冷凍フルーツは太る?ダイエット効果あり?カロリーや食べ方・レシピのおすすめを紹介!

冷凍フルーツは太るのでしょうか?ダイエット効果はあるのでしょうか?今回は、冷凍フルーツのダイエット効果や太らない食べ方を、口コミと共に紹介します。<セブン>など冷凍フルーツのコンビニ商品のおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 冷凍フルーツは太る?体に悪いって本当?
  2. 冷凍フルーツに関わらず「食べ過ぎ」は太る
  3. 冷凍フルーツのダイエット効果は?
  4. ①アイスクリームに比べてカロリーが低い
  5. ②果糖は太りにくい成分である
  6. ③ミネラル類・ビタミン類が多く含まれる
  7. ④腹持ちが良く食べ過ぎを防げる
  8. ⑤長く保存できるためゆっくり食べられる
  9. 冷凍フルーツのダイエット向きの食べ方は?
  10. ①15時〜18時の間に数回に分けて食べる
  11. ②間食は200kcalに収まるように食べる
  12. ③スムージーに入れて飲む
  13. ④炭酸水に入れて飲む
  14. 冷凍フルーツのダイエット向きレシピ
  15. ①冷凍フルーツの豆腐アイス
  16. ②フルーツゼリー
  17. ③ヨーグルトバーク
  18. 冷凍フルーツのダイエット向きコンビニ商品のおすすめは?
  19. ①ブルーベリー(203円)
  20. ②いちご(238円)
  21. ③スタールビーグレープフルーツ(203円)
  22. 冷凍フルーツはダイエットに最適!

冷凍フルーツは太る?体に悪いって本当?

通年を通して楽しむことができる冷凍フルーツを、アイスの代わりに食べている人も多いようです。冷凍フルーツを食べると太るうえに体に悪いといった説がありますが、これは本当なのでしょうか。冷凍フルーツを食べることで太ると言われる理由について解説します。

冷凍フルーツに関わらず「食べ過ぎ」は太る

冷凍フルーツのカロリーや糖質に関わらず、どのような食べ物であっても食べ過ぎると体に悪いと言えます。この理由は、冷凍フルーツを食べ過ぎることで摂取カロリーが増えて太る可能性があるためです。

冷凍フルーツのような冷たい食べ物を食べ過ぎるとお腹を冷やし、下痢や便秘・消化不良を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。また、冷凍フルーツを食べ過ぎることで身体が冷えて代謝が落ち、痩せにくい体質になるため、ダイエット中は特に食べ過ぎないように気をつけましょう。

また、冷凍フルーツは食感が硬いため、よく噛んで食べる必要があります。咀嚼回数が増えると満腹中枢が刺激されて、少量でも満足感を感じやすくなり間食を抑えることが可能です。そのため、冷凍フルーツは食べ過ぎなければダイエットにも最適な食品と言えます。

冷凍フルーツのダイエット効果は?

冷凍フルーツを食べることで、どのようなダイエット効果が期待できるのでしょうか。ここでは、冷凍フルーツにダイエット効果がある理由を、カロリーや栄養素などを交えながら5つ紹介します。

①アイスクリームに比べてカロリーが低い

100gあたり カロリー
冷凍ぶどう(Dole) 63.8kcal
アイスの実 濃いぶどう(グリコ) 131kcal

冷凍フルーツのカロリーは市販のアイスクリームよりもカロリーが低く、冷凍ぶどうはアイスの実の半分程度のカロリーしかありません。アイスクリームには砂糖や乳脂肪分が含まれているのでカロリーが高い一方で、フルーツをそのまま凍らせた冷凍フルーツは砂糖を使用していないためカロリーが低くなります。

②果糖は太りにくい成分である

フルーツに含有される果糖は、太りにくい成分だと言われています。この理由は、果糖は穀物や砂糖などに含有される糖分とは違い、血糖値を上げにくい成分であるためです。

砂糖などの糖質を摂取すると血糖値が急激に上昇してインスリンが過剰に分泌され、糖質が脂肪に変換されて太りやすくなります。血糖値を上げにくい冷凍フルーツを食べても、砂糖や小麦粉などを使った糖質の高いお菓子を食べるよりは太りにくいと言えるでしょう。

③ミネラル類・ビタミン類が多く含まれる

冷凍フルーツには、ダイエットや美容に効果的なビタミンCやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。ビタミンCは免疫力を向上させてダイエットの効率を高めるほか、ダイエット中の食事制限で荒れがちな肌荒れを防ぐ効能があります。カリウムは体内の余分な塩分を排出する作用があり、むくみを解消して水太りによる体重増加を予防する栄養素です。

④腹持ちが良く食べ過ぎを防げる

冷凍フルーツは腹持ちが良いので、食事の食べ過ぎや間食を防ぐことができます。冷凍フルーツに含まれる食物繊維は腸内を時間をかけて移動する性質があり、満腹感が持続しやすいのが特徴です。また、冷凍フルーツの果糖は体内に吸収される速度が遅いため、食物繊維との相乗効果でより腹持ちがよくなりダイエットに適した食材だと言われています。

⑤長く保存できるためゆっくり食べられる

冷凍フルーツは長期保存ができるため、少量ずつゆっくり食べられる点もメリットのひとつです。購入した冷凍フルーツの容量が多い場合でも、保存が効くため無理をして食べ切る必要がないので、食べ過ぎを防ぐことができます。ダイエット中に冷凍フルーツを食べる場合は、食べる分だけ皿に出して余った分は冷凍室で保存するとよいでしょう。

冷凍フルーツのダイエット向きの食べ方は?

関連する記事

×