ベーグルのカロリーをパン類と比較!ダイエット向きな理由や食べ方の注意点も紹介!

【管理栄養士監修】ベーグルのカロリー・糖質量を知っていますか?パンと違いはあるのでしょうか?今回は、ベーグルのカロリー・糖質量を他のパン類と比較しながら紹介します。ベーグルがダイエット向きとされる理由や食べ方の注意点も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 永倉沙織
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・...
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に3年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・食事アドバイス&サプリメントプログラム監修など行なっています。 現在は無理な食事制限や偏った食生活に警鐘を鳴らし、食べることでカラダの調子を整え美しく健康的なカラダ作りの方法を伝えています。膨大な美容・健康情報から正しい選択と自分に合った方法を見つけていただきたいです。

目次

  1. ベーグルのカロリー・糖質量は高い?太る?
  2. ベーグルのカロリー・糖質量【種類別】
  3. ベーグルのカロリー・糖質量を他のパン類と比較
  4. ベーグルのカロリーを消費するのに必要な運動量は?
  5. ベーグルとパンは何が違う?
  6. 材料の違い
  7. 作り方の違い
  8. ベーグルがダイエット向きと言われる理由は?
  9. ①腹持ちが良い
  10. ②脂質・コレステロールが他のパン類に比べ低い
  11. ベーグルをダイエット向きに食べる際の注意点
  12. ①デザート系ベーグルは避ける
  13. ②プレーンベーグルに肉類などサンドする場合
  14. ③食べ過ぎない
  15. ベーグルは食べ方に要注意!

ベーグルのカロリー・糖質量は高い?太る?

朝ごはんの主食として食べられることの多いベーグルですが、カロリーや糖質はどれくらいなのでしょうか。今回は、ベーグルのカロリーや糖質を、他のパンと比較しながら紹介します。


※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ベーグルのカロリー・糖質量【種類別】

カロリー 糖質
プレーンベーグル 260kcal 6g
くるみベーグル 340kcal 18.9g
もち麦ベーグル 224kcal 35.8g

上記はベーグル100gあたりのカロリー・糖質を表したものです。ベーグルはパンと似ているので、低カロリーとは言えませんが、プレーンベーグルに関しては糖質が低いことがわかります。もち麦やくるみなど、他の食材を混ぜたベーグルは、糖質が高くなってしまうので、糖質を気にする場合はプレーンベーグルを食べるのがおすすめです。


ベーグルのカロリー・糖質量を他のパン類と比較

カロリー 糖質
クロワッサン 448kcal 42.1g
ロールパン 316kcal 14g
コッペパン 265kcal 23.6g
食パン 264kcal 40g
ベーグル(プレーン) 260kcal 6g

※上記は、各種パン100gあたりのカロリー・糖質量を表にしたものです。

パンは炭水化物なので、全体的にカロリーが高めですが、その中でベーグルは一番カロリーが低いことがわかります。朝ごはんにはパンが欠かせない人は、クロワッサンなどバターを豊富に使ったカロリーの高めなパンではなく、ベーグルを主食にすると、太る心配なく朝ごはんを楽しむことができます。

永倉沙織

管理栄養士

ベーグルは他のパンと比べて材料がシンプルなため、カロリーを抑えやすくなっています。どうしてもパンが食べたい時は、ベーグルを選ぶのがオススメです。

ベーグルのカロリーを消費するのに必要な運動量は?

運動方法 時間
ウォーキング 97分
ジョギング 59分
自転車 36分
ストレッチ 117分
階段登り 32分
掃除機かけ 83分

上記は、ベーグル1個分260kcal前提で計算しています。ベーグル1個分のカロリーを消費するためには、かなりの運動量と時間が必要なことがわかります。やはりベーグルは炭水化物なので、ダイエット中の方は食べすぎには注意が必要です。

ベーグルとパンは何が違う?

ベーグルは、パンに比べてカロリーが低いことがわかりました。ベーグルもパンも、朝食の主食というイメージですが、どこが違うのでしょうか。材料・作り方の違いを説明します。

材料の違い

パンは、卵・バター・牛乳を使用します。特にクロワッサンには大量のバターを使用するので、その分高カロリーになりますが、ベーグルには卵・バター・牛乳は使用しません。主に使うのは、小麦粉と水、塩のみです。そのため、一般的なパンよりカロリーを抑えることができます。

作り方の違い

パンは、小麦粉に卵・牛乳を混ぜて、発酵させたあとに焼いて作りますが、それに対してベーグルは、発酵させた生地を一度茹でてから焼き上げて作ります。生地を茹でるとは想像がつきませんが、この茹でる工程によって、ベーグル独特のもちもち食感が生まれます。

関連する記事

×