寒天ダイエットにデメリットあり?正しい食べ方やメリット・効能と比較し紹介!

寒天ダイエットのデメリット・副作用を知っていますか?体に悪いイメージはありませんが実際はどうなのでしょうか?今回は、〈胃に悪い・便秘になる〉など寒天ダイエットのデメリットを、適量食べた場合の効果・効能とともに紹介します。寒天ダイエットの過剰摂取にならないのは一日何グラムかや、ダイエット向けレシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 寒天ダイエットのデメリットを知りたい…
  2. 寒天ダイエットのデメリット・副作用は?食べ過ぎは体に悪い?
  3. ①他の栄養素の吸収が阻害される
  4. ②下痢や腹痛の可能性
  5. ③便秘になる
  6. ④寒天ばかりに偏るとめまいや貧血を引き起こす
  7. 寒天ダイエットはデメリットだけではない?メリットや効果・効能は?
  8. ①カロリーが低く太りにくい
  9. ②少量でも満腹感を得やすい
  10. ③便秘改善
  11. ④血圧やコレステロール値を下げる
  12. ⑤価格が安く続けやすい
  13. ⑥レシピが豊富で飽きない
  14. 寒天ダイエットのデメリット・過剰摂取を避ける食べ方は?一日何グラムまで?
  15. 寒天は一日6gまでが目安
  16. 寒天ダイエットにおすすめなレシピを紹介!
  17. ①寒天ゼリー
  18. ②糸寒天を使った中華スープ
  19. ③ところてん
  20. ④糸寒天入りご飯
  21. ⑤寒天入りヘルシーハンバーグ
  22. 寒天ダイエットのデメリットを知ろう

寒天ダイエットのデメリットを知りたい…

食べ過ぎ防止と便秘解消に効果的な寒天ダイエットに取り組む人も多いですが、健康によくないとの噂も流れているようです。効果のある寒天ダイエットも、方法を間違うと健康を害するリスクがあると考えられます。ここでは寒天ダイエットのデメリットと、その効果を引き出す方法について説明します。

寒天ダイエットのデメリット・副作用は?食べ過ぎは体に悪い?

寒天は食物繊維が豊富でカロリーが低いので、ダイエットに役立つ側面はあります。しかし寒天を食べ過ぎることで、体に悪い影響があることも事実です。ここでは、寒天ダイエットを行うデメリットについて説明します。

①他の栄養素の吸収が阻害される

寒天を食べ過ぎることで、他の栄養素の吸収が阻害されることがデメリットの1つです。寒天には豊富な食物繊維が含まれており、消化されにくいことで糖の吸収を穏やかにしたり、水分を取り込むことで便をカサ増しして便秘を解消したりとダイエットに役立ちます。

しかし寒天ダイエットによって腸内に食物繊維の量が増えると、他の栄養素は吸収される前に体外に排出されてしまいます。中でも脂溶性ビタミンの吸収を阻害するので、注意が必要です。

②下痢や腹痛の可能性

寒天ダイエットによって、下痢や腹痛が起こる可能性が高いこともデメリットといえるでしょう。寒天に含まれている食物繊維は腸内で水分を吸収するので便秘解消に効果がある反面、寒天を食べ過ぎると必要以上に腸内に水分が溜まることになります。それが必要以上に腸を動かす原因となり、腹痛あるいは下痢を引き起こしてしまうのです。

③便秘になる

寒天を食べ過ぎることで便秘が悪化するケースがあることも、デメリットの1つです。これは寒天ダイエットをする際に、水分を一緒に摂らない人によく見られます。食物繊維は保水力が高いので水分をしっかり摂ると、便秘解消につながります。しかし水分が足りなければ便が硬くなり、排出しにくくなってしまうため便秘の原因となるのです。

④寒天ばかりに偏るとめまいや貧血を引き起こす

食物繊維が豊富な寒天を食べると食べ過ぎ防止につながりますが、摂り方が偏るとめまいや貧血を誘発します。これは寒天ばかり食べていると糖質が足りなくなり、低血糖に陥ることが原因です。また前述したように、寒天は胃や消化に悪いことでも知られています。寒天ダイエット中も、炭水化物やタンパク質をバランスよく摂取することが大事です。

(*寒天の食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

寒天の食べ過ぎは体に悪い?腹痛・下痢の原因に?1日何グラムまでかも紹介!

寒天ダイエットはデメリットだけではない?メリットや効果・効能は?

これまで寒天ダイエットのデメリットを説明してきましたが、正しい方法で行えば十分にメリットがあります。寒天ダイエットの効果を知ると、安全に取り入れようと思えるかもしれません。ここでは寒天ダイエットで得られる効果について、具体的に説明します。

①カロリーが低く太りにくい

関連する記事

×