紫蘇ジュースを飲み過ぎる副作用は?下痢になる?1日の適量や効能も紹介!

紫蘇ジュースの飲み過ぎは体に悪いかどうか知っていますか?今回は、紫蘇ジュースの飲み過ぎによる副作用や、1日に飲む量の目安も紹介します。紫蘇ジュースの効果的な飲み方や、適量飲んだ際の効能についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 紫蘇ジュースの飲み過ぎに注意?
  2. 紫蘇ジュースの飲み過ぎによる副作用は?太る?
  3. ①カロリー過多で太る・高血圧になる
  4. ②下痢・腹痛を引き起こす
  5. ③胃痛を引き起こす
  6. 紫蘇ジュースの1日の摂取量の目安は?
  7. 紫蘇ジュースの1日の摂取量はコップ1杯が目安
  8. 紫蘇ジュースの効果的な飲み方は?
  9. 紫蘇ジュースは食事中に飲むのが効果的
  10. 紫蘇ジュースを適量飲んだ場合の効能は?
  11. ①血圧低下
  12. ②ダイエット効果
  13. ③疲労回復
  14. ④アレルギー症状の緩和
  15. ⑤免疫力アップ
  16. 紫蘇ジュースの保存期間は?
  17. 紫蘇ジュースは飲み過ぎないようにしよう

紫蘇ジュースの飲み過ぎに注意?

紫蘇ジュースとは赤紫蘇の葉を抽出して作るドリンクのことで、紫蘇が苦手な人でも飲みやすいことで人気があります。紫蘇ジュースは飲み過ぎに注意すべきといった説がありますが、これは本当なのでしょうか。今回は、紫蘇ジュースの飲み過ぎによるデメリットや1日の適量、効果的な飲み方などを解説します。

紫蘇ジュースの飲み過ぎによる副作用は?太る?

紫蘇ジュースは、飲み過ぎると太りやすくなるのでしょうか。ここでは、紫蘇ジュースの飲み過ぎによって起こる症状やデメリットについて解説します。

①カロリー過多で太る・高血圧になる

カロリー 糖質
紫蘇ジュース(砂糖あり) 78kcal 18.3g
紫蘇ジュース(砂糖なし) 18.4kcal 2.6g

上記の表の数値は、砂糖あり・砂糖なしで作った紫蘇ジュースの原液1杯100mlあたりの数値を示したものです。なお、砂糖なしの数値は、赤紫蘇とレモン汁で作った紫蘇ジュースの数値を記載しています。

砂糖を使って作る紫蘇ジュースはカロリーや糖質が高く、飲み過ぎるとカロリー過多や糖分の過剰摂取によって太る恐れがあります。さらに、肥満になると血圧を上昇させるホルモンが分泌されて、高血圧のリスクが高まる点もデメリットのひとつです。カロリーが気になる人は砂糖を使わずに作った低カロリー・低糖質の紫蘇ジュースを飲むのがおすすめです。

②下痢・腹痛を引き起こす

紫蘇ジュースを飲み過ぎると、下痢や腹痛を引き起こす恐れがあります。紫蘇ジュースの材料に使われる酢や酢に含まれるクエン酸を摂り過ぎると、酢やクエン酸の整腸作用が強く作用することで、下痢や激しい腹痛の原因に繋がります。

③胃痛を引き起こす

紫蘇ジュースの材料に使う酢は、胃酸の分泌を促して胃腸を刺激することで胃痛の原因となる場合があります。そのため、もともと胃腸が弱い人や胃酸が出やすい体質の人は、紫蘇ジュースを飲み過ぎないように注意してください。紫蘇ジュースに使う酢をレモン汁で代用すると、胃痛が起こりにくくなるでしょう。

紫蘇ジュースの1日の摂取量の目安は?

紫蘇ジュースが好きな人は、飲み過ぎにならないように1日の適量を把握しておくことが重要です。ここでは、1日における紫蘇ジュースの摂取量の目安を紹介するので、参考にしてください。

紫蘇ジュースの1日の摂取量はコップ1杯が目安

糖分を含む紫蘇ジュースの1日の摂取量の目安は、コップ1杯程度です。ただし、胃が強い人は1日に2~3杯程度飲んでも副作用が出ず、逆に胃が弱い人はコップ1杯程度でも胃痛などの症状が現れることもあります。紫蘇ジュースを飲む際には、自分の体質に合った量を飲むように心がけてください。

紫蘇ジュースの効果的な飲み方は?

関連する記事

×