もつ煮込みのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット向きの食べ方など紹介!

もつ煮込みのカロリー・糖質を知っていますか?高くて太るのでしょうか?今回は、もつ煮込みのカロリー・糖質を他の煮込み料理や商品別に比較し、栄養素・効果も紹介します。もつ煮込みのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. もつ煮込みのカロリー・糖質は高い?太る?
  2. もつ煮込みのカロリー・糖質
  3. もつ煮込みのカロリー・糖質を他の煮込み料理と比較
  4. もつ煮込み(1人前)のカロリー消費に必要な運動量
  5. もつ煮込みの【店・商品別】のカロリーは?
  6. もつ煮込みの栄養素・効果は?
  7. ①ビタミンB群による糖質の代謝を促進
  8. ②不飽和脂肪酸によるコレステロール値の減少
  9. ③鉄分による疲労回復効果
  10. もつ煮込みをダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  11. ①もつ煮込みに使う豚小腸は下茹でする
  12. ②もつの量を減らし野菜を増やす
  13. もつ煮込みのダイエット向きな太りにくい食べ方は?
  14. ①食欲増進効果のある香辛料の使用を控える
  15. ②煮汁をなるべく飲まない
  16. ③夜に食べない
  17. ④よく噛んで食べる
  18. もつ煮込みのカロリーに注意して食べよう

もつ煮込みのカロリー・糖質は高い?太る?

寒い時期の食事やお酒のお供として人気の高いもつ煮込みですが、カロリーはどうなっているでしょうか。ここではもつ煮込みのカロリーやダイエット向きの食べ方について紹介していきますが、まずはもつ煮込みのカロリーや食べた時の必要運動量を見てみましょう。

もつ煮込みのカロリー・糖質

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
豚もつ煮込み(1人前) 142kcal 12g 6%
牛もつ煮込み(1人前) 215kcal 16g 10%

【材料】
・豚もつ:75g/133kcal
・酒:-/-
・生姜:-/-
・大根:75g/14kcal
・ニラ:24g/6kcal
・にんにく:-/-
・唐辛子:-/-
・昆布だし:200g/8kcal
・鶏がらスープ顆粒:-/-
・みりん:19g/46cal
・醤油:19g/13kcal

※1日の摂取量は成人男性の目安です

上記はもつ煮込みのカロリーと糖質を表したもので、材料は豚もつを表記しています。豚もつは牛もつに比べてカロリーや糖質が低いため、どちらかで迷ったら豚もつ煮込みを選ぶのがおすすめです。もつ自体には糖質は含まれておらず、基本的にはみりんなどの調味料からの糖質になるため、糖質が気になる場合はみりんの量を減らすなどの工夫をしましょう。

(*ホルモン(もつ)のカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ホルモンの部位別のカロリー一覧表【低い順】ダイエット効果や太りにくい食べ方のコツを紹介!

もつ煮込みのカロリー・糖質を他の煮込み料理と比較

1人前あたり カロリー 糖質
もつ煮込み(豚) 142kcal 12g
肉じゃが 170kcal 18g
鶏レバーの甘辛煮 204kcal 12g
もつ煮込み(牛) 215kcal 16g
牛すじ煮込み 318kcal 16g

もつ煮込みのカロリーを、他の煮込み料理のカロリーと糖質と並べてみました。どれも居酒屋メニューとして登場することもある煮込み料理ですが、豚もつ煮込みは他の料理と比べても、低カロリー低糖質であることがわかります。ただし、このもつ煮込みの材料は家庭で作ることを前提としたレシピであるため、お店によっては高カロリーである可能性もあります。

もつ煮込み(1人前)のカロリー消費に必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 53分
ジョギング 52分
自転車 20分
ストレッチ 64分
階段登り 18分
掃除機かけ 46分

上記はもつ煮込み1人前を食べたときに、カロリー消費に必要な運動量です。ウォーキングが1時間近くと比較的ちょうど良い運動量にも見えますが、もつ煮込みは白米やお酒と食べることが多いため、さらに運動量は増えることになります。高カロリーな料理とは言えませんが、適度な運動を心掛けて燃焼させていきましょう。

もつ煮込みの【店・商品別】のカロリーは?

店名 商品名 カロリー
セブンイレブン ピリ辛もつ煮込み(170g) 218kcal
ローソン 豚もつ煮込み(180g) 122kcal
ファミマ 国産豚を使った豚もつ煮込み(180g) 124kcal
山田うどん パンチ 288kcal

お店で商品として販売されている、もつ煮込みのカロリーも見てみましょう。これらはどれも豚肉を使ったもつ煮込みですが、商品によって大きくカロリーの差があることがわかります。しかし、ご飯のおかずとして食べることを考えれば高カロリーとは言えず、単品だけでお酒のおつまみとして食べる場合でも、ちょうど良いか少し高めのカロリーです。

もつ煮込みの栄養素・効果は?

