ショートケーキ1個のカロリー・糖質は高い?ダイエット中の食べ方など紹介!

【管理栄養士監修】ショートケーキのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、ショートケーキ(1個・ホール)のカロリー・糖質を他のケーキ・スイーツ類や、不二家・コージーコーナーなど〈店・商品別〉に比較しながら紹介します。ショートケーキのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. ショートケーキのカロリー・糖質は?
  2. ショートケーキ(ホール・1個)のカロリー・糖質や栄養価
  3. ショートケーキのカロリー・糖質量を他のケーキと比較
  4. ショートケーキのカロリー・糖質量を他のスイーツ類と比較
  5. ショートケーキ(1個)のカロリー消費に必要な運動量
  6. ショートケーキ【店・商品別】のカロリー・糖質は?
  7. ショートケーキのダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  8. ①市販商品を買う際のポイント
  9. ②手作りの場合はカロリーカットの生クリームを購入する
  10. ③フルーツをたっぷり使用する
  11. ショートケーキの太りにくいヘルシーな食べ方は?
  12. ①夜に食べない
  13. ②甘いドリンクは避ける
  14. ショートケーキのカロリーに注意して食べよう

ショートケーキのカロリー・糖質は?

ショートケーキは生クリームの甘さが魅力のケーキですが、ダイエット時にはカロリー・糖質量が気になる物です。実際には、カロリーなどはどれほどとなっているのでしょうか?

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ショートケーキ(ホール・1個)のカロリー・糖質や栄養価

カロリー 糖質 脂質 1日のカロリー摂取量に占める割合
ショートケーキ
(ホール)
2928kcal 228.8g 202.4g 133%
ショートケーキ
(1個:1/8ホール)
366kcal 28.6g 25.3g 16%

上記は、ショートケーキ1個とホールをカロリーや糖質・脂質を比較しました。ホールを丸ごと食べる方はいないと思いますが、どれも高い数値であることが分かります。1/8ホール当たりでも366kcal、28.6gと数値は高めなので、食べる量には注意が必要でしょう。

竹本友里恵

管理栄養士

ショートケーキは砂糖や生クリームなど糖質と脂質をたくさん含みますが、使用する果物の糖質にも注意が必要です。生の果物を使用する場合は過剰に心配する必要がありませんが、缶詰で販売されておるシロップ漬けの桃やみかん・パイナップルは使用を控える様にしましょう。オススメの果物は食物繊維やポリフェノールを含んだ苺やベリー類、キウイは血圧を下げるカリウムや美容効果があるビタミンCを含みます。フルーツはビタミンやフラボノイドなどの抗酸化物質が多いですが、甘いフルーツにはこの物質が少なく加工されている場合があるので、気をつけましょう。

ショートケーキのカロリー・糖質量を他のケーキと比較

カロリー
ショートケーキ 366kcal
チョコレートケーキ 438kcal
チーズケーキ 315kcal
ガトーショコラ 273kcal
カップケーキ 176kcal
モンブラン 425kcal
ティラミス 381kcal
シャルロット 249kcal
シフォンケーキ 144kcal
ミルクレープ 235kcal
(1個あたり)

ショートケーキのカロリーと、他のケーキのカロリーとを比較してみましょう。クリームを使用しないシフォンケーキやカップケーキは、ケーキの中でもカロリーが低めである事が分かります。また、濃厚な味わいを愉しめるチーズケーキやガトーショコラもカロリーが高めに思えますが、ショートケーキよりは低めである様です。

ショートケーキはチョコレートケーキほどではありませんが、モンブラン同様クリームをたっぷりと使用しているのでカロリーが高くなりがちです。ダイエット時にカロリーオフして、生クリームを使ったケーキを愉しみたいなら、ミルクレープを選ぶと良いでしょう。

(*ケーキのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

ケーキのカロリー・糖質【低い順】ランキング一覧!ダイエット中の食べ方も紹介!

ショートケーキのカロリー・糖質量を他のスイーツ類と比較

カロリー 糖質
ショートケーキ 308kcal 24g
パンナコッタ 240kcal 15.7g
フルーツタルト 214kcal 29.6g
イチゴムース 205kcal 13.1g
シュークリーム 197kcal 23.2g
コーヒーゼリー 39kcal 8.5g
(100g個あたり)

続いて、ショートケーキと、他のスイーツとのカロリー・糖質量を比較します。生クリーム・スポンジケーキを多く使っているショートケーキは、上記で比較した中で、一番カロリーが高くなっています。フルーツがたっぷり乗ったフルーツタルトは、ショートケーキと比較すると100g当たり100kcalほど低いですが、糖質量は高めなので注意しましょう。

イチゴムースやパンナコッタ、コーヒーゼリーといったツルっとした食感のスイーツは比較的糖質量が低いので、糖質制限中ならショートケーキよりもこちらを選ぶと良いでしょう。

竹本友里恵

管理栄養士

生クリームには動物性と植物性のものが販売されており、脂肪分やビタミン・ミネラルなど成分にも違いがあります。植物性の脂質の方が動物性のより体の中で脂肪になりにくく、動物性のものより2〜3倍タンパク質を多く含んでいます。動物性の方はカルシウムが植物性より2倍で、ビタミンEやKを多く含みます。一般的には植物性の生クリームの方が太りにくく好まれますが、体重を気にしておらず栄養を摂取したい方は動物性がオススメです。

ショートケーキ(1個)のカロリー消費に必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 137分
ジョギング 83分
自転車 52分
ストレッチ 165分
階段登り 46分
掃除機かけ 118分

上記は、ショートケーキ1個分のカロリーを消費するのに必要な運動時間の一覧です。比較的カロリー消費量が多い階段上りや自転車でも50分前後と、長時間の運動が必要になる事が分かります。消費しきれなかったカロリーは脂肪となって蓄えられるので、運動量が少ない人はショートケーキの食べる量に気を付けましょう。

ショートケーキ【店・商品別】のカロリー・糖質は?

関連する記事

×