トマトジュースを毎日飲み続けた結果|コレステロール値が下がる?効果を口コミとともに紹介!

トマトジュースを毎日飲み続けた結果どうなるか知っていますか?今回は、トマトジュースを毎日飲み続けた時の〈血糖値・コレステロール値・ダイエット〉などへのメリットやより効果的な飲み方を紹介します。トマトジュースを飲み過ぎるデメリットや毎日飲む際におすすめな商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. トマトジュースを飲み続けた結果は?
  2. トマトジュースを飲み続けるメリット・効果は?
  3. ①むくみ解消
  4. ②美肌・美容効果
  5. ③中性脂肪・コレステロール値の低下
  6. ④血糖値の上昇を抑制・ダイエット効果
  7. トマトジュースを飲み過ぎには注意?デメリットがある?
  8. トマトジュースのより効果的な飲み方は?
  9. ①ホットにしてオリーブオイルを混ぜる
  10. ②タイミングは夜寝る前に飲むのがおすすめ
  11. トマトジュースを毎日飲む際におすすめな商品
  12. ①理想のトマト(108円)
  13. ②カゴメトマトジュース(82円)
  14. ③リコピンリッチ(117円)
  15. トマトジュースを飲み続けよう

トマトジュースは美味しく、飲みやすいためついつい飲み過ぎてしまうこともあります。しかし、健康に良いからといってトマトジュースを飲みすぎはよくありません。ここでは、トマトジュースを飲み過ぎた場合に起こる注意点やデメリットを紹介します。

トマトジュースの飲み過ぎると起こりやすいデメリットは、以下の通りです。

・塩分の過剰摂取による浮腫
・下痢や腹痛
・副腎疲労になる
・高カリウム血症の発症
・胆石や尿管結石の発症
・糖分の摂り過ぎによる糖尿病


まず、トマトジュースには酸味の強いトマトの甘味を感じられるようにするために塩分が多く含まれています。そのため、トマトジュースを飲みすぎると塩分の過剰摂取につながり、浮腫やすくなるので注意が必要です。下痢や腹痛は、リコピンの摂取過多によるもので、適量であればお通じ改善に良いとされているので適量を守るようにしましょう。

副腎疲労や高カリウム血栓症は、ミネラルの一種であるカリウムの過剰摂取によって起こります。特に高カリウム血栓症は腎臓に異常がある方がなりやすいとされているので、トマトジュースを飲み過ぎないよう気を付ける必要があります。

(*トマトジュースの飲み過ぎに関するデメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

トマトジュースの飲み過ぎは体に悪い?危険?1日の摂取量の目安も解説!

トマトジュースのより効果的な飲み方は?

時間のない時でも簡単に栄養が摂れるトマトジュースですが、ひと工夫加えるだけでトマトジュースに含まれている栄養素をより効率的に摂取することができます。ここでは、トマトジュースの効果的な飲み方を2パターン紹介します。

①ホットにしてオリーブオイルを混ぜる

代謝促進、美肌効果など、健康効果のあるリコピンは温めることと、オリーブオイルを加えることで体内への吸収がよくなるとされています。そのためトマトジュースを温めて飲むことで、より代謝促進などのダイエットにつながる効果が期待できます。

気になるホットトマトジュースの作り方は、トマトジュース150ccを耐熱性のカップに入れて600Wの電子レンジで40~50秒加熱します。その後、お好みのオリーブオイルを小さじ1杯加えてよく混ぜれば完成です。身体への影響を第一に考える場合、トマトジュースは必ず食塩無添加のものを選ぶようにしましょう。

②タイミングは夜寝る前に飲むのがおすすめ

寝る前にトマトジュースを飲むことで、肌の新陳代謝や筋肉の回復・生成を促進する働きのある成長ホルモンの働きが活性化されます。そのため寝る前にトマトジュースを飲むと、成長ホルモンの活性化を通して、美肌効果やダイエット効果が期待できます。

(*トマトジュースの ダイエットに効果的な飲み方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)


トマトジュースダイエットは効果ある?やり方は?口コミやタイミング・量のおすすめを解説!

トマトジュースを毎日飲む際におすすめな商品

トマトジュースは、美容や健康に効果のあるリコピンを効率よく摂取できるとして注目を集めています。味わいによって濃縮還元タイプ、ストレートタイプや食塩無添加など様々な種類が販売されています。ここでは健康に良く、毎日飲み続けたいトマトジュースのおすすめ商品を3品紹介していきます。

①理想のトマト(108円)


*購入サイト|楽天市場*
伊藤園 理想のトマト 200ml×48本(24個×2ケース)

伊藤園の理想のトマトは、砂糖・食塩無添加でトマト100%で作られており、毎日飲むことで美容と健康に効果があります。リコピンの1日当たりの摂取目安量が15〜20mgであるのに対し、理想のトマトは紙パック 200mlでリコピン 30mgと十分に摂取することができます。

②カゴメトマトジュース(82円)


*購入サイト|楽天市場*
カゴメ トマトジュース 食塩無添加200ml×3ケース(全72本)

関連する記事

×