黒豆ダイエットの効果・やり方は?痩せた口コミや人気レシピを紹介!

黒豆ダイエットを知っていますか?痩せるのでしょうか?今回は、黒豆のダイエット向きな理由・効果・効能や、やり方・方法を痩せた口コミとともに紹介します。黒豆ダイエットの注意点や、人気レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 黒豆はダイエット向き?太る?
  2. 黒豆のカロリーを他の豆類と比較すると…?
  3. 黒豆がダイエット向きな理由は?効果・効能はある?
  4. ①サポニン|脂肪の吸収・蓄積を抑える
  5. ②アントシアニン|脂肪の吸収を抑える体外へ排出
  6. ③不溶性食物繊維|満腹感を得やすい
  7. ④水溶性食物繊維|糖質・脂質の吸収を抑える
  8. ⑤タンパク質|飽和脂肪酸の取りすぎを回避
  9. ⑥ビタミン|糖の代謝効率を上げる
  10. 美容効果もある
  11. 黒豆のダイエットの効果的なやり方・方法は?
  12. 黒豆を取り入れるタイミングは食前やおやつがおすすめ
  13. 黒豆を食べる量は1日70gまで
  14. 黒豆茶でダイエットを簡単に続けるのもあり
  15. 黒豆ダイエットの注意点は?
  16. 黒豆は市販ではなく手作りをなるべく食べよう
  17. 黒豆ダイエットは効果ある?【口コミ】
  18. 黒豆ダイエットで痩せた人の口コミ
  19. 黒豆ダイエットで痩せない・失敗した人の口コミ
  20. 黒豆のダイエット向きレシピ!
  21. ①炒り黒豆
  22. ②酢黒豆
  23. ③蒸し黒豆
  24. 黒豆ダイエットにおすすめの通販・市販商品
  25. ①フジッコ 煎り黒豆 57g×10個(1,944円)
  26. ②丹波の黒豆しぼり 1kg (2,730円)
  27. ③やまぐち黒豆納豆セット(3,456円)
  28. 黒豆でダイエットを成功させよう

黒豆はダイエット向き?太る?

黒豆とは大豆の一種で表面が黒いことで知られ、栄養成分は大豆とそれほど変わりないとされています。しかしそうした黒豆が、ダイエットに役立つと注目を集めているのです。ここでは、黒豆がダイエット向きなのかについて説明しますので参考にしてください。

黒豆のカロリーを他の豆類と比較すると…?

100gあたり カロリー 糖質
黒豆(乾燥) 417kcal 15g
小豆 339kcal 41g
大豆 417kcal 17g

上記見ると黒大豆とも呼ばれる黒豆はカロリーは低いとはいえず、日本のおせち料理に入る黒豆煮は甘いのでダイエット効果があるとは考えにくいです。巷で注目されている黒豆ダイエットは韓国発で、乾燥した黒大豆を食べるものです。糖質が低い食材ではあるので、正しい方法で黒豆ダイエットを実践すると痩せる効果は期待できそうです。

黒豆がダイエット向きな理由は?効果・効能はある?

大豆と栄養成分がほとんど変わらないのに、黒豆だけがダイエットに役立つと聞くと理由が気になるところです。しかし黒豆の栄養成分とその効果をみると、痩せる理由に納得できます。ここでは黒豆が持つダイエットに効果的な栄養成分と、その効能について説明します。

①サポニン|脂肪の吸収・蓄積を抑える

黒豆に含まれているサポニンには、脂肪の吸収と蓄積を抑制するダイエット効果があるのです。取りすぎた脂質は腸で吸収されるものですが、黒豆に含まれているサポニンがその働きを阻害するとともに体外に排出します。さらにサポニンは脂肪燃焼をサポートしてくれるので、痩せやすくなるのです。

またサポニンには便を柔らかくする働きもあり、便秘解消にも役立ちます。さらにサポニンはコレステロール値を下げて血液中に脂質を洗い流したり、肝機能を向上させることで脂肪肝を予防したりする作用も、ダイエット効果につながっているのでしょう。

②アントシアニン|脂肪の吸収を抑える体外へ排出

黒豆の黒色はアントシアニンと呼ばれる色素によるものですが、脂肪の吸収を抑制し体外に排出する働きを担っています。さらにアントシアニンには体内の活性酸素を取り除く働きがあり、血流を向上させることで体脂肪をつきにくくしてくれるのです。その相乗効果によって痩せることも、黒豆がダイエットによいとされる理由です。

③不溶性食物繊維|満腹感を得やすい

黒豆には不溶性食物繊維が豊富に含まれていますが、噛み応えがあるので咀嚼回数が増えることで食べ過ぎ防止につながります。また不溶性食物繊維は胃の中で水分を吸収して膨らむので、満腹感が得やすくなるのです。

さらに不溶性食物繊維は腸の中で善玉菌のエサになるため腸内環境が改善され、水分を吸収して便をカサ増しして蠕動運動を促し便秘解消にも効果的です。これも黒豆ダイエットで痩せる理由の1つといえます。

④水溶性食物繊維|糖質・脂質の吸収を抑える

黒豆には水溶性食物繊維も含まれており、体内で水分を吸収しながら胃腸を移動するので、脂質や糖質の吸収を穏やかにしてくれます。そのうえ性食物繊維は胃腸の中で余分な糖質や脂質を吸着し、体外に排出する働きも担っているのです。

そのため黒豆を食べることで、食事で摂取した糖質や脂質の吸収を抑えることも可能です。また水溶性食物繊維は腸の中で毒素や老廃物も吸着して体外に排出してくれるので、便秘解消によるダイエット効果も期待できます。

⑤タンパク質|飽和脂肪酸の取りすぎを回避

黒豆には植物性タンパク質が豊富なので、カロリーを消費してくれる筋肉量を維持する働きを担います。肉や魚、卵に含まれる動物性タンパク質は吸収速度が高いので、筋肉量を増やしたい時には効果的です。しかし肉や魚ばかり食べていると飽和脂肪酸を取りすぎてしまいます。

黒豆には植物性タンパク質しか含まれていないので、飽和脂肪酸を過剰摂取せずに済み安心です。また植物性タンパク質は吸収速度が遅いので、長時間にわたって筋肉に供給される点もダイエット効果につながります。

⑥ビタミン|糖の代謝効率を上げる

関連する記事

×