ニラを食べ過ぎるとどうなる?下痢・頭痛の原因に?1日の適量はどれくらいかなど紹介!

ニラを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?今回は、ニラの食べ過ぎによる〈下痢・腹痛・吐き気・胃痛〉 など悪影響の例を原因や対処法・防止策とともに紹介します。ニラの食べ過ぎにならない量の目安や、適量食べた場合の効果・効能も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ニラの食べ過ぎに注意?
  2. ニラを食べ過ぎるとどうなる?
  3. ①頭痛・胃痛で気持ち悪い
  4. ②消化不良で下痢・腹痛になる
  5. ③口の中に臭いが残る
  6. ニラの食べ過ぎにならない量はどれくらい?
  7. ニラの適量は1日1束ほど
  8. ニラの食べ過ぎによる症状の対処法・防止策は?
  9. 防止策①ニラを加熱して食べればアリシンが弱まる
  10. 対処法②口の中に臭いが残った時は乳製品を食べるのがおすすめ
  11. ニラを適量食べた場合の効果・効能は?
  12. ①ビタミンC
  13. ②ビタミンB1
  14. ③カリウム
  15. ニラは適度な量を食べよう

ニラの食べ過ぎに注意?

ユリ科ネギ属の多年草であるニラは育てやすく、1つの株から何度も収穫できるので1年中安く購入できる食材です。ニラは栄養価も高く様々な料理に活用できますが、食べ過ぎても問題ないのかが気になるところです。ここでは、ニラは食べ過ぎても問題がないのかについて説明します。

ニラを食べ過ぎるとどうなる?

ニラは日持ちが短いので、まとめて購入したときには一度にたくさん食べることがあるかもしれません。このような時はニラの食べ過ぎによって、体に悪影響はないのか気になるところです。ここでは、ニラを食べ過ぎるとどうなるのか解説します。

①頭痛・胃痛で気持ち悪い

ニラを食べ過ぎると胃痛や吐き気で気持ち悪くなったり、頭痛の原因となることがあります。ニラやニンニクに含まれているアリインは、体内の酵素によってアリシンに変化します。アリシンは強い殺菌力で胃壁を荒らし、胃痛や悪心などの胃腸症状をひきおこす原因となる成分です。

アリシンの刺激によって胃の運動機能が下がることで胃酸が食道に逆流し、気持ちが悪くなることもあるようです。また、ニラの食べ過ぎによってアリインがアリシンに代謝されずに体内に吸収されると、体中に酸素を送る赤血球にダメージを与えて量が減少します。よって度を超えて食べ過ぎると、脳の酸素不足による頭痛や貧血の原因となるので注意しましょう。

②消化不良で下痢・腹痛になる

ニラを食べ過ぎると消化不良を起こし、下痢や腹痛が起こることもあります。下痢や腹痛が起こるのは、前述したニンニクにも含まれるアリインが酵素と反応し移行性化合物であるアリシンに変化し、腸内の善玉菌も殺菌してしまうからです。

またニラ100gに対し2.7gの食物繊維が含まれており、水溶性食物繊維が0.5g、不溶性食物繊維が2.2gとなっています。食物繊維は摂り過ぎても、腸内の水分バランスが崩れて下痢や腹痛の原因となるため注意しましょう。

③口の中に臭いが残る

ニラを食べ過ぎると口の中に臭いが残り、歯磨きしても取り除くことができません。これはニンニクにも含まれているアリシンは、臭いの成分でもあるからです。ニラを食べて体内に取り込まれたアリシンは血液にのって体内をめぐり、やがて肺に届きます。肺に達したアリシンは呼気となるため、マウスウォッシュや歯磨きでは解消しにくいでしょう。

ニラの食べ過ぎにならない量はどれくらい?

