③空腹に耐えられない時はスープ類で済ます
  14. 昼食抜きダイエットをする際の注意点
  15. ①夕食でドカ食いしない
  16. ②朝ご飯はしっかり食べる
  17. 昼食抜きダイエットで痩せた人の口コミ
  18. 昼食抜きダイエットを取り入れてみよう!

1日2食で昼食抜きって体に良い?ダイエット効果もある?

効果的にダイエットを行う方法に、1日の摂取カロリーを減らすことがあげられます。それが1日2食ダイエットで、昼食抜きもその方法の1つです。しかし昼食抜きダイエットは健康によいのか、減量効果があるのかを疑問に思う人もいそうです。ここでは、昼食抜きダイエットが健康とダイエットに効果的なのか否かについて説明します。

(*1日2食ダイエットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

1日2食ダイエットは危険?太る場合も?効果的なやり方やリバウンド防止の対処法も紹介!

昼食抜きのメリットは?ダイエット向き?

昼食抜きダイエットによって1日2食に減らせても、夕食を食べることを考えると減量効果は低いのではないかと、不安視する人もいることでしょう。ここでは昼食を抜くメリットと、ダイエット効果の有無について説明します。

①摂取カロリーが減りダイエット効果が見込める

1日3食食べる習慣がある人が昼食を抜くと、1日の摂取カロリーが低くなるものです。そう考えると、昼食抜きによるダイエット効果は十分に見込めます。特にランチメニューは炭水化物中心のものが多いので、それを食べないことでダイエット効果が高まります。

②午後の眠気が抑えられる

昼食を抜くことで、午後に眠気を感じなくなるのもメリットの1つです。人間の体は食事をすると、食べ物を消化するために胃腸に血液を集めます。その結果として、脳に回る血液量が減ることが眠気をもよおす原因です。午後に眠気を感じなければ仕事や勉強に集中できるので、効率がよくなるメリットもあります。

③食費や時間の節約につながる

昼食を抜くとそれを食べる時間だけでなく、社会人や学生は昼食に何を食べるかを考える時間や昼食を食べに外出する時間、主婦の場合は昼食を作る時間を節約できます。つまり1日30分から1時間程度、自由時間が増えるのと同義です。また昼食にかかるお金を節約できるのも、大きなメリットといえるでしょう。

昼食抜きのデメリットは?

昼食抜きダイエットはメリットだけでなく、デメリットもあわせ持っています。そのため、生活スタイルによっては取り組むかどうかを検討することが必要でしょう。ここでは、昼食抜きダイエットのデメリットを3つ紹介します。

①仕事の集中力が落ちる人もいる

空腹感がストレスになる人は、昼食抜きダイエットをすることで仕事の集中力が落ちる可能性があるので注意が必要です。また体内の血糖値が下がることで、脳が十分に働かないと感じる人もいるようです。ほかにも、営業や接客など人と接する仕事の場合、空腹でお腹が鳴ることが仕事の弊害になる可能性があります。

②残り2食によって血糖値の急上昇を招き糖尿病の原因になる

昼食抜きダイエットでは朝食と夕食はしっかり摂るものの、食事から食事までの間隔が長いです。そのため空腹を感じやすく、朝食や夕食で食べ過ぎてしまい、血糖値の急上昇を招くケースが少なくありません。血糖値が急上昇するとそれを抑制するために、膵臓が大量のインスリンを分泌します。

このインスリンに脂肪をため込む性質があり、太りやすくなるだけでなく、糖尿病の原因になるリスクがあるので注意が必要です。

関連する記事