カロリーや塩分の気になることの多いもつ煮込みですが、栄養素は以下のものが含まれています。

・ビタミンB群
・不飽和脂肪酸
・鉄分


他にもさまざまな栄養や効果が含まれていますが、ここでは主にこれらの栄養の効果について説明していきます。

①ビタミンB群による糖質の代謝を促進

もつにはビタミンB群が豊富に含まれており、糖質の代謝を促す働きがあります。ビタミンB群を摂取しておくことで、糖質が体内に入ってもインスリンの働きで脂肪に変わる前に代謝されることになるため、ダイエットには効果的な栄養と言えます。

②不飽和脂肪酸によるコレステロール値の減少

もつには不飽和脂肪酸と呼ばれる成分も含まれており、血液中のコレステロールを減らしてくれます。コレステロールが減ることで体内の中性脂肪も減らせるので、ダイエット中やメタボリックシンドロームが気になる男性にはおすすめの栄養素です。

③鉄分による疲労回復効果

もつには鉄分も含まれており、血液中の酸素を増やして代謝を向上させ痩せやすい体になるほか、貧血予防にも効果的であるため女性は積極的に摂取する必要のある栄養素です。また、鉄分には疲労回復効果もありますが、現代人は鉄分が不足しがちとなっているため、意識的に摂るようにしましょう。

もつ煮込みをダイエット向けにカロリーオフする方法は?

もつ煮込みは脂質が高く、味付けも濃いためダイエットには不向きな料理と言えます。しかし、少し気をつけるだけでも脂質やカロリーをカットでき、ダイエット中でも美味しくもつ煮込みが食べられます。

①もつ煮込みに使う豚小腸は下茹でする

もつ煮込みを作るときは、下茹でをすることで脂質が落とせるので、以下の手順で落としてみてください。

1.もつに脂身がついているようなら取る
2.たっぷりのお湯を沸かし2分ほど茹でる
3.お湯で3回ほど洗う

購入時に既に脂身が取られていることもありますが、もつによってはそのままになっていることもあります。できるだけ脂質を取り除くため、必ず確認したうえで茹でる手順に入ってください。茹でこぼした後にお湯で洗いますが、白く濁っていたお湯が透明になるまでしっかり洗います。何度も茹でると旨味も洗い流してしまうため、茹でるときは一回だけにしましょう。

②もつの量を減らし野菜を増やす

もつ煮込みをカロリーオフするする場合は、もつの量を減らして野菜をたっぷり入れるのがおすすめです。もつ煮込みは大根や人参などの根菜類や、こんにゃくなどボリュームがありヘルシーな食材との相性が良いため、少ない量でも満足感が得られ体も温まります。腸内環境を整えて便秘解消にも役立つ食材なので、ダイエットには適した料理と言えるでしょう。

もつ煮込みのダイエット向きな太りにくい食べ方は?

もつ煮込みのダイエット向きの調理の他に、食べ方でも太りにくい方法があるようです。いくつか紹介するので、もつ煮込みに限らず他の料理を食べる時にも参考にしてください。

①食欲増進効果のある香辛料の使用を控える

もつ煮は臭みが強い食材を使うため、香辛料を多く使うことがありますが、香辛料によっては食欲を増進させる効果のあるものもあるようです。

・にんにく
・生姜
・唐辛子
・しそ


これらはもつ煮込みに使われることの多い、食欲増進効果のある香辛料です。もつ煮込みは味付けが濃いため、食欲増進効果のある香辛料を使うと白米が進むことになり、カロリーオーバーすることになります。にんにくや生姜はもつの臭みを消すために使われることが多いですが、なくても美味しくもつ煮が作れるので、ダイエット中ならそちらがおすすめです。

②煮汁をなるべく飲まない

もつ煮を食べるときは、煮汁はできるだけ飲まないようにしましょう。塩分によってむくんでしまい、そのまま放置すると脂肪の塊となり、セルライトとして体について落ちにくくなります。また一度茹でて脂質はある程度落としているものの、落ちきれなかったもつの脂が溶け出しており脂質が高くなっているので、太る原因となります。

③夜に食べない

もつ煮込みは居酒屋メニューとしても人気ですが、夜遅くに食べるのはおすすめしません。特に夜10時からは体内でBMAL-1と呼ばれるたんぱく質の一種が増えていき、午前2時にはピークに達します。BMAL-1は脂肪を作る働きがあり、BMAL-1の量が増えるほど細胞内に脂肪が溜まりやすくなるため、太る原因となります。

もつ煮込みは塩分も高く、むくみの原因となりさらに太りやすくなってしまうので、特にダイエット中は避けるようにしましょう。

④よく噛んで食べる

もつ煮込みに限ったことではありませんが、食べるときはよく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激され少ない量でも満足できるうえ満腹感が長持ちします。もつ煮込みは豚や牛の小腸を使うため噛みにくく、具材も柔らかく煮込んであるためつい飲み込んでしまいがちですが、しっかり噛んで食べるようにしましょう。

もつ煮込みのカロリーに注意して食べよう

もつ煮は居酒屋などで人気のメニューで、臭いも強いことから夜に食べることが多いかもしれません。ダイエット中は食事に気をつける必要があるものの、量や調理法を気にかけることでもつ煮込みでも美味しく食べられるので、自宅で作ってお酒と合わせるのも良い方法と言えます。

関連する記事