シリアルで太る原因は「食べ方」にあり!ダイエット向きの痩せる食べ方・レシピを紹介!

シリアルで太るのは本当でしょうか?実は、シリアルで太るかは「食べ方・選び方」によります。今回は、シリアルを食べて太る場合の原因や、逆に太らないダイエット向きの食べ方も紹介します。シリアルのダイエット効果やおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. シリアルは太る?太りにくい?
  2. そもそもシリアルとは
  3. シリアルで太るかは食べ方・選び方による
  4. シリアルを食べて太る場合の原因は?
  5. ①シリアルと食べ合わせる食材・甘味料が高カロリー
  6. ②夜遅くに食べている
  7. ③シリアル以外の食生活が悪い
  8. シリアルは本来太りにくい食品?ダイエット効果あり?
  9. ①腹持ちが良い
  10. ②便秘解消が期待できる
  11. ③栄養バランスが整っている
  12. シリアルの太らないダイエット向きの食べ方は?
  13. ①糖分・油分など余計な添加物が入っていないシリアルを選ぶ
  14. ②1食をシリアルで置き換える
  15. ③よく噛んでゆっくり食べる
  16. ④シリアルをそのまま食べるのもおすすめ
  17. シリアルのダイエット向きのレシピ
  18. ①ヨーグルトパフェ
  19. ②シリアルバー
  20. ③ヨーグルトアイスバーグ
  21. シリアルのおすすめ商品
  22. ファミリア オリジナル スイス ミューズリー 500g(821円)
  23. ケロッグ 玄米フレーク徳用袋(1,318円)
  24. ケロッグ  フルーツグラノラ ローファット(1447円)
  25. シリアルで太るかは食べ方次第!

シリアルは太る?太りにくい?

シリアルは、牛乳やヨーグルトにかけて食べるだけで手軽に栄養補給ができる便利な食品です。シリアルを食べると太るイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。ここでは、シリアルを食べると太るのかどうかについて解説します。

そもそもシリアルとは

シリアルの代表的な種類には、以下のようなものがあります。

・コーンフレーク
・ミューズリー
・グラノーラ
・ブランシリアル
・クランチ
・シリアルパフ
・オートミール


コーンフレークはトウモロコシを主原料にしたシリアルの一種で、甘味料などで味付けされて食べやすく作られたものもあります。ミューズリーは、オーツ麦にドライフルーツやナッツを組み合わせたもので、シリアルの中でも栄養価が高いのが特徴です。

グラノーラは、オーツ麦や玄米などの穀物やトウモロコシなどに砂糖や油をまぶし、オーブンで焼き上げて作るシリアルです。グラノーラは、シリアルの中でも味が良く食べやすいことで人気があります。ブランシリアルは小麦ふすまを使ったシリアルで、食物繊維やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれており栄養価が高く、甘さが控えめのものが多いです。

クランチは原料を大きめに固めて作るシリアルで、歯ごたえのある食感が特徴です。シリアルパフは米や麦を乾燥させて膨らませたシリアルで、オートミールは燕麦(えんばく)と呼ばれる穀物を加工した種類のシリアルを指します。

シリアルで太るかは食べ方・選び方による

1食(50g)あたり カロリー 糖質
コーンフレーク 190kcal 40.6g
ミューズリー 185.5kcal 11.8g
グラノーラ 223kcal 32.2g
クランチ 203.5kcal 32.3g
オートミール 175kcal 29.9g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

シリアルを食べたから太るというわけではなく、シリアルを食べて太るかどうかは食べ方や選び方によります。各シリアルのカロリーは200kcal前後と大きな差はありませんが、糖質量においては10gから40gと幅があります。ご飯1食分あたりのカロリーは268kcalで糖質量は59gのため、シリアル自体のカロリーや糖質はそれほど高くありません。

各シリアルを比較すると、グラノーラやクランチのカロリーは高く、糖質量においてはコーンフレークが最も高いことが分かります。グラノーラやクランチはカロリーと糖質が高いため、食べ過ぎには注意が必要です。一方でミューズリーとオートミールはカロリー・糖質ともに低いため、ダイエット向きのシリアルと言えるでしょう。

ダイエット中の人は、様々な種類のシリアルの中からカロリーや糖質が少ないものを選び、適量を食べることが大切です。カロリーや糖質が低い種類のシリアルを食べる場合も、食べ過ぎるとカロリーオーバーとなって太る原因に繋がるため、注意が必要です。

シリアルを食べて太る場合の原因は?

シリアルを食べるだけで太るとは言い切れませんが、食べ方によっては太る原因に繋がることがあります。シリアルはどのような方法で食べると、太りやすくなるのでしょうか。ここでは、シリアルの太りやすい食べ方について解説します。

①シリアルと食べ合わせる食材・甘味料が高カロリー

以下のようなカロリーが高い食材や甘味料をシリアルと食べ合わせると、カロリーオーバーとなって太りやすくなります。

・ナッツ
・ドライフルーツ
・はちみつ
・砂糖
・油


ナッツやドライフルーツは栄養価も高く歯ごたえがあることから、シリアルのトッピングとして人気がある食材です。しかし、これらの食材はカロリーが高いため、たくさん使うと高カロリーとなります。また、シリアルの味付けとして、はちみつや砂糖のような糖質やカロリーが高い甘味料を使うのも注意が必要です。

また、シリアルに油で揚げたナッツや砂糖漬けのフルーツなどをトッピングすると、脂質や糖質、カロリーが高くなって太る原因に繋がります。

②夜遅くに食べている

シリアルを夜遅く食べることも、太る原因のひとつです。体内に存在するB-MAL1と呼ばれるたんぱく質は、コレステロールや脂肪の合成を活発化させて、脂肪の蓄積を促進する働きがあります。このB-MAL1は午後10時ごろから増加し始めて午前2~4時ごろにピークを迎える性質があり、分泌量が多い時間帯ほどこの作用が強まるのが特徴です。

そのため、B-MAL1の働きが活発化する夜間にシリアルを食べると、体に脂肪が蓄積されて太りやすくなります。ダイエット中には、B-MAL1の分泌量が少ない昼間の時間帯にシリアルを食べるとよいでしょう。

③シリアル以外の食生活が悪い

シリアルで太る原因には、シリアル以外の食生活の乱れも関係があります。シリアルは食物繊維などの栄養が豊富な食品ですが、それだけで全ての栄養が補えるわけではありません。人が健康に過ごすためには、肉や野菜、米などをバランスよく摂取する必要があります。ダイエット中にシリアルを食べる場合は、シリアルだけに偏りすぎないように注意してください。

シリアルは本来太りにくい食品?ダイエット効果あり?

シリアルは本来太りにくくダイエット効果も見込める食品と言われますが、これは本当なのでしょうか。ここでは、シリアルを食べることで期待できるダイエット効果について解説します。

関連する記事

×