ニラの独特な香りは食欲をそそるので、つい箸が進んで食べ過ぎてしまうことも珍しくありません。ニラの効果や効能を最大限に引き出す意味でも、適性な摂取量を知っておきたいところです。ここでは食べ過ぎにならない、ニラの適性量について説明します。

ニラの適量は1日1束ほど

ニラの適量は1日1束で、重量に換算すると90g程度です。これは1日に摂取すべき緑黄色野菜の量の8割にあたるので、ニラを食べ過ぎた時はにんじんやほうれん草よりもレタスや大根などの淡色野菜を摂るようにしましょう。

ニラが旬の時期は柔らかくて美味しいニラが堪能できますが、加熱するとかさが減るため食べ過ぎてしまいがちです。調理後のニラを90g食べると食べ過ぎになるので、注意するようにしてください。

ニラの食べ過ぎによる症状の対処法・防止策は?

ニラは食べ過ぎないこと以外でも、胃腸症状や口臭を防ぐことができるのでしょうか。ここでは、ニラの食べ過ぎによる症状の対処法や防止策を紹介します。

防止策①ニラを加熱して食べればアリシンが弱まる

ニラは種類や季節によっては生で食べることもできますが、下痢などの症状を起こりにくくするためには炒め物などの加熱調理がおすすめです。ニラだけではなくニンニクにも含まれているアリシンは、加熱することでその刺激を弱めることができます。さらにニラに含まれているビタミンAは、油とともに摂取することで吸収の効率が上がる栄養素です。

(*ニラは生食できるかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ニラは生で食べれる?危ない?メリット・デメリットやレシピのおすすめを紹介!

対処法②口の中に臭いが残った時は乳製品を食べるのがおすすめ

ニラやニンニクに含まれるアリシンは胃壁や口腔内の粘膜に付着し、ニラを食べた後の口の匂いの原因になります。ニラやニンニクの臭いが口の中に残った時には、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べると軽減されるのでぜひ試してみてください。これは乳製品に含まれている脂肪分に、アリシンを溶かす効果があるからです。

ニラを適量食べた場合の効果・効能は?

ニラは様々な栄養成分を含んだ緑黄色野菜なので、適量を食べることをおすすめします。ここでは、ニラを適量食べた場合の効果・効能を詳しく紹介します。

①ビタミンC

ニラ100gには19mgと、レタスの約4倍のビタミンCが含まれています。ビタミンCにはコラーゲンを生成する働きがあり、美肌効果や毛細血管や軟骨を健康に維持する働きのある栄養素です。

また、メラニン色素の生成を抑える作用もあり、美白やしみやそばかすの予防などにも役立ちます。人間はビタミンCを体内で生成できないので、ニラをはじめとする野菜やフルーツから摂取するようにしましょう。(※1)

②ビタミンB1

ニラ100gには0.1mgのビタミンB1が含まれており、体内で糖質からエネルギーを産生させる働きを補助します。このためダイエットに役立つほか、疲労回復にも効果的な栄養素です。ニラに含まれているアリシンはビタミンB1の吸収をサポートするので、効率的に栄養が摂取できる野菜だと言えるでしょう。(※2)

③カリウム

ニラ100gにはカリウム510mgが含まれており、成人男性の摂取目標の1/5を摂取することができます。カリウムには体内の余分なナトリウムと結合し水分とともに体外に排出する働きがあるので、塩分の摂り過ぎによるむくみ解消や血圧を下げることにも効果的です。(※3)

(*ニラの栄養素と効能について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

ニラの栄養素と効能は?加熱NG?栄養成分を逃さない調理法やレシピのおすすめも!

ニラは適度な量を食べよう

今回はニラの食べ過ぎによる体への悪影響の例や原因を、対処法や防止策とあわせて紹介しました。ニラの食べ過ぎは胃腸症状だけでなく、口臭の原因になることがあります。適度な量のニラを食べるとビタミンAや、カリウムなどのミネラルも摂れるので健康増進に役立てましょう。

関連する記事