コーヒーのカロリー・糖質は?砂糖・ミルクで高くなる?ダイエット効果や飲み過ぎの注意など紹介!

【管理栄養士監修】コーヒーのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、コーヒー(1杯)のカロリー・糖質量を〈牛乳・ミルク〉入り別や他の飲料と比較しながら紹介します。コーヒーのダイエット効果にくわえ、飲み過ぎの注意点や発ガン性の真偽も解説するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 永倉沙織
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・...
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に3年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・食事アドバイス&サプリメントプログラム監修など行なっています。 現在は無理な食事制限や偏った食生活に警鐘を鳴らし、食べることでカラダの調子を整え美しく健康的なカラダ作りの方法を伝えています。膨大な美容・健康情報から正しい選択と自分に合った方法を見つけていただきたいです。

目次

  1. コーヒーのカロリー・糖質量は?
  2. コーヒーのカロリー・糖質量
  3. コーヒーのカロリー・糖質量を他の飲料と比較
  4. コーヒーの栄養素やダイエット効果は?
  5. ①カフェイン|脂肪を燃焼
  6. ②クロロゲン酸|脂肪の蓄積を抑制
  7. コーヒーの飲み過ぎの注意点は?
  8. ①利尿作用による脱水症状
  9. ②胃腸を荒らす
  10. ③寝つきが悪くなる
  11. コーヒーに発ガン性があるのは本当?嘘?
  12. 癌を予防する効果がある可能性が高い
  13. コーヒーはヘルシーな食材

コーヒーのカロリー・糖質量は?

食後の休憩時や朝食の際、コーヒーを飲む人は多いでしょう。ダイエット中や糖質制限中の際はカロリーなども気になりますが、どれほどの数値となっているのでしょうか?

コーヒーのカロリー・糖質量

カロリー 糖質
ブラックコーヒー 4kcal 0.7g
ブラックコーヒー(砂糖) 31kcal 5g
ブラックコーヒー(ミルク) 20kcal 1.8g
ブラックコーヒー(砂糖&ミルク) 38kcal 8.2g
カフェオレ 48kcal 2.7g
エスプレッソ 26kcal 4g
ウインナーコーヒー 58kcal 0g
コーヒーフロート 12kcal 0g

コーヒーの種類別に、カロリーと糖質値の違いを比較してみましょう。砂糖やミルクなどを使用しないブラックコーヒーは、4kcal、糖質量0.7gとヘルシーなので数値を気にする必要はあまり無いでしょう。

ただ、ミルクや砂糖を使用したメニューだと数値はかなり変わってきます。特に砂糖を使用するとコーヒーの糖質量は大きく上昇するので、糖質制限中の方などは注意が必要です。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

永倉沙織

管理栄養士

缶コーヒーや紙パックタイプなどの種類によっても糖質の量は変わってきます。甘いと感じるものは基本糖質多めです!

(*缶コーヒーのカロリー・糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

缶コーヒーのカロリー・糖質を種類別で比較!ダイエット効果や飲み方のコツも紹介!

コーヒーのカロリー・糖質量を他の飲料と比較

カロリー 糖質
コーヒー 4kcal 0.7g
緑茶 2kcal 1.2g
オレンジジュース 39kcal 9g
ミルク(牛乳) 67kcal 4.8g
紅茶 1kcal 0.1g

続いて、ブラックコーヒーと他の飲料とのカロリー・糖質量を比較していきましょう。コーヒーは緑茶同様にカロリー・糖質量が少なく、ダイエット中でも数値などを気にすることなく摂取できるでしょう。ブラックコーヒーがジュース類よりもヘルシーな飲み物であることは数値を見るまでもありませんが、緑茶よりも糖質値が低いのも特徴の様です。

コーヒーの栄養素やダイエット効果は?

低糖質で糖質制限中でも摂取しやすいコーヒーには、どういった成分が含まれているのでしょうか?カフェインに含まれている栄養素と、それらに期待出来るダイエット効果について見ていきましょう。

①カフェイン|脂肪を燃焼

コーヒーに多く含まれるカフェインには、脂肪の燃焼効果が期待出来ます。中枢神経を覚醒させてアドレナリンなどが分泌される事によって、体についた内臓脂肪を分解する効果が期待出来るからです。とある実験によると、運動前にカフェインを摂取しておく事でエネルギー消費量が増加したといった結果も出ている様です。

また、カフェインを摂取してすぐ運動するよりも、摂取してからしばらく時間をおいて運動した方がより効果がより脂肪燃焼効果が高まる様です。運動する予定がある場合は、その1時間程前にコーヒーなどでカフェインを摂取しておくと良いでしょう。(※2)

②クロロゲン酸|脂肪の蓄積を抑制

カフェインには体についた脂肪を燃焼させる効果が期待できますが、クロロゲン酸には脂肪の蓄積を抑える効果が期待できます。クロロゲン酸は脂肪分をエネルギーとして消費しやすくする効果があるとされているので、体に脂肪が蓄積されにくくなっている様です。

他にも、クロロゲン酸には血圧を改善させたり、肌を健康な状態に導く効果なども期待できる様です。ダイエット面だけでなく、健康面や美容面でも嬉しい効果が期待出来る栄養素と言えるでしょう。

(*コーヒーダイエットの効果や、太りにくい飲み方について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

関連する記事

×