ニラを食べ過ぎは体に悪い?下痢・頭痛の原因に?1日の適量はどれくらいかなど紹介!

ニラを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?体に悪いのでしょうか?今回は、ニラの食べ過ぎによる〈下痢・腹痛・吐き気・胃痛〉 など悪影響の例を原因や対処法・防止策とともに紹介します。ニラの食べ過ぎにならない量の目安や、適量食べた場合の効果・効能も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ニラの食べ過ぎに注意?
  2. ニラを食べ過ぎるとどうなる?体に悪いの?
  3. ①頭痛・胃痛で気持ち悪い
  4. ②消化不良で下痢・腹痛になる
  5. ③口の中に臭いが残る
  6. ニラの食べ過ぎにならない量はどれくらい?
  7. ニラの適量は1日1束ほど
  8. ニラの食べ過ぎによる症状の対処法・防止策は?
  9. 防止策①ニラを加熱して食べればアリシンが弱まる
  10. 対処法②口の中に臭いが残った時は乳製品を食べるのがおすすめ
  11. ニラを適量食べた場合の効果・効能は?
  12. ①ビタミンC
  13. ②ビタミンB1
  14. ③カリウム
  15. ニラは適度な量を食べよう

ニラの食べ過ぎに注意?

ユリ科ネギ属の多年草であるニラは育てやすく、1つの株から何度も収穫できるので1年中安く購入できる食材です。ニラは栄養価も高く様々な料理に活用できますが、食べ過ぎても問題ないのかが気になるところです。ここでは、ニラは食べ過ぎても問題がないのかについて説明します。

ニラを食べ過ぎるとどうなる?体に悪いの?

ニラは日持ちが短いので、まとめて購入したときには一度にたくさん食べることがあるかもしれません。このような時はニラの食べ過ぎによって、体に悪影響はないのか気になるところです。ここでは、ニラを食べ過ぎるとどうなるのか解説します。

①頭痛・胃痛で気持ち悪い

ニラを食べ過ぎると胃痛や吐き気で気持ち悪くなったり、頭痛の原因となることがあります。ニラやニンニクに含まれているアリインは、体内の酵素によってアリシンに変化します。アリシンは強い殺菌力で胃壁を荒らし、胃痛や悪心などの胃腸症状をひきおこす原因となる成分です。

アリシンの刺激によって胃の運動機能が下がることで胃酸が食道に逆流し、気持ちが悪くなることもあるようです。また、ニラの食べ過ぎによってアリインがアリシンに代謝されずに体内に吸収されると、体中に酸素を送る赤血球にダメージを与えて量が減少します。よって度を超えて食べ過ぎると、脳の酸素不足による頭痛や貧血の原因となるので注意しましょう。

②消化不良で下痢・腹痛になる

ニラを食べ過ぎると消化不良を起こし、下痢や腹痛が起こることもあります。下痢や腹痛が起こるのは、前述したニンニクにも含まれるアリインが酵素と反応し移行性化合物であるアリシンに変化し、腸内の善玉菌も殺菌してしまうからです。

またニラ100gに対し2.7gの食物繊維が含まれており、水溶性食物繊維が0.5g、不溶性食物繊維が2.2gとなっています。食物繊維は摂り過ぎても、腸内の水分バランスが崩れて下痢や腹痛の原因となるため注意しましょう。

③口の中に臭いが残る

ニラを食べ過ぎると口の中に臭いが残り、歯磨きしても取り除くことができません。これはニンニクにも含まれているアリシンは、臭いの成分でもあるからです。ニラを食べて体内に取り込まれたアリシンは血液にのって体内をめぐり、やがて肺に届きます。肺に達したアリシンは呼気となるため、マウスウォッシュや歯磨きでは解消しにくいでしょう。

ニラの食べ過ぎにならない量はどれくらい?

ニラの独特な香りは食欲をそそるので、つい箸が進んで食べ過ぎてしまうことも珍しくありません。ニラの効果や効能を最大限に引き出す意味でも、適性な摂取量を知っておきたいところです。ここでは食べ過ぎにならない、ニラの適性量について説明します。

ニラの適量は1日1束ほど

ニラの適量は1日1束で、重量に換算すると90g程度です。これは1日に摂取すべき緑黄色野菜の量の8割にあたるので、ニラを食べ過ぎた時はにんじんやほうれん草よりもレタスや大根などの淡色野菜を摂るようにしましょう。

ニラが旬の時期は柔らかくて美味しいニラが堪能できますが、加熱するとかさが減るため食べ過ぎてしまいがちです。調理後のニラを90g食べると食べ過ぎになるので、注意するようにしてください。

ニラの食べ過ぎによる症状の対処法・防止策は?

ニラは食べ過ぎないこと以外でも、胃腸症状や口臭を防ぐことができるのでしょうか。ここでは、ニラの食べ過ぎによる症状の対処法や防止策を紹介します。

関連する記事

×