バターのカロリー・糖質は高い?太る?マーガリンと比較や使い分け方も紹介!

【管理栄養士監修】バターのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、バター(100g・10g・大さじ)のカロリー・糖質量をマーガリンなどと比較しながら紹介します。バター・マーガリンの違い・使い分けにくわえ、カロリーオフ・カットする方法なども紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 いしいひとみ
Instagram
栄養士専門学校を卒業後、実務経験を経て管理栄養士を取得。 現在は、カウンセリング業務に従事。数年前より東洋医学、薬膳に興味を持ち始め、学び中。 薬食同源という言葉があるように...
Instagram
栄養士専門学校を卒業後、実務経験を経て管理栄養士を取得。 現在は、カウンセリング業務に従事。数年前より東洋医学、薬膳に興味を持ち始め、学び中。 薬食同源という言葉があるように「食」を正しく選択することで自身を整えられる人が増えるお手伝いをしたいと思っています。

目次

  1. バターのカロリー・糖質量は?【写真】
  2. バター(100g)のカロリー・糖質量
  3. バターのカロリー・糖質量をマーガリンなどと比較
  4. バターとマーガリンの栄養面の違いは?
  5. バターは乳脂肪分が主成分
  6. マーガリンは食用油脂から作られる
  7. バター・マーガリンの脂肪分やコレステロールは高い?太る?
  8. パン一枚に使う程度であれば問題ない
  9. 食べ過ぎには要注意
  10. バターとマーガリンはどちらがおすすめ?
  11. ダイエット・健康面ではバター
  12. 保存・値段など使い勝手のよさではマーガリン
  13. バターをカロリーオフする方法はある?
  14. カロリーオフのバターは存在しない
  15. バターのカロリーオフ・カット系の商品5選!
  16. ①カロリー50%オフの雪印カロリーハーフ
  17. ②脂肪分70%オフの明治オフスタイルべに花
  18. ③カロリー1/2の明治エクストラバージンオリーブソフト
  19. ④カロリー50%オフの雪印キャノーラハーフ
  20. ⑤カロリー25%カットの雪印ソフト&バター
  21. バターのヘルシーなダイエット向きレシピは?
  22. ①あさりバターピリ辛味(106kcal)
  23. ②ラム肉のバター醤油炒め(407kcal)
  24. ③すずきのアーモンドバターソース(211kcal)
  25. バターはヘルシーな食材

バターのカロリー・糖質量は?【写真】

バターは油の塊と思っている人は多いですが、実際のカロリーや糖質量を他のスプレッド類と、どのくらい違うのか比較してみました。


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

バター(100g)のカロリー・糖質量

バターのカロリー・糖質量を見てみましょう。

カロリー 糖質 炭水化物 タンパク質 脂質
バター(100g) 745kcal 0.2g 0.2g 0.6g 81g
バター(10g) 74.5kcal 0.02g 0.02g 0.06g 8.1g
バター(大さじ1杯:12g) 89.4kcal 0.024g 0.024g 0.072g 9.72g
バター(小さじ1杯:4g) 29.8kcal 0.008g 0.008g 0.024g 3.24g

バター100gあたりのカロリーは745kcal、脂質81gで植物食用油に比べれば低いですが、牛の脂身とほぼ同じくらいです。10g当たりになると74.5kcal・脂質8.1gとなりカロリー的にはリンゴジャム大さじで軽く2杯程度です。100g当たりでも糖質は0.2g・炭水化物0.2g・タンパク質0.6gとは低い値で、10gでは糖質・炭水化物量はゼロに等しいですね。


※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

バターのカロリー・糖質量をマーガリンなどと比較

バターと他のスプレッド類の100gあたりのカロリーや糖質量を比べてみましょう。

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
マーガリン 769kcal 0.5g 83.1g 0.4g
バター 745kcal 0.2g 81g 0.6g
ピーナッツバター 636kcal 17.3g 50.4g 20.6g
生クリーム 430kcal 12.9g 40.7g 1.8g

マーガリンをバターと比較すると、バターの方が、カロリーだけでなく糖質も半分以下と低く、脂質も若干低く、タンパク質はバターの方が多いようです。また、ピーナッツバターは、カロリーはバターより少ないですが、糖分が含まれるので糖質量は一番高いですね。

一方、生クリーム(ホイッップクリーム)の値は、バターと比べ、カロリー・脂質は低いですが、糖質やタンパク質は多いことがわかります。

バターとマーガリンの栄養面の違いは?

バターとマーガリンは栄養的には何が違うのでしょう。

バターは乳脂肪分が主成分

バターの原料は牛乳で、原乳から乳脂肪分だけを取り出して使うため、風味がよく料理を引き立てます。バターの成分は乳脂肪分が8割以上を占め、牛乳に含まれる成分を引き継いでいるので、乳製品にしか含まれない脂肪酸を豊富に含んでいます。糖質とタンパク質はごくわずかですが、糖質とたんぱく質のおかげで焦がしバターの香ばしさができるのです。

また、マーガリンには無いビタミン類が含まれ、特にビタミンAは、1日の摂取目安の50%以上にあたる500㎍と豊富です。

マーガリンは食用油脂から作られる

マーガリンの脂質は脂肪分100%の大豆やコーン、ヤシ油など植物油を原料に魚や豚など動物性油脂に、牛乳を加工した粉乳や発酵乳・ビタミン類を加えた水を添加し、乳化剤で乳化させて作ります。その後、水素添加などで固める過程で、トランス脂肪酸が作られてしまいます。

トランス脂肪酸は摂り過ぎると、生活習慣病や肥満の原因となるので、健康面に気を使う場合、バターの方がおすすめです。

バター・マーガリンの脂肪分やコレステロールは高い?太る?

関連する記事